平成24年第1回明和町議会定例会

議事日程(第1号)

                           平成24年3月8日(木)午前9時開会

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 委員会調査結果報告
日程第 4 諮問第 1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
日程第 5 議案第 1号 教育委員会委員の任命について
日程第 6 議案第 2号 専決処分の承認を求めることについて(平成23年度明和町一般会計補
             正予算(第4号))
日程第 7 議案第 3号 明和町教育研究所設置条例の制定について
日程第 8 議案第 4号 明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について
日程第 9 議案第 5号 明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について
日程第10 議案第 6号 明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について
日程第11 議案第 7号 明和町事務分掌条例の一部改正について
日程第12 議案第 8号 明和町税条例の一部改正について
日程第13 議案第 9号 明和町介護保険条例の一部改正について
日程第14 議案第10号 明和町小口資金融資促進条例の一部改正について
日程第15 議案第11号 明和町農漁業災害対策特別措置条例の一部改正について
日程第16 議案第12号 明和町道路占用料徴収条例の一部改正について
日程第17 議案第13号 明和町町営住宅管理条例の一部改正について
日程第18 議案第14号 明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正について
日程第19 議案第15号 明和町保育料の徴収に関する条例の一部改正について
日程第20 議案第16号 明和町中央公民館設置条例の一部改正について
日程第21 議案第17号 指定管理者の指定について(明和町社会福祉会館)
日程第22 議案第18号 指定管理者の指定について(明和町地域活動支援センター)
日程第23 議案第19号 指定管理者の指定について(明和町デイサービスセンター)
日程第24 議案第20号 町道路線の廃止について
日程第25 議案第21号 町道路線の認定について
日程第26 議案第22号 平成23年度明和町一般会計補正予算(第5号)
日程第27 議案第23号 平成23年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
日程第28 議案第24号 平成23年度明和町介護保険特別会計補正予算(第3号)
日程第29 議案第25号 平成23年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第3号)
日程第30 明和町選挙管理委員及び補充員の選挙について
日程第31 議案第26号 平成24年度明和町一般会計予算
日程第32 議案第27号 平成24年度明和町後期高齢者医療特別会計予算
日程第33 議案第28号 平成24年度明和町国民健康保険特別会計予算
日程第34 議案第29号 平成24年度明和町介護保険特別会計予算
日程第35 議案第30号 平成24年度明和町下水道事業特別会計予算
日程第36 議案第31号 平成24年度明和町水道事業会計予算

本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

出席議員(12名)
   1番   栗  原  孝  夫  君    2番   斎  藤  一  夫  君
   3番   奥  澤  貞  雄  君    4番   冨  塚  基  輔  君
   5番   薗  田     繁  君    6番   野  本  健  治  君
   7番   田  口  晴  美  君    8番   今  成     隆  君
   9番   川  島  吉  男  君   10番   堀  口  正  敏  君
  11番   岡  安  敏  雄  君   12番   関  根  愼  市  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
    町長               恩  田     久  君
    副町長              矢  島  修  一  君
    教育長              鑓  田  範  雄  君
    総務課長             橋  本  貴  好  君
    企画財政課長           篠  木  眞 一 郎  君
    税務課長             小  林  雄  司  君
    住民福祉課長           谷  津  弘  江  君
    健康づくり課長          吉  永  清  重  君
    環境水道課長           落  合  康  秀  君
    経済建設課長           立  岡  清  孝  君
    都市計画課長           栗  原  茂  樹  君
    会計管理者            原  口     享  君
    学校教育課長           始  澤     稔  君
    生涯学習課長           金  子  春  江  君

職務のため出席した者の職氏名
    議会事務局長           田  口  久  夫
    書記               堀  口  香  里

開 会  (午前 9時00分)


開会の宣告

議長(関根愼市君) [ 1 ] 皆さん、おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 本日ここに、平成24年第1回明和町議会定例会が招集されましたところ、議員各位におかれましては、公私ともにご多忙のところご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 さて、今定例会は、大規模事業を含んだ平成24年度一般会計当初予算を始め、各種特別会計予算、人事案件や条例改正、各種会計の補正予算など多くの議案が予定をされております。
 なお、今定例会は会期が長期間にわたりますので、議員を始め執行部の皆様方におかれましては、議事運営に特段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつといたします。
 ただいままでの出席議員は12名全員でございます。よって、定足数に達しておりますので、明和町告示第4号をもって招集されました平成24年第1回明和町議会定例会は成立をいたしました。

開議の宣告

議長(関根愼市君) ただいまから平成24年第1回明和町議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。

諸般の報告

議長(関根愼市君) 日程に入る前に、諸般の報告を申し上げます。
 まず、今定例会における提出議案の報告でございますが、お手元に配付してありますとおり、町長から諮問1件、議案31件の送付がありました。
 次に、地方自治法第121条の規定に基づく町長及び教育委員長から通知のありました議事説明員は、一覧表にしてお手元に配付してあるとおりでございます。
 次に、監査委員から例月出納検査結果の報告並びに教育委員長から明和町教育委員会事務事業点検評価報告書の提出がありましたので、それぞれ写しが既に配付されておりますので、ご了承願います。
 あわせて税務課長より税条例の一部改正に関する新旧対照表が配付されておりますので、ご参照願います。
 以上で諸般の報告を終わります。

会議録署名議員の指名

議長(関根愼市君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定に基づきまして、

会議録署名議員

    9番  川 島 吉 男 君  
 10番  堀 口 正 敏 君  

   を指名いたします。

会期の決定

議長(関根愼市君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今定例会の会期は、本日から3月16日までの9日間にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、会期は本日から16日までの9日間に決定をいたしました。

委員会調査結果報告

議長(関根愼市君) 日程第3、各常任委員会における所管事務調査結果の報告を委員長に求めます。
 最初に、総務・産業常任委員長の報告を求めます。
 1番、栗原孝夫君。

                          [1番(栗原孝夫君)登壇]

1番(栗原孝夫君) [ 2 ]  総務・産業常任委員会調査結果報告。
 1番、栗原孝夫でございます。総務・産業常任委員会の所管にかかわる事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 本委員会は、昨年11月24日午前9時から委員5名及び議長並びに所管課長、会計管理者、事務局長の出席を求め、事務調査を議題として委員会を開催いたしました。
 調査項目につきましては、所管課等における平成23年度事業の進捗状況並びに平成24年度の事業概要、特に事業概要については前年度との違いをポイントに、担当課長、会計管理者に説明を求めました。また、議会事務局長から平成23年度の事業実施状況及び平成24年度予算の概算要求額、期別の事業概要の説明を受け、了承いたしました。なお、所管各課等の平成23年度事業の進捗状況並びに平成24年度の事業概要については、事務調査時に配付いたしました資料のとおりでございます。各課ともにおおむね良好な進捗状況であります。
 それでは、各課別に23年度の主な事業から、その調査結果の概要について、特に特徴的なものについて報告させていただきます。
 総務課では、人事院勧告による給与改定や職員研修基本計画に基づく各種研修の実施、選挙の執行では県議会議員選挙、知事選挙、町議会議員選挙が行われました。また、「メール配信@めいわ」の登録件数も、東日本大震災の影響から1,370件と増加しています。交通安全対策では、死亡事故多発での知事声明に引き続いて、1市2町の首長による死亡事故非常事態宣言の発令による取り組みが行われています。消防関係では、日ごろの啓蒙活動の成果からか、火災の発生件数が2件と大幅に減少、損害額も19万4,000円と。防災関係では東日本大震災の緊急的な対応や各種の支援策が講じられていますし、またこれを契機に現在郡内5町の担当者での洪水災害の具体的な避難基準の検討がされています。なお、いつ発生するかしれない自然災害に対応した住民の行動マニュアルの策定も急がれるところです。
 企画財政課では、まず元気な華の里づくり支援事業では9件と、各種事業が多岐にわたり展開されているところです。また、「町長と語ろう」では5回、延べ154名の参加にて、各分野におけるまちづくりの話し合いが行われました。三重県明和町との物産交流事業やNPO法人との協働のまちづくりの推進、情報化推進事業ではセキュリティーの職員研修が行われています。財政歳入の町税、地方交付税や各基金の状況及び、特に歳入額とほぼ同額となっている地方債現債額が気になるところではありますが、調査時に配付いたしました資料をご参照いただきたいと思います。
 税務課関係では、町税全体の収入について、各税目とも堅実に当初予算を若干上回る税収の確保が予定されております。また、滞納額の圧縮については、滞納処分など積極的な徴収努力がうかがわれました。
 経済建設課関係では、産業振興において新規就農者に対する支援や農特産物の広報活動が各所において積極的に展開。また環境保全に配慮した冬期試験通水や農地・水事業が。なお消費者生活センターにおいては啓発車両購入、啓発物品の作成と相談件数は10月末現在28件でした。観光事業でも、群馬DCと連動した取り組みや、梨プリン、梨ゼリーの商品化、梨ジュース製造への事前準備が行われました。建設関係では、道路改良工事において用地調整中との状況が気になるところで、さらなる努力の必要性を感じました。また、町営住宅新田団地B棟建設も、現在工事中との状況で、計画の年度内完成が待たれる状況となっていました。
 都市計画課関係では、川俣駅周辺地域整備関連事業を中心に、まず22年度の繰越事業として路線測量や西東自由通路や橋上駅舎の位置や規模の検討が委託業務として行われました。次に、駅前広場の詳細設計、用地買収測量、計画区域内での建物調査等の業務委託が行われているところです。ほかには、廃河川敷の整備事業も民有地側の埋め立てが予定されています。また、第三工業団地も第1期造成工事も完了し、優良企業の誘致が待たれるところです。
 出納関係では、事務分掌規程に基づき、支出歳入管理など行われていました。ちなみに平成23年10月末現在、財政調整基金、減債基金、公共施設建設基金など12の基金合計額、約35億1,000万円程度です。また、定期預金、普通預金など歳計現金預金の合計額は、約3億4,320万円という状況になっています。
 次に、平成24年度の主な事業概要、特に前年度との違いについて申し上げます。
 総務課関係では、従来の事業をさらに充実することに加え、新規に農業委員会委員が7月28日任期満了に伴う選挙や、ほかには広域公共路線バスの運行、特に館林・明和・千代田線の見直し等を予定しているところです。また、東日本大震災を受けて、地域防災計画の見直しにも取り組んでいかなければならないところです。
 企画財政課関係では、従来の業務に加え、今年度は16行政区を対象とした町政懇談会や、三重県明和町との交流事業ではミニバスケットボールでのスポーツ交流事業を検討。また統計調査では工業統計調査や就業構造基本調査が、24年度予算編成においては36億円程度の経常的経費に加え、地方財政計画の動向を踏まえ、投資的経費を加えた予算編成を考えている内容となっています。
 税務課関係では、町税収入見込みが全体で額にして約3,600万円程度の減少での予想を立てています。個人住民税では、個人所得減少の中で年少扶養控除廃止により微増、固定資産税では評価替えの年となります関係で減少、期待する法人町民税の伸びも全く想定できない状況となっています。また、電子申告等の環境に対応するための新規委託料も予定されています。国保税等の未納額も顕著に増加、引き続き徴収対策の強化に努めていただきたく感じるところです。
 経済建設課関係では、特にナシ産地構造改革推進事業としての取り組みの中で、地域ブランド製造として梨ジュースの製造を4万本から6万本を製造する予定です。また、第三工業団地にかかわるものとして、進出企業に5年間税金相当額を助成するための予算組みが必要となってきます。建設関係では、町道60号線について、引き続き国庫補助事業として工事の推進を図る予定となっています。
 都市計画課関係では、引き続き駅周辺地域整備事業を中心に事業が展開されるところですが、特に駅前広場地権者と事業の合意形成を行い、用地買収や物件補償等の契約、調印を進めます。なお、新規に木造住宅耐震改修補助事業として、改修費用補助を国庫補助を活用することや、明和第三工業団地公園整備の検討もされる予定となっています。
 出納関係では、現金、物品並びに有価証券の出納及び保管、現金及び財産の記録管理などが行われます。
 なお、12月7日において、所管の町道の付け替え計画や、ほか2地区の廃道路線及び江口排水路の現状について現地調査を行い、その現状を改めて認識しました。
 以上、総務・産業常任委員会における所管事務調査の報告とさせていただきます。
議長(関根愼市君) 次に、文教・厚生常任委員長の報告を求めます。
 10番、堀口正敏君。

