教育委員会/学校教育課

◆小学校に入学するときは
 小学校に入学するときは、健康診断を受診してください。
 受診日等は教育委員会より通知いたします。

1.住所地の小学校において健康診断を行います。(10月頃)
2.保護者へ教育委員会より入学通知を送付します。(2月上旬)
3.各小学校において入学説明会があります。(1月下旬〜2月上旬)

なお、住所異動の予定のある方は、早めに教育委員会(0276-84-3115)まで連絡ください。

◆心身の不自由な子どものためには
心や身体に障害があり、普通学級での授業が困難な子どもには、特別支援教育の場が
あり、その障害の内容や程度に応じた適切な教育が行われています。

◆住所が変わったときは
転入や転出などで住所が異動するときは、転校の手続きをしてください。

【転入するとき】
1.現在、在学している学校から在学証明書、教科書給与証明書の交付を受けてくる。
2.明和町役場住民環境課で住民登録を済ませる。
3.教育委員会で入学指定校通知書の交付を受け、転入する学校へ行く。

【転出するとき】
1.現在、在学している学校から在学証明書、教科書給与証明書の交付を受けてくる。
2.明和町役場住民環境課で転出の手続きをして転出証明書の交付を受ける。
3.在学証明書、教科書給与証明書、転出証明書をもって、転出先の市町村役場及び
教育委員会で手続きを済ませる。

◆小・中学校と通学区域
明和町に転入(転居)手続きをして行政区(地番)が決まると、下記のとおり学校区 が決定します。

○小学校

学 校 名 所在地 電 話 通 学 区 域
明和東小学校 千津井293 72−4350 ・斗合田・下江黒・上江黒・千津井・江口・田島
・南大島(稲荷山地区【地番1〜283】を除く)
明和西小学校 川俣26 84−3116 ・新里・中谷・梅原・川俣・須賀・大輪・入ヶ谷
・矢島・大佐貫・南大島(稲荷山地区【地番1〜283】のみ)

○中学校

学 校 名 所在地 電 話 通 学 区 域
明和中学校 新里298−1 84−3117 ・明和町全域


◆指定校変更
 特別な事情で、保護者が申し立てを教育委員会に行い、許可した場合は指定された学校以外の学校へ就学することができます。
 保護者が、教育委員会で所定の用紙に必要事項を記入して、申請してください。
 その際、添付書類が必要となります。内容によって異なりますので、教育委員会学校教育課まで連絡してください。

○許可基準

理       由 許 可 期 間 その他添付書類
児童生徒の心身的理由により、指定校への通学が困難な場合 必要な期間 医師等の証明書又は学校長の意見書
小・中学校の最終学年で転居した場合 卒業まで
学期途中で転居した場合 学期終了まで
保護者の仕事の都合や治療等で自宅に帰宅後、児童を保護監督できる者がいない場合 預け先の証明書
住宅の新築や購入などの理由により、近い将来転居予定がある場合や、借入等の都合により、転居した場合 住居が完成(購入) 建築確認済証の写し(新築)
売買契約書の写し(購入)
工事請負請負契約書の写し(増改築)
賃貸契約書の写し(借家)
その他教育委員会が教育的見地から、真にやむ得ないと認めた場合 必要な期間 必要な書類


◆区域外就学
特別な事情があり、町外に住所がある児童・生徒が明和町の小中学校へ就学を希望する場合は、保護者が明和町教育委員会に申し立てをして、双方の教育委員会で承諾された場合、希望の学校へ就学することができます。保護者が、明和町教育委員会で所定の用紙に必要事項を記入し、住民票を添付して申請してください。状況により添付書類や許可期間等が変わりますので、詳しくは教育委員会に相談してください。

◆就学援助費
経済的な理由で義務教育への就学が困難な家庭の子どもには、就学援助費として、学用品費、就学旅行費、給食費などの費用が支給されます。支給の認定には世帯の収入状況などにより教育委員会議で認定します。希望される方は地区の民生児童委員さん、又は各学校、教育委員会に相談してください。

◆教育相談事業
1.教育相談電話事業
 子どものことで悩んでいる方や、子ども本人が悩みがあり保護者等に相談できないなどのために、教育委員会の指導主事 が電話相談を実施しています。
・相談日時 毎週月曜日〜金曜日 8:30〜 17:15(土・日・祝祭日除く)
・電話番号 フリーダイヤル0120−84−5665

2.教育相談員による事業
 心の教育相談員が小・中学校で1名配置されています。
 相談を希望される方は各学校に申込してください。
 (勤務日が各学校で異なります。)