                          [10番(堀口正敏君)登壇]

10番(堀口正敏君) [ 3 ]  10番、堀口正敏でございます。文教・厚生常任委員会の所管に係る事務調査の経過と結果について報告申し上げます。
 本委員会は、昨年11月22日午前9時から委員全員及び議長並びに所管各課長、事務局長の出席を求め、事務調査を議題として委員会を開催いたしました。
 調査項目につきましては、所管課における平成23年度事業の進捗状況並びに平成24年度の事業概要について、担当課長に説明を求めました。また、議会事務局長から平成23年度の実施状況及び平成24年度予算の概算要求額、期別の事業概要の説明を受け、了承いたしました。所管各課の平成23年度事業の進捗状況並びに平成24年度の事業概要については、調査のときに配付いたしました資料のとおりでございます。各課ともおおむね良好な進捗状況であります。
 それでは、各課の主立ったものについて報告させていただきますが、初めに23年度主な事業について申し上げます。
 住民福祉課関係ですが、世帯数は前年同期と比べると微増、人口と外国人登録者数はいずれも若干減少しております。また、住民基本台帳カードの交付は9件と少なく、申請者がふえていません。昨年権限移譲された旅券事務においては、順調な取扱件数であり、利便性の向上が図られております。なお、各福祉事業において配付資料のとおり、例年に準じた進捗状況を確認することができました。特に社会福祉会館、デイサービスセンター、地域活動支援センターの指定管理者の指定が今年度末をもって契約満了となること、また東日本大震災の緊急的な対応による災害支援見舞金の関係が、現在125件の支給件数となっております。
 健康づくり課関係では、福祉医療費は前年同様な推移です。母子保健では、小学生のフッ素塗布が中止になったものの、成人保健の特定健診に新規に個別検診を加え、55名が受診。感染症予防では子宮頸がん、ヒブワクチン等の接種も積極的に行われ、そのほか各種の保健事業や予防事業が実施されました。一方、後期高齢者医療では、前年同期で医療給付費が923万円余、約2%減額されたものの、国民健康保険では一般の療養給付費が6.1%増、介護保険についても保険給付費が6.2%増と大変厳しい状況です。そのほか調査時配付の資料のとおり、各種の事業が実施されています。また、国民年金の納付率が引き続き低い状況であることが気になるところであります。
 環境水道課関係では、浄化槽の設置補助事業を始め、環境保全に関した各種の取り組みが展開されました。特に資源ごみ収集では、各地区での月1回の拠点収集を継続し、もったいない館の内容を充実し、さらに東館も開設し、協力いただきながら徹底した分別収集が行われています。また、東日本大震災に関した緊急的な対応もありました。数量は、調査時の配付資料を参照ください。なお、ごみ処理施設の広域化も、場所を特定し推進が図られました。下水道事業では、田島、矢島、大佐貫地内において、幹線等管渠築造工事が計画に基づき年度内完成を目指し進められております。また、上水道事業では、石綿管から硬質塩ビ管等への布設がえ工事が約1,230メートルと、快適な生活環境を推進するために各種工事が実施されています。
 学校教育課関係では、教育委員会定例会の開催、奨学資金貸与事業では新規に8名、合計で31名が利用し、返済額は今年度約720万円を予定しています。また、少人数授業や、小学校ではALTによる英語活動、通級指導教室、不登校生徒への対応等もいろいろな角度から実施されています。また、各所において防犯カメラ取りつけ工事や、西小の旧屋内運動場の解体ほか各種の施設整備工事が配付資料のとおり実施されております。こども園では、現在15学級342人の園児数となっており、補助事業を活用しながら英語保育支援助手として外国人2名の配置や、就学前の子と親を対象に子育ての支援事業など、保育、教育の充実が図られています。給食センターでは、地元産の食材の活用を前年比6.7%増として、1日約1,300食強の安全で安心なバランスのとれた給食が提供されているところです。
 生涯学習課関係では、各種学級・講座の開催、文化・スポーツ団体の育成、青少年対策、そして中央公民館、社会体育館、ふるさと産業文化館、海洋センターの運営のほか、それぞれの館でのイベントが各委員会等により検討を加えられ、開催されています。幾つかの成果を挙げますと、川俣塾に関する専門資料の作成、また放課後子ども教室の運営では文部科学大臣賞を受賞、公民館内に設置したキッズコーナーは利用者も多く、児童館的な役割を果たしているところです。体育施設整備では、社会体育館が築後30年を経過し、防水コーキング工事等が行われております。そのほか詳細につきましては、調査時配付の資料をご参照ください。
 次に、平成24年度の主な事業概要について、特に前年との違いについて申し上げます。
 住民福祉課関係では、外国人住民の方も住民基本台帳法が適用されることから、昨年に引き続き準備事務が予定されることや、老人福祉事業において老人福祉大会が開催される年、また子ども手当の支給に関しては国の動向を注視しながらの対応と、それ以外は前年同様に予定されています。
 健康づくり課関係では、従来の事業についてさらなる充実を図りながら推進をしますが、加えて国保の被保険者を対象にジェネリック医療品の使用推進を図り費用削減の検証を、また子宮頸がん等のワクチン接種について継続される予定ですが、国の補助が未定であるため、動向を注視し検討することで予定しています。なお、第5期の介護保険計画を現在策定中でありますが、今後の中で条例の改正が必要とされています。
 環境水道課関係では、環境保全事業全般においてはさらに検討を加えながら拡充することを基本に、加えて、現行では粗大ごみとして収集されていた小型家電製品を別に回収し売却することで予定されています。次に、下水道事業では、管渠築造工事について補助事業として約1.7キロメートル、単独事業として1キロメートルを検討。水道事業では、石綿管の布設がえ工事を延長して約1キロメートル、下水道工事に関連した上水道の布設がえ工事等も計画検討していくことで、従来同様各種工事が予定されています。
 学校教育課関係では、「明和教育の日」を制定、また教育研究所を設置し、教育の拡充に努められます。なお、子ども議会は内容を充実し、継続にて検討しているところです。施設整備では、西小旧体育館の跡地を駐車場としての舗装工事、中学校では青色パトロールカーの配備が検討されているところです。なお、こども園の申し込み状況は330名となっています。こども園での英語保育支援助手の配置については、補助金終了に伴い1名減にて検討中であります。なお、引き続き予定されている事業等について、配付資料を確認ください。
 生涯学習課関係では、従来からの各施設での各種教室、講座、学級の運営に加え、子どもかるたを増刷し、普及推進、図書館管理システムのシステムがえ、トップアスリート公開スパーリングや動きのあるモデル撮影会など現在検討をしています。そのほか芝刈り機の購入、海洋センタープールろ材の交換等の施設管理なども検討しています。
 そのほか従来からの各課の事業につきましては、詳細は調査時に配付した資料をご確認いただければと思います。そして、12月7日、所管の防犯カメラの実施状況、最終処分場計画地の現場確認の2カ所の現地調査を行ってまいりました。
 以上、文教・厚生常任委員会における所管事務調査の報告とさせていただきます。
議長(関根愼市君) はい。
11番(岡安敏雄君) [ 4 ]  ただいま常任委員会の報告がございましたけれども、私の聴解力が欠けているせいなのかどうかわかりませんけれども、用語やあるいは計数について、若干適正な口述書の補助をいただいた事務局との違いがあるかなというふうに感じ取られるところがありましたので、どのような形で記録に残すか、いずれにいたしましても正確にその辺については突き合わせをする中で記録を残されるようお願いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 要望として受けとめます。

諮問第1号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) これより日程に従いまして、議案審議に入るわけでありますが、発言につきましては、質疑の回数は同一議員につき、同一議題については3回以内といたします。
 これより審議に入ります。
 日程第4、諮問第1号「人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 5 ]  諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。
 本件は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めるものでございます。明和町の人権擁護委員であります安原八平さんが、来る平成24年6月30日をもって任期満了となりますので、再び委員に推薦したいので諮問をいたした次第でございます。
 ご承知のとおり、安原八平さんは平成18年7月1日より2期5年8カ月委員として務められ、現在に至っております。温厚篤実で指導力もあり、適任者と考えております。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 6 ] □□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
議長(関根愼市君) □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 7 ] □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
11番(岡安敏雄君) [ 8 ] □□□□□□□□□□□□□□□□□□
町長(恩田 久君) [ 9 ] □□□□□□□□□
11番(岡安敏雄君) [ 10 ] □□□
町長(恩田 久君) [ 11 ] □□□□□□□□□□
11番(岡安敏雄君) [ 12 ] □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
町長(恩田 久君) [ 13 ] □□□□□
議長(関根愼市君) 本案に対して質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第1号「人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて」は、原案を適任と認め、原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、諮問第1号は原案のとおり決定をいたしました。

議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第5、議案第1号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 14 ]  議案第1号 教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。
 本案は、長柄宜光教育委員が、来る平成24年3月31日をもって任期満了となるため、再び長柄宜光さんを教育委員に任命したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 長柄宜光さんについて申し上げますと、梅原の光明寺のほか須賀宥泉寺、川俣真如院の住職であり、また昭和60年から4年間、関東学園附属高等学校で体育科、社会科の教員として教鞭をとり、平成元年に足利工業大学入試・就職学生アドバイザーとして奉職し、現在就職課長として活躍中でございます。平成20年4月1日に教育委員に任命されてから4年間、そのうち21年4月からの3年間は教育委員長職務代理として、豊富な経験に裏打ちされた確かな見識で町教育行政の充実にご尽力をいただいております。当人は、温厚篤実にて指導力もあり、豊富な経験を生かせる人材であり、適任と考えております。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第1号「教育委員会委員の任命について」を採決いたします。
 本案は原案のとおりこれに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第1号は原案のとおりこれに同意することに決定をいたしました。

議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第6、議案第2号「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 15 ]  議案第2号 専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。
 本案は、平成23年度明和町一般会計補正予算について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成23年12月21日付をもって専決処分を加えましたので、同条第3項の規定によりこれをご報告申し上げるとともに、ご承認をお願いするものでございます。
 補正予算は、一般会計において歳入予算の補正で、予算の総額を変更するものではございません。補正の理由は、東日本大震災により被害を受け、家屋等の崩れた瓦やブロック塀などを処分する災害等廃棄物処理事業費が国庫補助金の対象となり、補助金申請に予算措置が必要となるため、今回専決処分をさせていただいた次第でございます。
 補正の内訳を申し上げますと、4ページの歳入、13款2項2目衛生費国庫補助金446万7,000円の補正と、17款2項1目財政調整基金繰入金446万7,000円の減額補正でございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご承認くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第2号「専決処分の承認を求めることについて(平成23年度明和町一般会計補正予算(第4号))」を採決いたします。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第2号は原案のとおり承認することに決定をいたしました。

議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第7、議案第3号「明和町教育研究所設置条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 16 ]  議案第3号 明和町教育研究所設置条例の制定についてご説明申し上げます。
 本案は、教育に関する研究調査及び教育関係職員の研修を行うことを目的として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第30条及び第31条の規定に基づき、明和町教育研究所の設置について必要な事項を定めるための条例の制定を行うものでございます。
 条例の内容を申し上げますと、まず第1条では設置についての趣旨を、第2条では研究所の名称及び位置を、第3条では事業を、第4条では職員を、第5条では職員の任務を、第6条では細部についての規則で定める委任事項を定めた次第でございます。
 なお、附則においては、この条例の施行期日を平成24年4月1日と定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 17 ]  11番、岡安でございます。
 ただいま教育研究所設置条例が提案されたところでありますけれども、この中に幾つか、所長の任務はということでありまして、所長というのはどなたが当たるのかという人事素案があるのか。
 それから、上司の命を受け、研究員の調査の任務があるというふうに書かれております。これについて、何か特別テーマがあるのかお伺いしたいと思います。とりわけ先生の生徒に対するわいせつ行為であるとか、あるいは事件事故などもある中で、この研究所の意味というのは相当重いものがあるというふうに考えておるところでありますけれども、あわせて先生の最近のストレスであるとか、うつ病の続発といいますか、そういったものが言われている中で、子どもの教育に向けた方針とあわせて、それより重要なのは先生や何かの健康や、あるいは精神状態の維持、こういったものが重要かと思いますが、その辺についてはどのような形で織り込まれているのかを、できましたら説明をお願いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 教育長、鑓田範雄君。

                          [教育長(鑓田範雄君)登壇]

教育長(鑓田範雄君) [ 18 ]  ただいまの岡安議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 明和町教育研究所設置の目的というのは、あくまでも教職員の資質向上であり、子どもたちの成長を担う、子どもたちの成長を促す研究の発展、増進、そして進化と統合と、そういうふうに考えております。
 第1点目のご質問である所長の任務でございますけれども、これについては町村では教育長が任務を担うことが多くございますので、明和町においては私が、教育長がこの所長を兼務するという形になります。
 2点目の研究員の職の与え方なのでございますけれども、研究員については各学校それぞれの研究部門に1名というふうに考えております。現在、校長会、教頭会、教育委員会等で検討しているところでございますが、一つの班別研修として、教育の日研究班、ここで各学校1名、そして不登校対策班、ここで各学校あるいは園を含めて3名ないし4名と考えております。それぞれの研究員につきましては、各学校で推薦をしていただいて研究員になっていただくということを考えております。そして、そのテーマについては、今お話ししたとおり、明和町教育の日、そして明和町の不登校対策と。学力向上については、主任会等の細かい会議等も予定しておりますので、そちらのほうで考えております。
 3点目、職員の教職にかかわる病気あるいは心的なもの、ストレスの解消についてどのような取り組みを行っているか、また研究所で考えているかということでございますけれども、一つは夏季全体研修会等を考えまして、その折に教職員のストレスに関する講師等を招いて研修会を開くとか、あるいは校長会、教頭会を通して各学校の学校運営の中に教職員の精神衛生にかかわるそういうものについて、労働が過剰にならないように指導していただきたいと考えております。なお、学校医も各学校におりますので、それぞれの診断等もあわせてアドバイス等もいただきながら進めていければと考えております。いずれにしても、教育を支えるのは先生方お一人お一人ですので、先生方お一人お一人の健康管理、これをしっかり教育委員会、学校長連携をしながら進めていきたいというふうに考えております。
 以上で説明を終わらせていただきます。
議長(関根愼市君) ほかに質疑ございませんか。
 2番、斎藤一夫君。

                          [2番(斎藤一夫君)登壇]

2番(斎藤一夫君) [ 19 ]  2番、斎藤でございます。明和町教育研究所設置条例について、1点だけお伺いしたいと思います。
 先ほど教育長よりご説明受けたわけでございますが、研究調査員の任務のところで不登校対策班ということで、小中学校ないしはこども園を含めて三、四名の任命をしたいということですが、不登校対策ということで適応指導教室の担当職員の方を加える考えはないのかお伺いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 教育長、鑓田範雄君。

                          [教育長(鑓田範雄君)登壇]

教育長(鑓田範雄君) [ 20 ]  ただいま斎藤議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 不登校対策班の構成員でございますけれども、各学校として考えているのはというご質問でございましたので、一応教職員代表1名というふうにお話し申し上げました。でも、ここは学校だけで解決できる問題ではありませんので、広く地域あるいは今おっしゃった適応指導教室の先生、もちろんそれも含めまして、これから組織を検討しながらいきたいと思っています。もちろん保護者の力も重要でございますので、PTAあるいは地域、あるいは適応指導教室の担当の先生、それも含めて組織をつくって、適応指導を入れながら、この課題について総力を挙げて解決に向かっていきたいと、そのように考えておりますので、よろしくお願いいたします。
議長(関根愼市君) ほかに質疑のある方いらっしゃいますか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第3号「明和町教育研究所設置条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第3号は原案のとおり可決することに決定いたしました。

議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第8、議案第4号「明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 21 ]  議案第4号 明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成24年3月31日をもって終了するため、私の方針及び町の財政状況をかんがみ、これを平成25年3月31日に改めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 22 ]  11番、岡安でございます。
 ただいま町長の給与の削減の条例の延長といいますか、そういう意味で提案されているわけでありますけれども、先ほど私が冒頭での何らかの釈明をということを申し述べましたけれども、2月20日の全員協議会におきましても今回の下水道事業にかかわる不祥事問題の中で経過説明をいただき、そして自分としては減給などを含めた身の処し方を検討したいということが述べられました。
 現在の条例が31日までということでありますから、それまでに方向性が出ないという意味で、とりあえずこれを延長という形で出されたのかと思います。事件のことに関しましての審査委員会を設けるということで、審査委員会が設置されているというふうに私は伺っておりますけれども、審査委員会の審査の中には、当事者だけでなくて、管理職であります町長、副町長も含めた処し方についての委員会の任務が含まれるのかどうか。そしてまた、そうした事件にかかわる身の処しどころというのはいつごろの段階で判断をされる予定であるのか。これらについて説明をいただければと思います。
議長(関根愼市君) 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 23 ]  今回の第4号議案と、その事件については別で考えたいと、こんなふうに思っています。また、詳しいことについては、先ほど言ったとおり最終日に、私のほうからちゃんと皆さん方に申し上げます。
 以上です。
議長(関根愼市君) ただいまの岡安敏雄議員の発言につきましては、議題外通告になっておりますので、注意をいたします。
11番(岡安敏雄君) [ 24 ]  議案に関して、関連性あると思いますが。
議長(関根愼市君) 今説明がありましたように、議案第4号についての質疑になっておりますので、別の機会ということでお願いいたしたいと思います。
 これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第4号「明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立多数]

議長(関根愼市君) 起立多数であります。
 よって、議案第4号は原案のとおり可決することに決定いたしました。

議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第9、議案第5号「明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 25 ]  議案第5号 明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成24年3月31日をもって終了するため、近隣自治体及び町長給与との均衡並びに町の財政状況をかんがみ、引き続きこの特例を平成25年3月31日に改めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第5号「明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立多数]

議長(関根愼市君) 起立多数であります。
 よって、議案第5号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第10、議案第6号「明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 26 ]  議案第6号 明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成24年3月31日をもって終了するため、副町長同様近隣自治体及び町長給与との均衡並びに町の財政状況をかんがみ、引き続きこの特例を平成25年3月31日に改めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第6号「明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第6号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。
 ここで暫時休憩といたします。
 再開の時刻を10時10分といたします。

                          休 憩  (午前10時02分)

                          再 開  (午前10時10分)

議長(関根愼市君) 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。

議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第11、議案第7号「明和町事務分掌条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 27 ]  議案第7号 明和町事務分掌条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、健康づくり課の事務分掌中、老人医療に関する事項の削除を行うものでございます。改正の内容は、老人医療制度が平成20年3月31日で廃止され、同年4月1日からは後期高齢者医療制度に移行いたしました。その後も、月おくれ診療請求分の審査支払い事務、過年度分の国、県負担金等の精算事務処理等を続けてまいりましたが、これらの事務の終了により、老人医療に関する事項を削除しようとするものでございます。
 なお、この条例は平成24年4月1日から施行しようと附則で定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第7号「明和町事務分掌条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第7号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第12、議案第8号「明和町税条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 28 ]  議案第8号 明和町税条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、地方税法の一部を改正する法律が去る12月14日に公布されたことに伴い、明和町税条例の一部を改正する条例を提出するものでございます。改正の内容につきましては、いずれも地方税法が一部改正されたことに伴う規定の整備及び条ずれ等の修正になります。
 固定資産税において、第54条の7では、地方税法施行規則改正に伴う家屋の附帯設備について、条ずれが生じたことに伴う整備でございます。
 次に、第95条及び附則第16条の2の1では、平成24年4月1日施行の法人実効税率引き下げに伴い、県と町との税収の増減を調整するため、県たばこ税の一部を町たばこ税の税に移譲するもので、町たばこ税において1本当たり0.644円の税率引き下げ等を行う規定の整備となります。
 次に、附則第9条において、町民税の分離課税に係る所得割の額について、昭和42年に当分の間の措置として導入された特例措置について、最近の金利情勢等を踏まえ廃止する改正に伴う規定の整備でございます。
 次に、附則第22条において、東日本大震災に係る雑損控除額等の特例について、期限を3年に延長する改正に伴う規定、用語の整備でございます。
 また、附則第25条において、東日本大震災からの復興に関し、法律の新設に伴い町が実施する防災のための施策に必要な財源を確保するため、個人住民税の均等割に500円を10年間加算する規定の整備をいたします。
 また、附則においては施行期日を定めるとともに、この条例の施行に必要な経過措置等を定めた次第でございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご承認くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 29 ]  11番、岡安でございます。
 ただいま提案されました条例の中で、第25条に関連いたしまして、個人町民税にプラス500円ということでありますけれども、この総額が年間どのぐらい、10年間の期限上乗せということでありますから、10年でどのぐらいになるのか。恐らく3億円近くになるのかなというふうに思いますけれども、この財源で町としては防災事業等についてどのような計画を予定しているのか、あるいはこれからどのような目標を持って計画しようとしているのか、この辺につきまして説明をお願いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 税務課長、小林雄司君。

                          [税務課長(小林雄司君)登壇]

税務課長(小林雄司君) [ 30 ]  ただいまの岡安議員様のご質問に、税務課としてのまず回答をしたいと思います。
 第25条関係の均等割500円が10年間ですけれども、具体的には平成26年度から平成35年度までの10年間でございます。先ほど3億ですかというお話があったのですが、税務課の試算では町民税が500円で、それから県民税が500円ですが、町民税で申し上げますと、1人500円ですと、平成24年度ベースで4,850人が均等割の対象者と推定しておりますので、それで申し上げますと年間242万5,000円程度でございますので、それの10年間ですと2,400万円程度になろうかと思います。ほぼ同額のものが県民税、これは県のほうになりますけれども、に税収増となると思われます。
 税務課に関しましては、その使い道等に関しましては、ちょっと国、県のほうから防災に関するもの、東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に使うという説明を受けているだけで、それ以上の詳細な説明は、今のところ税務課としては受けておりません。
 以上です。
議長(関根愼市君) 総務課長、橋本貴好君。

                          [総務課長(橋本貴好君)登壇]

総務課長(橋本貴好君) [ 31 ]  岡安議員さんのご質問に担当課長の総務課長からお答えを申し上げたいと思います。
 2点目の今回の個人住民税の均等割500円分について、町のほうで防災、どのような施策に使う予定があるのかというご質問だと思います。現時点で明快なイメージは持っておりませんが、考え方といたしまして、今回の東日本大震災を踏まえ、いろんな教訓がございました。その中で、幾つか重要な点がございますが、特に今後は自主防災組織の強化というものが挙げられるというふうに感じております。財源が年間で240万円、10年間で2,400万円程度ということですから、大きなインフラ等の整備はちょっと期待できないと思いますので、今後自主防災組織の強化のためのものに活用していければというふうに考えております。
 以上です。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第8号「明和町税条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第8号は原案のとおり可決いたしました。

議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第13、議案第9号「明和町介護保険条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 32 ]  議案第9号 明和町介護保険条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、本条例第2条のうち平成21年度から23年度までの間の保険料について定めてあるものを、平成24年度から平成26年度までの間の保険料率に改めようとするものでございます。
 また、附則において、平成24年度から平成26年度までの保険料率の算定に関する基準の特例を規定し、保険料基準額に対する弾力化した場合の保険料率について定めるものでございます。
 具体的には、平成23年度までの保険料率について、基準額の第4段階では月額4,000円、年額4万8,000円となっているものを、平成24年度から平成26年度までの3年間について、基準額の第4段階を月額5,300円、年額6万3,600円に改定しようとするものでございます。保険料率上昇の要因といたしましては、高齢化に伴う給付費の増加を始め、制度改正に伴う第1号被保険者負担割合の増加、介護報酬の改定及び財政調整交付金の減額などを見込んだことによるものでございます。
 附則で定める特例は、負担能力に応じた保険料賦課の観点から、新たな軽減策として第3段階の一部について、平成24年度から平成26年度までの保険料率の引き下げを行うものでございます。
 具体的には、第3段階の方のうち世帯全員が町民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と公的年金等の収入金額の合計額が120万円以下の方についての保険料率を月額3,445円、年額4万1,340円とするものでございます。また、第5期は前期に引き続き、基準額の第4段階のうち世帯のだれかに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税で前年度合計所得金額と公的年金等の収入金額の合計額が80万円以下の方についての保険料率を4,505円、年額5万4,060円とするものでございます。
 なお、これらの措置は、介護保険法施行令の改正に基づき、保険者の判断により新たに設定可能とされたものでございます。条例の内容としては、本則第2条の各号において定める保険料率を、平成24年度から平成26年度の各段階の年額の保険料率に改め、附則においてはこの条例の施行期日を平成24年4月1日と定めるとともに、過年度分の保険料の経過措置及び特例による保険料基準額の弾力化を定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第9号「明和町介護保険条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立多数]

議長(関根愼市君) 起立多数であります。
 よって、議案第9号は原案のとおり可決いたしました。

議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第14、議案第10号「明和町小口資金融資促進条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 33 ]  議案第10号 明和町小口資金融資促進条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、本条の根拠となる群馬県小口資金融資促進条例制度要綱が改正されることに伴い、附則で定める特例措置の一部改正を行うものでございます。
 具体的には、小口資金に係る返済負担の軽減策として、平成23年度から実施している貸付期間の延長、平成15年度から実施している借換制度及び平成21年度から実施している借換条件の緩和について平成24年度も引き続き継続するため、群馬県要綱に準じ附則の改正を行うものでございます。
 なお、施行期日は、群馬県要綱の施行日に合わせ、平成24年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第10号「明和町小口資金融資促進条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第10号は原案のとおり可決いたしました。

議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第15、議案第11号「明和町農漁業災害対策特別措置条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 34 ]  議案第11号 明和町農漁業災害対策特別措置条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、多発する竜巻、突風などのいわゆる局地的災害や水稲の高温被害などの新たな形態の災害に対し、現行条文では対応することが困難なため、これらの災害を条文に加え、災害の指定基準を緩和するものでございます。
 具体的には、第1条の目的で、高温、竜巻、突風といった新たな災害を加え、第2条の災害の指定で、これらの新たな災害に係る指定基準の緩和を行い、第3条以下では、助成措置の具体化、改正に伴う号ずれ等の改正を行うものでございます。
 なお、本改正につきましては、群馬県農漁業災害対策特別措置条例の一部改正に準じ改正するものであり、施行期日も県条例の改正に合わせ、平成24年4月1日にするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第11号「明和町農漁業災害対策特別措置条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。

議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第16、議案第12号「明和町道路占用料徴収条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 35 ]  議案第12号 明和町道路占用料徴収条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、道路法施行令の一部を改正する政令及び都市再生特別措置法の一部を改正する法律の一部施行に伴う関係政令の整備等に関する政令の施行に伴い、明和町道路占用料徴収条例の一部を改正しようとするものでございます。
 改正の内容は、道路占用料について、全国的な地価水準の変動を踏まえ、占用料の引き下げを行うものでございます。また、一定の道路で設ける植樹施設等で、道路の通行者等の利便の増進に資するものなどを占用許可対象物件として追加するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。

                          [2番(斎藤一夫君)登壇]

2番(斎藤一夫君) [ 36 ]  2番、斎藤でございます。議案第12号 明和町道路占用料徴収条例の一部改正についてご質問いたします。
 この一部改正は、上位法の変更に伴い、また地価の下落により価格を変更するということで、今提案説明があったわけでございますが、公共施設である道路を貸し出すわけですので、こちら下落に伴いましてどの程度の減収が見込まれるのか。また、対象となる申請者といいますか、利用者は何件程度あるのかお聞かせ願いたいと思います。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 37 ]  斎藤議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 この件につきましては、明和町におきましては道路の占用料ですか、電柱とか等に取っておりますので、このやつに変えたのには関係ありません。
 それと、あとはそれによって利用者等によっても、電柱とか、あとはガス管の配管とか等でやっておりますので、直接的には町には関係ございません。
 以上です。
議長(関根愼市君) 斎藤議員、よろしいですか。
2番(斎藤一夫君) [ 38 ]  減収にならないということで解釈してよろしいでしょうか。
経済建設課長(立岡清孝君) [ 39 ]  はい。
議長(関根愼市君) 了解ですか。
 ほかに質疑ございますか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第12号「明和町道路占用料徴収条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第12号は原案のとおり可決いたしました。

議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第17、議案第13号「明和町町営住宅管理条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 40 ]  議案第13号 明和町町営住宅管理条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革に伴う公営住宅法の一部改正により、明和町町営住宅管理条例の一部を改正するものでございます。
 主な改正内容でございますが、これまで政令で定めていた公営住宅の入居者資格のうち、同居親族要件と入居収入基準を条例で定め、明確化するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 41 ]  11番、岡安でございます。
 ただいまの議案につきまして、第1項中、従来入居公募の方法につきまして、屋外放送あるいはオフトーク通信などの媒体というふうになっていたものをインターネットに改めるということで、これだけに制限してしまうと、インターネットなどの利用ができない人はどのような形で申し込み手続などができるのかということ。
 それから、入居制限の関係につきましては、これは同居親族などというのは、暴力団関係の排除を目的としたものであるということで解釈してよろしいのかどうか、その辺についてお伺いします。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 42 ]  岡安議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 これにつきましては、入居の関係ですか、をインターネットだけという話でございますけれども、一応広報等いろいろな媒体を使って、インターネットのほうも新たに加えるというような形でお願いしたい、そういう形で考えております。
 あとはもう一つ、同居親族要件と入居基準を定めるということですが、これらにつきましては暴力団関係者というような関係もあります。主なものがそういうことということで、ご理解願えればと思います。また、この辺につきましては後でご説明したいと思います。よろしくお願いします。
 それと、あと老人と身体障害者ということでご理解いただければと思いますけれども、よろしくお願いします。
議長(関根愼市君) 11番、岡安議員、よろしいですか。
11番(岡安敏雄君) [ 43 ]  はい。
議長(関根愼市君) ほかにありますか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第13号「明和町町営住宅管理条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第13号は原案のとおり可決いたしました。

議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第18、議案第14号「明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 44 ]  議案第14号 明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、主に以下3点の内容を改正するために、明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を提出するものでございます。
 改正の1点目でございます。こども園保育料に関するものでございます。保育料額については、保護者の所得税額、市町村民税の有無などに基づき、該当する階層区分ごとに算出しているところでございますが、平成22年度税制改正において年少扶養控除及び16歳から18歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止が行われたことに伴い、現行制度のままでは保育料の負担増が生じる場合がございます。そこで、この扶養控除の見直しによる影響を可能な限り生じない対応をとるため、平成24年度分の保育料から扶養控除見直し前の旧税額による保育料を算定することとする改正を行うものでございます。具体的には、別表の保育料基準額表の備考欄へ保育料を計算する際の市町村民税、所得税等の定義の規定等を追加し、表の整備をいたしました。改正点が多いため、別表全体を改正する形としております。
 2点目でございます。東日本大震災における原子力発電所の事故による災害に対処するための避難住民に係る事務処理の特例及び住所移転者に係る措置に関する法律、この特例法の施行に伴う避難住民に対する保育所入所事務の特例に対応するための改正でございます。特例法による避難先市町村は、避難住民である児童が保育に欠け、その保護者から申し込みがあったときは、保育所において保育しなければならなくなり、この場合の入所手続等の事務は避難先市町村の住民と同様の取り扱いをすることとされました。具体的には、条例附則において、この事務の特例について規定いたしました。
 3点目でございます。第7条の休園日時の規定の改正であります。具体的には、ただし書きの部分を追加、これは今まで規則で規定されていた事項ですが、本来条例で規定すべき事項であるため、条例化いたしました。また、第2項を追加し、特例的な場合の対応ができるようにいたしました。
 以上大きく3点が改正の主な内容ですが、その他これら改正に合わせて参照条文、字句等の改正、削除を行い、条文の整備を行いました。
 附則においては、この条例の施行期日を、別表の保育料に関するものについては平成24年度分の保育料から適用とし、東日本大震災に伴う特例法に関するものについては同法に係る告示の施行に合わせて平成24年1月1日からの適用と定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。

                          [2番(斎藤一夫君)登壇]

2番(斎藤一夫君) [ 45 ]  2番、斎藤でございます。議案第14号 明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正について1点お伺いしたいと思います。
 現行明和町立こども園では、短時間保育児が長時間利用する場合に追加の料金をいただくということでなっておりますが、7月に関しましては保育料が通常に取られているほかに、さらに追加になるという二重取りの状態が続いているように思われますが、この利用者どの程度いるのか。また、その金額等、7月、8月ですね、主に。保護者の負担となっている利用料の一番高いものといいますか、高額利用者の金額、こちらについてお教えいただきたいと思います。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 46 ]  ただいまの斎藤議員さんの質問でございますけれども、ちょっと今手元に資料がございませんので、後ほど調べましてお答え申し上げたいと思います。よろしくお願いします。
議長(関根愼市君) 了解ですか、よろしいですか。
 ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 なお、斎藤議員の質疑に対しましては後で回答するということでありますので、ご了解いただきます。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第14号「明和町立明和こども園の設置及び管理に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第14号は原案のとおり可決いたしました。

議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第19、議案第15号「明和町保育料の徴収に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 47 ]  議案第15号 明和町保育料の徴収に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、明和こども園以外の保育園に通園する児童の保育料、広域入所等による他市町村の保育園を利用している児童の保育料を定めた明和町保育料の徴収に関する条例について、同条例の一部を改正する条例を提出するものでございます。
 主な改正の内容は、保育料に関するもので、こども園の保育料と同様の改正を行うものでございます。保育料額については、保護者の所得税額、市町村民税の有無等に基づき、該当する階層区分ごとに算定しているところでございますが、平成22年度税制改正において年少扶養控除及び16歳から18歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止が行われたことに伴い、現行制度のままでは保育料の負担増が生じる場合がございます。そこで、この扶養控除の見直し等による影響を可能な限り生じさせない対応をとるため、平成24年度分の保育料から扶養控除見直し前の旧税額により保育料を算定することとする改正を行うものといたします。
 具体的には、別表の保育料基準表の備考欄へ保育料を計算する際の市町村民税、所得税等の定義の規定等を追加し、表の整備をいたしました。改正点が多いため、別表全体を改正する形としております。その他、この改正に合わせて字句及び号の改正、削除を行い、条文の整備を行いました。
 附則においては、この条例の施行期日を平成24年4月1日とし、平成24年度分の保育料からの適用と定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第15号「明和町保育料の徴収に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第15号は原案のとおり可決いたしました。

議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第20、議案第16号「明和町中央公民館設置条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 48 ]  議案第16号 明和町中央公民館設置条例の一部改正についてご説明申し上げます。
 本案は、社会教育法の一部が改正になり、関連して公民館運営審議会等の委員の委嘱、任命に関し、町の条例で定める必要が生じたことから整備を行うものでございます。
 なお、附則において、この条例の施行期日を平成24年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 49 ]  ただいま町長から説明があったわけですけれども、ちょっと意味が全然よくわからないのですけれども、何がどういうふうに、運営協議会の委員の改正とか選任とかと言いましたが、もう少し具体的に、わかるように説明をお願いいたします。
議長(関根愼市君) 生涯学習課長、金子春江君。

                          [生涯学習課長(金子春江君)登壇]

生涯学習課長(金子春江君) [ 50 ]  岡安議員さんのご質問にお答えさせていただきます。
 この条例の改正につきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、平成23年法律第105号の一部の施行に伴い、関連する社会教育法の一部改正が行われました。社会教育法の一部改正に伴いまして、公民館運営審議会等の委員の委嘱、任命に関する改正規定も盛り込まれており、これらの運営審議会等の構成する委員の委嘱、任命の基準について、新たに文部科学省令で定める基準を参酌して、条例で新たに定めることとなりました。具体的に申し上げますと、委員さんの選考につきまして、追加という形で委員さんの参酌する部分を入れさせていただいたということでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) いかがですか。
 11番、岡安敏雄君。
11番(岡安敏雄君) [ 51 ]  参酌するということは、だれかが任命するのか、それとも強制的に委嘱するというのはないのでしょうけれども、そういう用語が法律的に入ったというだけのことなのですか。それとも選考の仕方について、そのようにしなさいということなのか。その参酌という場合の、では参酌する選考のための基準というのは何なのかというのとか、そういうのはあるのかどうか。
議長(関根愼市君) 生涯学習課長、金子春江君。

                          [生涯学習課長(金子春江君)登壇]

生涯学習課長(金子春江君) [ 52 ]  文部科学省の省令第42号におきまして、公民館運営審議会の委員の委嘱の基準を条例で定めるに当たって参酌すべき基準を定めるよう省令で次のように定めるということで、平成23年12月1日に公民館運営審議会の委員の委嘱の基準を条例で定めるに当たっての参酌すべき基準を定める省令というのが出ております。その中に、社会教育法第30条第2項の文部科学省令で定める基準は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から委嘱することとするということでございまして、明和町の条例の中に家庭教育の向上に資する活動を行う者というものが入っておりませんでしたので、それを加筆させていただくということでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) よろしいですか。
 11番、岡安敏雄君。
11番(岡安敏雄君) [ 53 ]  簡単に言いますと、運営委員に当たる委員の選考に当たっては、従来よりも幅を広げるということなのですね。はい、わかりました。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第16号「明和町中央公民館設置条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第16号は原案のとおり可決いたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開の時刻を11時20分といたします。

                          休 憩  (午前11時09分)

                          再 開  (午前11時20分)

議長(関根愼市君) 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。

議案第17号〜議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) お諮りいたします。
 日程第21、議案第17号「指定管理者の指定について(明和町社会福祉会館)」から日程第23、議案第19号「指定管理者の指定について(明和町デイサービスセンター)」まで、以上3件は関連がありますので、この際一括議題とし、質疑、討論、採決については議案別に行いたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、日程第21、議案第17号から日程第23、議案第19号までの以上3件は一括議題とし、質疑、討論、採決については議案別に行うことに決定をいたしました。
 これより議案第17号から議案第19号までの以上3件を一括議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 54 ]  議案第17、18、19号 指定管理者の指定についてご説明申し上げます。
 ただいま一括上程されました議案第17号から19号は、いずれも指定管理者の指定に伴うものでございます。本案は、明和町社会福祉会館の設置及び管理に関する条例及び明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例により、指定管理者として指定した社会福祉法人明和町社会福祉協議会について、また明和町デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例により指定管理者として指定した有限会社入ヶ谷福祉について、それぞれ指定期間である3年がこの3月31日をもって終了いたしますので、再指定しようとするものでございます。
 これについては、指定期間終了に伴い公募した結果、3施設に対し前述した2業者の申請がございました。この申請は、去る1月31日で申し込みを締め切り、その後、明和町指定管理者選定委員会に諮問をいたしました。その答申の結果は、施設の設置目的を最大限活用し、町民サービスの向上と効率的な管理運営を行うことを目的とした制度の趣旨を踏まえた管理運営が期待できるため、再指定するにふさわしい事業者であるということでありました。答申に基づき、明和町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第4条の規定により選定しようとするものでございます。また、指定の期間を、それぞれ3年間とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより議案第17号「指定管理者の指定について(明和町社会福祉会館)」に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 55 ]  指定管理者の関係につきまして、3つの議案が一括上程をされた中での説明につきまして、ちょっとご質問申し上げます。
 公募2業者あったということでありまして、それに基づきまして審査委員会で審査したということでありますが、この公募2業者というのは社会福祉協議会のほか、どのような業者であるのかということと、3議案について同じような業者が公募に応じてきたのかどうか、説明をお願いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 住民福祉課長、谷津弘江君。

                          [住民福祉課長(谷津弘江君)登壇]

住民福祉課長(谷津弘江君) [ 56 ]  岡安議員さんのご質問に所管課の住民福祉課よりお答えを申し上げます。
 2業者ということですが、2業者というのは、社会福祉会館と地域活動支援センターが、社会福祉法人明和町社会福祉協議会の1業者です。デイサービスセンターにつきましては、有限会社入ヶ谷福祉でございますので、その2業者ということでございます。
議長(関根愼市君) ただいまは議案第17号ということで、明和福祉会館の指定管理者の議案ということになっておりますので、注意していただきたいと思います。

                          [「何言ってるんだよ」[「違うよ、それ。町長の説明がそういう
                           形だからしたんだよ」と言う人あり]

議長(関根愼市君) そうですか、失礼いたしました。

                          [「何言ってるんだよ」と言う人あり]

議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) それでは、質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第17号「指定管理者の指定について(明和町社会福祉会館)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第17号は原案のとおり可決いたしました。
 次に、議案第18号「指定管理者の指定について(明和町地域活動支援センター)」に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第18号「指定管理者の指定について(明和町地域活動支援センター)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第18号は原案のとおり可決いたしました。
 次に、議案第19号「指定管理者の指定について(明和町デイサービスセンター)」に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第19号「指定管理者の指定について(明和町デイサービスセンター)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第19号は原案のとおり可決いたしました。

議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第24、議案第20号「町道路線の廃止について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 57 ]  議案第20号 町道路線の廃止についてご説明申し上げます。
 本案は、道路法第10条第3項の規定に基づきまして町道路線の廃止をしようとするものでございます。
 廃止の理由は、町道3―329号線及び3―347号線につきましては、群馬県団地総合事務所で実施している大輪地内の明和第三工業団地造成事業の計画が、本路線の一部を含めた道路整備を行うこととなっております。これに伴い、現在の道路形態が変更になることから認定路線を再編成するため、認定の廃止をお願いするものでございます。
 また、町道3―184号線及び3―375号線につきましては、隣接地権者に払い下げを行うため、認定の廃止をお願いするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 8番、今成隆君。

                          [8番(今成 隆君)登壇]

8番(今成 隆君) [ 58 ]  8番、今成でございます。
 議案第20号 町道路線の廃止について、ただいま町長より4路線、2系統になろうかと思います。第三工業団地が2路線、3―184、3―375、これは事業者により町道の払い下げ申請に伴うものということであります。さきの全員協議会の中で課長等の説明をいただいた中で、売却価格ということで、固定資産評価額で平方メートル当たりを算出した資料をいただいたわけでございます。あのときにも一部議論をさせていただいたわけですけれども、不動産鑑定士を入れて平方メートル当たりの価格を算出したほうがいいのではないかと、個人的にはそういうふうに考えておりましたのですが、現状はどのように考えておられるのか、説明をいただければというふうに思います。よろしくお願いします。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 59 ]  ただいまの今成議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 事務局のほうといたしましては、一応不動産鑑定士を入れてやっていきたいというふうに考えております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第20号「町道路線の廃止について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第20号は原案のとおり可決いたしました。

議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第25、議案第21号「町道路線の認定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 60 ]  議案第21号 町道路線の認定についてご説明申し上げます。
 本案は、道路法第8条第2項の規定に基づきまして町道路線の認定をしようとするものでございます。
 認定の理由は、町道2―488号線については、中谷地内の市街化区域内における民間開発に伴い道路が町に寄附されたために、道路利用者の利便の向上を図ることから、新たに道路認定をお願いするものでございます。また、町道3―386号線及び町道3―387号線については、明和第三工業団地造成工事に伴い、町で引き受ける予定の道路について道路認定をお願いしようとするものでございます。
 さらに、町道3―385号線、町道3―388号線から町道3―390号線については、前議案で路線の再編成するために廃止した路線について、新たに道路認定をお願いするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。

                          [11番(岡安敏雄君)登壇]

11番(岡安敏雄君) [ 61 ]  町道路線の認定について、ちょっと質問いたします。
 大輪地内、入ヶ谷までの工業団地の道路の付け替えということでの認定になるわけですけれども、今度凸版印刷が大規模にほとんどの用地を買収していただけるという企業進出ができたようでありまして、まことに喜ばしいことだと思いますし、またこれまでお骨折りいただいた関係あるいは町長にも敬意を表するところでございますが、相手方の利用勝手がどんなふうになるのかわかりませんが、15.何ヘクタールというほとんどの造成地を凸版印刷さんのほうで買い上げてくれるということになるわけですから、真ん中に新しく道路認定をするわけですけれども、それがまた廃止になる、相手方の開発次第ですけれども、廃止になるという可能性もあるのかなというふうに思いますが、それはそれでまた別途案件として出されるということなのかなと思いますが、その辺について見解をお伺いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 62 ]  第三工業団地の中央に幾つか道路を設置しましたけれども、これについては凸版印刷さんが全部買い上げるということで、今回には上げておりません。新たに認定するところとは、一番東側の新堀川沿いと北側、それを新たに道路として認定するものでございます。ひとつよろしくお願いいたします。
議長(関根愼市君) よろしいですか。
11番(岡安敏雄君) [ 63 ]  はい。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第21号「町道路線の認定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第21号は原案のとおり可決をいたしました。

議案第22号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第26、議案第22号「平成23年度明和町一般会計補正予算(第5号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 64 ]  議案第22号 平成23年度明和町一般会計補正予算についてご説明申し上げます。
 本案は、一般会計において歳入歳出それぞれ1億6,442万1,000円を減額し、予算の総額を43億1,171万4,000円とするものでございます。補正の主な内容については、事項別明細書歳出から申し上げます。
 17ページの1款1項議会費187万2,000円の減額は、報酬と人件費ほか経費節減でございます。
 2款1項1目一般管理費548万円の減額は、主なものとして18ページ、人事事務経費、給与計算等事務電算委託料を、次の2目文書広報費105万円の減額は、広報広聴事業、印刷製本費を、5目財産管理費135万円の減額は、東日本大震災等に伴い町庁舎等管理費における節電及び節水による光熱水費を、6目企画費190万円の減額は、19ページの協働のまちづくり事業、元気な華の里づくり支援事業助成金の実績見込みにより、それぞれ補正いたしました。
 次に、11目財政調整基金費8,758万5,000円の追加は、予算額精査により、補正により基金への積み立てを行うものでございます。
 次の21ページ、22ページの2款4項選挙費は、それぞれ事業が確定したことによる減額でございます。
 23ページ、3款1項1目社会福祉総務費は、国民健康保険特別会計繰出金109万3,000円を財政安定化支援事業費等に追加を、3目老人福祉費364万6,000円の減額は、24ページ、介護保険特別会計繰出金、後期高齢者医療事業における受診者数減による健康診査委託料を、また4目障害者福祉費279万2,000円の追加は、一般経費として平成22年国県負担金交付額が歳入超過となり、返還金等を補正するものでございます。
 25ページ、4款1項2目予防費300万2,000円の減額は、26ページ、感染予防事業、ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン等の接種者が予定を下回ったこと、3目環境衛生費569万5,000円の減額は、緊急雇用創出基金事業による臨時職員の雇用ができなかったこと及び各種補助金の実績を見込み、27ページ、4款2項1目じん芥処理費104万8,000円の減額は、臨時職員賃金の減、またセトモノ廃棄物の量が予算見込みを上回ったための追加による補正でございます。
 28ページ、6款1項3目農業振興費483万1,000円の減額は、園芸農業振興補助金等各種補助金、奨励金の実績見込みにより、5目農地費の町単独土地改良事業測量設計清掃等委託料は、測量設計がなく、清掃等は職員が行ったことによる減、また農業体質強化基盤整備事業200万円は、国の第4次補正予算に伴う圃場整備の追加でございます。
 30ページ、7款1項2目商工振興費343万2,000円の減額は、町住宅リフォーム補助金の申請が少ないため、31ページ、8款2項3目道路新設改良費1,812万4,000円の減額は、測量調査設計委託料において今後調整を必要とする路線や入札差金を、また32ページの道路用地買収費でございます。
 8款4項1目都市計画総務費5,473万5,000円の減額は、都市計画法事務費における川俣駅周辺地域整備事業関係及び民間建築物アスベスト含有調査事業費補助金を、2目公園費1,273万円の減額は、臨時職員賃金、節電による光熱水費、公園等維持管理業務委託契約時の入札差金及び公園整備事業の行政区遊び場整備工事費を、8款5項2目住宅建設費8,440万円の減額は、町営住宅の工事完成見込みにより、また34ページ、9款1項2目非常備消防費250万円の減額は組合負担金を、10款1項2目事務局費441万4,000円の減額は、35ページ、奨学資金貸付金を、3目学校教育指導費261万7,000円の減額は、適応指導教室事業の嘱託員報酬を、2項1目小学校費、学校管理費182万円の減額は、西小学校旧体育館解体工事費の事業確定により、それぞれ補正するものでございます。
 次に、36ページ、10款4項1目こども園費231万1,000円の減額の内容は、こども園及び地域子育て支援センターの臨時職員賃金の減と、園児数の増加に伴い保育に必要な備品購入費等の追加でございます。
 37ページ、10款5項3目公民館費、4目ふるさと産業文化館費、38ページ、5目図書館費の主なものは、それぞれ節電による光熱水費の減額でございます。
 39ページ、10款6項3目海洋センター費220万円の減額は臨時職員賃金を、4目給食センター費864万4,000円の減額は、燃料費、光熱水費及び40ページの食器等洗浄機借上料の減と、機械器具購入費においてコンテナ1台購入費が追加となっております。
 続いて、歳入について申し上げます。9ページ、1款1項町民税1,500万円は退職所得に伴う追加を、2項固定資産税4,000万円は償却資産の増加に伴う追加をそれぞれ計上いたしました。
 次に、2款2項自動車重量譲与税から12ページ、10款1項交通安全対策特別交付金は、それぞれ決算見込額等を算出し、補正するものでございます。
 12款1項2目教育使用料193万2,000円の減額は、こども園において東日本大震災、原発避難者の園児取り扱いが変更になったこと、また海洋センターにおいても大震災の影響により開館時間を短縮したことによるものでございます。
 次に、2項2目衛生手数料161万6,000円の減額は、一般廃棄物の売り上げは全体的に当初の見込み数量を上回りましたが、事業系一般廃棄物処理手数料は当初の見込み数量に達しないため減額するものでございます。
 次に、13ページ、13款2項国庫補助金から14ページ、14款3項県支出金、委託金については、事業の確定または決算見込みにより算出した補助金または委託金等の補正でございます。
 15ページ、15款1項2目財産運用収入、利子及び配当金100万円の減額は、預金利率の低下とリスク回避に伴う預金先の分散によるものでございます。
 17款2項1目財政調整基金繰入金は、当補正により基金の取り崩しが必要なくなり、また2目奨学基金繰入金は、利用者から繰り上げまたは一括返済があり、繰り入れを減額するものでございます。
 18款1項繰越金は、前年度繰越金の予算計上残額を、16ページ、19款3項3目奨学資金貸付金元利収入及び19款5項4目雑入は、それぞれ実績見込額により増額、減額をするものであり、以上が歳入でございます。
 次に、6ページ、繰越明許費でございます。事業名、上から廃棄物処理費は東日本大震災で被災した家屋の屋根瓦等の処理費を、道路新設改良整備事業は町道60号線の道路改良工事を、都市計画法事務費、川俣駅自由通路及び橋上駅舎基本設計業務委託を設計変更、東武鉄道との協議等それぞれ不測の日数が必要となり、年度内完了が不可能となったため繰越明許するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。

                          [2番(斎藤一夫君)登壇]

2番(斎藤一夫君) [ 65 ]  2番、斎藤でございます。何点かお伺いしたいと思います。
 まず、1点目といたしまして、26ページ、4款衛生費、1項2目の予備費の関係で感染予防事業、こちらヒブワクチン等の個別予防接種業務委託料、こちらの減額ですが、予定数より接種者が少なかったということですが、啓蒙活動等周知徹底がされていなかったのではないか、そこら辺についてお伺いしたいと思います。
 2点目といたしまして、35ページ、10款教育費、1項教育総務費の中で3目学校教育指導費、こちらで英語指導助手設置事業の60万円の減額ということで、こちら委託料が安くなったのか、それとも事業自体が一部中止になっているのか、その点についてお伺いしたいと思います。
 また、同じく適応指導教室事業のほうで180万円の嘱託員報酬が減額となっておりますが、この理由についてもお伺いしたいと思います。
 それから、36ページ、10款教育費、4項こども園費、1目こども園費の中で臨時職員311万4,000円の減額ということで、こちら先ほどの町長の説明の中にも園児の数はふえていると。その中で臨時職員の賃金が減額となった理由、こちらの説明がちょっとなかったようですので、そこについてお尋ねしたいと思います。
 戻りまして、6ページの繰越明許費の関係で、町長のほうから説明がありました8款の土木費、こちらのほう60号線の工事、今回の2月以来新聞紙上を騒がせている件により、入札そのものが延期となったということは全協等で説明を受けておりますが、この60号線、今の現状ですと非常に道が不便な状態になっておりまして、ここの工事、予定では入札が行われて早急に改善されるということだったのですが、現状ですと非常に通りにくい、事故を誘発するような現状となっております。こちらのほう何らかの対策をとる予定はないのか、その点についてお伺いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、吉永清重君。

                          [健康づくり課長(吉永清重君)登壇]

健康づくり課長(吉永清重君) [ 66 ]  ただいまの斎藤議員さんのご質問に対しまして、所管課よりご説明を申し上げます。
 26ページのところでございますが、感染予防事業の中の個別予防接種業務委託料180万円の減額ということで、今回計上させていただいております。これの理由につきまして、この個別予防接種につきましては、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン接種につきまして、平成23年の2月から開始をしたわけでございます。ところが、開始後、間もなく死亡事例が数件報告をされたことによりまして接種を見合わせた方がおりましたので、実績が伸び悩み、今回減額を行うものでございます。啓蒙等につきましては、広報紙等で町民の方にはお知らせはしてございました。そのような事情によりまして、減額を計上させていただきました。
 以上です。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 67 ]  斎藤議員さんのご質問にお答えしたいと思いますが、35ページでございますが、学校指導費の英語活動業務委託料ということで60万円の減額になっております。これについては、こども園のほうの英語保育支援、この関係ですけれども、見積もりよりも委託料が安かった関係と、それから2人のうちの1人がちょっと家庭の事情で半月ぐらいですか、休んだということもあって、その分が減額になっております。
 それから、その下の適応指導教室の嘱託員の報酬ですけれども、これは当初予定では2人体制ということで考えておりましたが、1人で足りるという判断で、1名分削減ということになりました。
 続きまして、36ページ、10款4項1目のこども園費ですけれども、こども園の臨時職員賃金が311万4,000円の減になっております。これについては、見積もりにおいて日数を余分にとった関係で、その分が減額になったということと、あと1人雇うという予定をしておりましたけれども、何とか内部のやりくりで間に合うことになりましたので、その分の賃金が減っております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 68 ]  斎藤議員さんのご質問にお答えいたします。
 繰越明許費の8款の土木費の関係でございますが、これは6,900万円、この関係でございますが、23年度に発注する予定でありましたけれども、一応24年度の工事という形でやっていきたいと。今回の関係でございますが、橋の架け替えを23年度で予定しておりました。この工事ができなくなってしまったわけなのですけれども、水が切れる大体9月ごろに発注したいと考えております。再来年の3月までには完成できればというふうに考えております。
 あともう一つ、そこが今の状態は道が細くなって危ないという形でございますけれども、とりあえずは今の状態におきまして、安全面についてよくパトロール等を行ってやっていきたいと考えております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) [ 69 ]  まず、1点目のヒブワクチンあるいは小児用肺炎球菌ワクチンの死亡事例ということですが、これは当初死亡事例が確かに報告されて、一部懸念して受けられる方が減ったのは私も知っているところなのですが、その後そういう事例は出ているものの、やはり打ったほうがいいであろうということで報道等もなされているかと思います。そこら辺に対する啓蒙活動、あるいは受けたほうが、死亡事例はあったものの、そんなに数は多くなかったと思います。危険性がさほど高くない、できれば接種したほうがいいという、そういう啓蒙活動が行われたのかどうか、この点についてお伺いしたいと思います。
 それから、英語助手の関係です。こちらのほう、見積もりより安かったということと、2名中1名の方が半月ほどお休みになられたということなのですが、これは業者委託かと思うのですが、その間の代行の方というのはいらっしゃらないのか。
 それから、もう一つの適応指導教室のほう、これは2名体制が1名で足りたので1名体制に変更になったということですが、これは対象となる児童生徒さんが少なかったことによるものなのか。それとも対象となる生徒さんはそれなりにいるのだが、やはり適応指導教室に来ていただけないというような状況があるのか、そこら辺をお伺いしたいと思います。
 それから、繰越明許費の関係で、9月発注予定ということで、ちょっとかなり先になるということで、今課長のほうからの答弁ではパトロール等を強化して事故の誘発を防止したいということですが、パトロールをしたからといって事故は決して減らないと思います。起きる危険性というのは十分あると思います。現行のままではなく、何らかの措置をとって、例えば歩道を暫定的に、ちょっと費用かかってしまいますが、暫定的に歩道のほうを修正して、もう少し通行の利便性を図る、事故を誘発しないような形をとるというのも一つの手ではないかなと思いますが、そこら辺について町長がどのように考えているのか、これに関しては町長のほうから答弁をいただければと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、吉永清重君。

                          [健康づくり課長(吉永清重君)登壇]

健康づくり課長(吉永清重君) [ 70 ]  ただいまの斎藤議員さんのご質問に所管課よりお答え申し上げます。
 ヒブ、小児ワクチンにつきまして死亡事例があったわけでございますが、この件につきましては国からの指示を待って安全であるということで、それを待って町の広報紙等で住民の方にもお知らせをいたしてございます。そのまま現在も継続をしているということでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 71 ]  こども園の英語活動の委託料でございますけれども、2人体制で1人が休んだということなのですけれども、その休んだ分は引いてあるのですけれども、その後かわりの人が来ていますので、それが手配がつくまでの間が抜けたということになっています。
 それと、適応指導教室の人員なのですが、今のところ通っている子が2名でございます。それで、1人で対応できるというふうに判断しております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 72 ]  工事に入るのが9月過ぎになってしまうと思うので、その間、今の状態でしばらく置かなければならない状況になりました。先ほど課長がパトロール等と言いましたけれども、あそこにやっぱりいろいろな看板もございますので、そういう看板が落下しているかどうか、そういうパトロールで少しでも事故を防ぎたいなと考えておりますし、また歩道のほうにも、脇で、寄るというのですか、それについてはちょっと私は今の状態でさせていただきたいなと、そんなふうに考えております。十分安全については考慮いたします。よろしくお願いします。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) [ 73 ]  まず、1点目の予防接種事業のほうです。こちらのほう啓蒙活動をしていただいているということなのですが、これは手元に資料があれば今ご答弁いただきたいと思うのですが、国からの指導が来て、その後どの程度接種された方が回復したのか、どの程度の方が接種されているのか、わかりましたらご答弁いただきたいと思います。わからない場合には、また後で資料をいただければと思います。
 それから、こども園のほう、ちょっと確認なのですが、英語指導助手の方、こちら2名いて、そのうち1名の方がお休みではなくやめられて、別の方が来られたということで、その間の2週間程度が抜けてしまったので、その減額が含まれているということで解釈してよろしいのかどうか、再度確認したいと思います。
 それから、適応指導教室、今2名の生徒さんということで、1名体制で何とか対応できるということですが、対象となるお子さんが今2名しかいらっしゃらないのか。あるいは、それ以上いるのだが、通ってくれるお子さんが実際2名で、ほかのお子さんはやはりちょっと適応指導教室にお越しいただけないという状況にあるのか。そこら辺も、対象の人数が何人とかというのは特には構わないのですが、ほかにもいらっしゃるけれども、通えないお子さんがまだいらっしゃるのか、そこら辺わかりましたらお教え願いたいと思います。
 それから、繰越明許費のほう、そうですね、やはり歩道を修正するというのが一番、本来だったらもう発注して工事に入れるのが一番よかったわけですが、なかなかそういうわけにもいかないということで、事故がないように祈りながら、看板の設置等周知徹底をしていただいて、私なんかもよく通るのですが、乗用車同士であればさして危険はないのですが、大きな車、トレーラーあるいは大型車等になると、なかなかすれ違いができないということで、大型同士であればお互いに道の危険性は理解しておりますので、手前で止まるという作業はしているようですが、乗用車の方ですとやはり状況がわからずに、そのまま大型が先に来ているにもかかわらず入っていってしまうというようなケースもしょっちゅう見かけますので、そこら辺もちょっと何らかの形でわかるように、何か表示していただけるとありがたいなと思います。
 以上です。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、吉永清重君。

                          [健康づくり課長(吉永清重君)登壇]

健康づくり課長(吉永清重君) [ 74 ]  ただいまの斎藤議員さんのご質問にお答え申し上げます。
 実績の数でございますが、今回ヒブワクチンにつきましては、当初597名を見込みました。現時点では、これ1月末でございますが、367名ということで61%の実施となってございます。また、小児肺炎球菌につきましては693名を見込みまして、実績が439名、これいずれも延べでございます。63%の実施率ということでございます。また、このほかにも幾つかの項目があるわけでございますが、若干見込みを下回ったということでございまして、最終的に180万円の減額とさせていただいております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 教育長、鑓田範雄君。

                          [教育長(鑓田範雄君)登壇]

教育長(鑓田範雄君) [ 75 ]  ただいま斎藤議員さんからのご質問にお答え申し上げます。
 明和町としても、長欠児、特に不登校対策については力を入れているところでございますけれども、特に適応指導教室、現在2名、中学生でございますけれども、3年生が通級しております。2月現在で、ちょうど月々の約半数以上通っていまして、その中でプリント学習をしたり、あるいはちょっとした作業をしたり、読書をしたりとか、いろんな楽しい活動をしながら、次の就職であるとか進路に向けて指導教室担当とともに頑張っておりまして、その結果につきましては、毎月通級報告ということで私のところにも報告書が来てございます。それに対して、1名体制でございますので、特に担当の指導主事からいろいろな相談等を行っておりまして、施設の拡充であるとか、あるいは相談内容であるとか、指導助言をしながら運営を進めておりますので、よろしくお願いしたいと思っています。
 続いて、長欠児に関する明和町全体の数でございますけれども、10名前後ということで、2月現在報告が上がっております。特に小学校、中学校、全部の学校に1人ないし五、六名ですか、という数になりますけれども、率的にいうと、全県の比較でいうと少ないほうであるのかなと思っています。ただ、明和町としましては一人残らず長欠児をなくしたいと。全員が学校で学べるような対策として、先ほど申し上げました研究所対策を進めまして、適応指導教室の充実をこれから図ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
議長(関根愼市君) 副町長、矢島修一君。

                          [副町長(矢島修一君)登壇]

副町長(矢島修一君) [ 76 ]  斎藤議員さんの60号線の関係でございますけれども、本来繰越明許をして9月ごろから工事を始めるという予定でございました。今回はこういうことで、今年度の工事発注ができないという状況でございます。暫定的な歩道ということですか、やはり大変橋そのものが狭いということで、暫定的に歩道を設けても非常に危険かなというふうに思います。計画でいきますと、今の位置から北のほうに道路が広がっていく状況でございます。そのようなことで、道路等の構造もありますので、今斎藤議員さんからちょっとお話がありましたように、現場のほうの表示、あるいは路面標示、看板、保安灯、そういったものをつけて安全を考えていかなければならないというふうに思っています。よろしくどうぞお願いします。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 77 ]  ただいまの斎藤議員さんのご質問ですけれども、こども園の英語保育支援助手、それの1人の関係なのですが、家庭の事情でちょっと休みが長くなるというような話になりまして、それでちょっと休んだ後はかわりの支援助手に入ってもらいました。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。
 8番、今成隆君。

                          [8番(今成 隆君)登壇]

8番(今成 隆君) [ 78 ]  8番、今成でございます。
 斎藤議員のほうからの質疑等もあって、一部ダブっているところもあるわけですが、ページ数申します。21ページ、22ページ、23ページ、25ページ、26ページ、27ページ、31ページ、32ページ、33ページ、36ページ、39ページの中の7節賃金であります。賃金の中の臨時職員の賃金の減額補正でありますが、先ほど町長等の説明はいただいたわけですが、補正等ありました。また、緊急雇用創出基金等もあったわけでございますが、当初予算から比べた中で事業を見直し、また事業が行えなかったということもあるのかなというふうに考えております。予算の見積もりが妥当だったか、その辺もちょっとわかりませんけれども、減額の臨時職員の、私の算出では合計では1,378万5,000円ということでありますが、各課長のほうから説明を求めます。
議長(関根愼市君) 総務課長、橋本貴好君。

                          [総務課長(橋本貴好君)登壇]

総務課長(橋本貴好君) [ 79 ]  今成議員さんのご質問に担当課の総務課長のほうからご答弁をさせていただきます。
 21ページにつきましては、県議選の関係で臨時職員賃金4万円、それと22ページにつきましては県知事選挙について臨時職員が5万円の減額、これはいずれも選挙のときに補助職員として臨時の方を雇いましたが、日数等が予算で見たよりも若干少なかったということで、これはご了解をいただきたいというふうに思います。
 以上です。
議長(関根愼市君) 住民福祉課長、谷津弘江君。

                          [住民福祉課長(谷津弘江君)登壇]

住民福祉課長(谷津弘江君) [ 80 ]  23ページ、民生費、社会福祉費、1目社会福祉総務費の中の社会福祉一般経費、7節臨時職員賃金34万4,000円の減なのですが、これは緊急雇用職員の賃金を見込みましたが、2人を募集したのですが、7月から1人採用しまして、2人目が9月からということです。それと、お二人の方がお休みをとったということで、この金額が減になりました。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 環境水道課長、落合康秀君。

                          [環境水道課長(落合康秀君)登壇]

環境水道課長(落合康秀君) [ 81 ]  環境水道課のほうでは、臨時職員の賃金の減が2件ほどございます。まず、3目の環境衛生費のほうで環境美化費、その中で臨時職員賃金が240万8,000円、それと4款2項1目じん芥処理費、こちらは27ページになりますが、こちらのほうで臨時職員賃金115万2,000円減額となっております。
 まず最初に、26ページのほうの環境衛生費のほうの減額でございます。こちらにつきましては、地域の環境美化を推進するために、緊急雇用創出基金事業を活用いたしまして3名の臨時職員を雇用し、計4名分の賃金を計上いたしましたが、計画どおりの雇用ができませんでした。そのため、今回不用額が見込まれるため減額補正を行ったわけでございますが、具体的には面接を行いまして採用しようとしたのですけれども、緊急雇用の申し込みということで面接に来られた方が、皆さんデスクワークを希望されておりまして、こちらのほうの環境美化のほうの活動が、ごみの清掃ですとか、そのようなものでしたので、業務の内容が合わないということで辞退をされました。
 それともう一件、4款2項1目じん芥処理費のほうの27ページのほうの臨時職員賃金でございます。こちらのほうは、もったいない館の混雑に対する対応、それと利便性の向上を図るために、やはり緊急雇用創出基金事業を活用いたしまして2名の臨時職員分の賃金を予定し、常日ごろからいる2名と合わせて4人分の予算を計上いたしましたが、こちらのほうも計画どおりに雇用ができませんでした。こちらのほうの内容につきましては、もったいない館は日曜日も開館して業務を行っておりますので、やはり面接時に日曜勤務があることを説明しましたところ、皆さんが日曜日の勤務があるのでは辞退したいという申し出がありまして、こちらのほうも思うように雇用ができませんでした。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、吉永清重君。

                          [健康づくり課長(吉永清重君)登壇]

健康づくり課長(吉永清重君) [ 82 ]  ただいまの今成議員さんのご質問でございますが、ページが25ページとなります。保健衛生総務費の臨時職員賃金33万円の減額でございますが、これにつきましては緊急雇用の臨時職員でございます。本年1月に1年間の雇用期間満了となりました。その後、3月末までにつきましては補充を行わないということでございましたので、その間の分が今回減額とさせていただきました。
 以上です。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 83 ]  今成議員さんのご質問にお答えしたいと思います。
 私のほうでは、36ページのこども園費ということで、説明のところでこども園の管理運営事業というところでさっきお答えしましたけれども、臨時職員賃金が311万4,000円の減ということで、これにつきましては1人分の賃金と、それから人数が全体で多いものですから、日数がちょっと見積もり上多かったということで、この金額になっております。
 それから、その下で地域子育て支援センター運営事業のほうでも、臨時職員賃金147万3,000円が減になっておりますが、これについては1名雇う予定でございましたけれども、募集してもなかなか応募がありませんで、結局雇うことができなかったということになりました。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 生涯学習課長、金子春江君。

                          [生涯学習課長(金子春江君)登壇]

生涯学習課長(金子春江君) [ 84 ]  37、38、39ページの臨時職員の賃金の減に関します理由を説明させていただきます。
 これにつきましては、大きな主な理由といたしましては、震災により休館や開館時間の短縮を余儀なくされたために、臨時職員の出勤時間が減ってしまったということが主な理由でございます。そのほかに放課後子ども教室に関しましては、この震災によりまして国のほうから、歳入のほうの減額補正もさせていただきますけれども、27万ですね、削減の依頼が来ましたところ、それに充当させていただくために正職または社会教育指導員が代行させていただいたということで、この減額になっております。
 それから、海洋センターのほうでございますけれども、これに関しましても休館等を余儀なくされたわけでございますが、常勤的な職員が退職によりまして正職等の異動で充当したということで、この減額をさせていただきました。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 85 ]  経済建設課のほうでございますけれども、27ページと31ページです。
 まず、27ページの臨時職員の賃金10万円でございますけれども、これは休み等によるものでございます。
 それと、31ページの観光事業の臨時職員賃金45万4,000円の減、これにつきましては緊急雇用ということで2名、4月からという形で募集はかけていたのですけれども、なかなか集まらなくて、何カ月かたって入ったということで差金が生じました。
 あとは、その下の土木費の関係の臨時職員賃金76万円、これにつきましても4月から予算化しておいたのですけれども、9月か10月ごろでしたか、半年ぐらいになってしまったということで、この76万円が余ったということです。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 都市計画課長、栗原茂樹君。

                          [都市計画課長(栗原茂樹君)登壇]

都市計画課長(栗原茂樹君) [ 86 ]  都市計画課の所管でございますけれども、32ページ、33ページにわたります都市計画総務費、32ページの一般経費の7節ですか、臨時職員賃金ということなのですけれども、こちらにつきましては緊急雇用の臨時職員を予定しておりました。まちづくり調査事業ということで、23年度は2人予定しておったのですが、9月に前年度から引き続きの方が退職されて、その後雇用していないというところでございます。
 次に、公園管理事業の賃金でございますけれども、こちらにつきましては平成22年度からずっと引き続き公園等のパトロールの方と、22年10月から環境調査事業ということで2名の緊急雇用の臨時職員で、こちらのほうにつきましては全部で3名を雇っておりました。この緊急雇用の制度に合った形でなのですけれども、パトロールされる方につきましては、雇って数カ月すると新しい職場が見つかって次の方を見つけるというような形で、その間、時間があきまして、人選するのに時間があいた部分が若干減額になったということでございます。
 それと、もう一点が環境調査事業とまちづくり調査事業という事業を合わせた形でいろいろ事業を見直しまして、そういった関係で環境調査事業のほうとまちづくり調査事業のほうの人員を1名ずつ、片方環境調査事業につきましては5月末日以降なのですけれども、1人になりまして、実施しておるところで、全部で5人予定しておるうちの、現在3名がいるという状況で、その間いらっしゃらない分が今回の減額につながったということでお願いします。
議長(関根愼市君) 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 87 ]  先ほどのお答えで漏れたところがありましたので、もう一度回答させていただきます。
 39ページの給食センター費でございますけれども、ここの臨時職員賃金で60万円の減ということでございますが、これについては病休等によって休んだ場合の賃金をとってあるものがございます。それと、職員が途中でやめて次の方を雇うまでの間があいたということもございまして、60万円の減になっております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 8番、今成隆君。
8番(今成 隆君) [ 88 ]  各課長さんには、事細かな説明をちょうだいいたしまして大変ありがとうございます。
 私のほうの質疑の中で、当初の予算に対しての見積もりが甘かったのかなというふうなご指摘もさせていただきましたが、緊急雇用対策等、また職員お一人お一人の努力で事業に対しての減額ができたということで、大変すばらしいなというふうに考えております。
 36ページ、始澤課長のほうに再度お伺いしたいのですが、地域子育て支援センター運営事業、募集しても人が集まらなくて事業ができなかったということでありますけれども、世の中こう景気が悪い中でありまして、その中でも募集をしてもなかなか来ないのかな、仕事の中身の問題で敬遠されてしまうような業種もあるのかなというふうには感じるわけですけれども、できるだけ住民サービスのためにあきがないように、先ほど職員の方が補っているというお話もあったわけですけれども、できるだけ雇って、雇用対策ということも進めていただければというふうにお願い申し上げて終わりにしたいと思います。ありがとうございました。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第22号「平成23年度明和町一般会計補正予算(第5号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第22号は原案のとおり可決いたしました。
 暫時休憩をいたします。
 再開の時刻を1時30分といたします。

                          休 憩  (午後 0時40分)

                          再 開  (午前 1時30分)

議長(関根愼市君) 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。

議案第14号の追加答弁

議長(関根愼市君) 午前中審議がありました議案第14号、こども園の設置及び管理条例の一部改正につきまして、午前中、学校教育課長の始澤稔君からの追加答弁がありますので、これを先に行います。
 学校教育課長、始澤稔君。

                          [学校教育課長(始澤 稔君)登壇]

学校教育課長(始澤 稔君) [ 89 ]  午前中の斎藤議員さんのご質問にお答えしたいと思います。
 預かり保育の関係ですけれども、23年の夏休みの間の集計でございます。使用人員が、実で202名です。それから、延べでいきますと436日で、預かり保育料なのですが、一番利用した人が25日間で1万2,500円です。それから、最低ですと7日間で3,500円。平均しますと、実人員で28名でございますので、保育料の平均が1人7,071円ということになります。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。

議案第12号の答弁の訂正

議長(関根愼市君) 続きまして、経済建設課長から、やはり議案第12号、道路の占用料の関係で訂正の答弁をするということでありますので、ここで登壇を求めます。
 経済建設課長、立岡清孝君。

                          [経済建設課長(立岡清孝君)登壇]

経済建設課長(立岡清孝君) [ 90 ]  議案第12号で、道路占用料徴収条例の一部改正の答弁の中で、斎藤議員さんの占用料金の質問で、町はこれには関係がないと答えましたが、町の占用関係でも影響があります。大変申しわけございませんでした。
 改めまして、金額についてですけれども、23年度予算ベースで占用料が8件で約113万8,000円です。24年度でやっていきますと、約97万6,000円です。減額が、約16万2,000円の減ということになります。大変申しわけございませんでした。

議案第23号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) それでは、午前中の審議に続きまして、引き続き議事を進めます。
 日程第27、議案第23号「平成23年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 91 ]  議案第23号 平成23年度明和町国民健康保険特別会計補正予算についてご説明申し上げます。
 本案は、国民健康保険特別会計の歳入歳出予算の総額から273万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を12億9,250万2,000円とするものでございます。
 補正の内容を8ページの歳出から申し上げます。1款1項1目一般管理費では、高齢受給者証の再交付等の費用12万5,000の追加を、2目連合会負担金は、国保総合システム稼働時期変更に伴う分担金30万円の追加によるものでございます。
 2款1項1目一般被保険者療養給付費は、給与給付費等負担金が多く見込まれるため、一般財源から国庫支出金に財源振りかえを、9ページ、2項4目退職被保険者等高額介護合算療養費は4万5,000円追加、4項1目葬祭費は30万円減額、10ページ、8款1項1目特定健康診査等事業費は290万2,000円減額、いずれも実績と見込みに基づくものでございます。
 歳出に見合う歳入は、6ページ、3款1項1目療養給付費等負担金は、実績に基づき491万7,000円追加、2項1目財政調整交付金は、国保総合システム稼働時期変更等に要した費用の国庫助成金として108万7,000円追加、4款1項1目療養給付費交付金は、退職被保険者等高額介護合算療養費分4万5,000円の追加、7ページ、9款1項1目一般会計繰入金は、財政安定化支援事業繰入金188万円の追加、職員給与費等繰入金78万7,000円の減額、9款2項1目国民健康保険基金繰入金は、歳出歳入の状況から不用と見込まれる999万9,000円を減額、11款4項5目雑入は、高齢受給者証の再交付に要する経費の補助金12万5,000円を追加するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第23号「平成23年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第23号は原案のとおり可決いたしました。

議案第24号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第28、議案第24号「平成23年度明和町介護保険特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 92 ]  議案第24号 平成23年度明和町介護保険特別会計補正予算についてご説明申し上げます。
 本案は、介護保険特別会計の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,043万2,000円を減額し、予算総額を8億851万4,000円とするものでございます。
 補正の内容について、10ページの歳出から申し上げます。1款1項1目一般管理費では、新たな介護保険システムの改修に伴い委託料288万8,000円の追加を、3項1目認定調査等費は、実績に基づく主治医等意見書作成料50万円の減額。
 2款保険給付費は、実績と見込みに基づく追加減額を行うものでございます。1項介護サービス等諸費では、1目居宅介護サービス給付費400万円減額、11ページ、5目施設介護サービス給付費400万円減額、8目居宅介護住宅改修費150万円減額、9目居宅介護サービス計画給付費100万円減額するものでございます。
 2項介護予防サービス等諸費では、1目介護予防サービス給付費800万円減額、12ページ、3目地域密着型介護予防サービス給付費150万円減額、5目介護予防福祉用具購入費及び6目介護予防住宅改修費は財源振替を、7目介護予防サービス計画給付費100万円減額、13ページ、4項1目高額介護サービス費では80万円増額、5項1目高額医療合算介護サービス費50万円減額を、14ページ、4款1項1目介護予防事業費100万円は、二次予防事業対象者把握業務委託料で実績に基づく減額、2項1目一般管理費112万円は、嘱託職員の一時不在による報酬等の減額を行ったものでございます。
 続いて、6ページからの歳入について、1款1項1目第1号被保険者保険料において、年度末の資格喪失による減額見込みにより58万3,000円の減額を、また普通徴収の見込額を実績に基づき135万6,000円減額いたします。
 2款国庫支出金においては、歳出に見合う歳入として増額及び減額いたします。1項1目介護給付費負担金803万4,000円減額、2項1目調整交付金560万2,000円減額、2目地域支援事業交付金25万円減額、7ページ、3目地域支援事業交付金44万8,000円減額、4目事業費補助金144万3,000円を増額いたします。
 3款1項支払基金交付金では、1目介護給付費交付金621万円、2目地域支援事業支援交付金30万円をそれぞれ減額し、4款県支出金では1項1目介護給付費負担金278万8,000円減額。8ページ、3項1目地域支援事業交付金12万5,000円、2目地域支援事業交付金22万4,000円をそれぞれ法定の交付割合に基づき減額いたします。
 6款1項一般会計繰入金では、歳出補正、保険給付費及び地域支援事業費の減額補正に見合う歳入として法定の負担割合に基づく293万7,000円の減額を、4目その他一般会計繰入金では、歳出補正、総務費介護保険システム改修委託料144万5,000円の増額分を補正いたします。
 9ページ、2項基金繰入金では、1目介護保険基金繰入金は保険給付費等の財源不足分を介護保険基金から繰り入れるもので、603万7,000円を追加するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第24号「平成23年度明和町介護保険特別会計補正予算(第3号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第24号は原案のとおり可決いたしました。

議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決

議長(関根愼市君) 日程第29、議案第25号「平成23年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第3号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 93 ]  議案第25号 平成23年度明和町下水道事業特別会計補正予算についてご説明申し上げます。
 本案は、下水道事業特別会計の予算の総額から歳入歳出それぞれ1,025万円を減額し、歳入歳出予算の総額を4億8,603万7,000円とするものでございます。
 補正の主な内容について、9ページの歳出から申し上げます。1款1項1目の下水道総務費において、19節早期接続特別奨励金を実績と見込みにより減額を、1款1項2目の下水道建設費において、15節管渠築造工事費が入札による減額等により不用が見込まれるための減額を、同じく22節移転等補償費では実績により減額を、1款1項4目水質浄化センター維持管理費では、光熱水費、汚泥搬出業務委託料を実績と見込みにより不足分の追加補正を行うものでございます。以上歳出について申し上げましたが、この補正に伴う歳入は6ページ以下にございます。
 2款1項1目の下水道使用料、3款1項1目の下水道事業国庫補助金、4款1項1目の下水道事業県補助金、5款1項1目の一般会計繰入金、6款1項1目の繰越金、7款3項1目の雑入、8款1項1目の下水道事業債において収入見込額を増減した次第でございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第25号「平成23年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第3号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

                          [起立全員]

議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第25号は原案のとおり可決いたしました。

明和町選挙管理委員及び補充員の選挙について

議長(関根愼市君) 日程第30、明和町選挙管理委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。
 まず、選挙管理委員4名の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法118条第2項に基づき、指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。指名の方法は、議長が指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、議長が指名することに決定をいたしました。
 選挙管理委員に、仲村國男君(斗合田)、立岡正夫君(千津井)、薗部健夫君(南大島)、須藤敏子君(江口)を指名いたします。
 ただいま議長が指名いたしました仲村國男君、立岡正夫君、薗部健夫君、須藤敏子君を選挙管理委員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました仲村國男君、立岡正夫君、薗部健夫君、須藤敏子君が選挙管理委員に当選されました。
 続きまして、補充員4名の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法118条第2項に基づき、指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。指名の方法は、議長が指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、議長が指名することに決定をいたしました。
 補充員に、第1位、石崎孝二君(矢島)、第2位、折原一雄君(大佐貫)、第3位、立川博康君(梅原)、第4位、武井とみ江君(南大島)を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました第1位、石崎孝二君、第2位、折原一雄君、第3位、立川博康君、第4位、武井とみ江君を選挙管理委員補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました第1位、石崎孝二君、第2位、折原一雄君、第3位、立川博康君、第4位、武井とみ江君が選挙管理委員補充員に当選されました。

議案第26号〜議案第31号の上程、説明

議長(関根愼市君) お諮りいたします。
 日程第31、議案第26号「平成24年度明和町一般会計予算」から日程第36、議案第31号「平成24年度明和町水道事業会計予算」まで、以上の6件は関連性がありますので、この際一括議題にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「異議なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、日程第31、議案第26号から日程第36、議案第31号までの以上6件を一括議題とすることに決定をいたしました。
 これより議案第26号から議案第31号までの以上6件を一括議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。

                          [書記朗読]

議長(関根愼市君) 町長から町政執行方針の説明のため、発言を求められておりますので、これを許します。あわせて、提出議案に対する提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。

                          [町長(恩田 久君)登壇]

町長(恩田 久君) [ 94 ]  議案第26号から31号、明和町一般会計、そして各種特別会計予算等についてご説明申し上げたいと思います。
 ただいま一括上程されました議案第26号から議案第31号は、平成24年度の明和町一般会計、後期高齢者医療特別会計、国民健康保険特別会計、介護保険特別会計、下水道事業特別会計及び水道事業会計の6つの予算でございます。
 町の平成24年度予算の編成は、前提といたしまして、国の経済見通し及び予算編成方針、それに伴う各種の制度改正等、国の予算編成のための諸条件を指針として予算の作成を行いました。国より示された平成24年度の国の地方財政では、地方が自由に使える財源として、地方交付税と臨時財政対策債を合わせた実質的な地方交付税を総額23兆5,878億円といたしました。また、地方財政対策に示された地方税収入は、平成23年度に比べ0.8%増収が見込まれているものの、歳入合計では0.8%の減収が見込まれております。しかも社会保障関係費の自然増や公債費が高い水準で推移することから、財源不足が生じるものと見込まれております。
 明和町の新年度予算は、平成17年度策定の第5次総合計画を踏まえながら、なお一層の町民生活の向上と、だれもが住み続けたい快適で活力ある、災害に強い安全で安心な明和町の実現に向け、情熱を持ってまちづくりを推進するものでございます。
 町の町政方針であります「対話」「信頼」「行動」により、開かれた行政、町民一人一人が主役のまちづくりを行う平成24年度明和町一般会計の総額を44億1,400万円とし、ローマ字の「K」をキーワードとした「キラリと輝く7K」により、新年度の主な事業についてご説明申し上げます。
 最初に、第1のKは、環境整備のKでございます。現在、日本一の分別といわれる36分別収集を行っておりますが、新たに小型家電品の回収事業を始めるとともに、この収集に合わせリサイクル啓発活動を展開していきます。また、住民の皆様が安全で安心して生活できるよう、こども園、小中学校、上下水道等必要な放射線の測定を行い、情報提供を行います。
 次に、第2のKは、開発のKでございます。これまで梨ワイン、梨ゼリーなどの町の特産物に付加価値をつけ、新たな町の特産品となるような商品開発を行ってきたところでございますが、新年度も引き続き新たな商品開発を行い、就農支援、観光資源として活用できるよう開発事業を推進していきます。
 第3のKは、川俣駅周辺事業の整備のKでございます。川俣駅周辺整備事業では、自由通路及び橋上駅舎の詳細設計を行うとともに、駅周辺整備に係る用地の買収を予定しております。
 次に、第4のKは、企業誘致のKでございます。現在造成中の明和第三工業団地に凸版印刷株式会社が進出することになり、去る3月2日進出協定締結式が行われ、造成分すべての15.4ヘクタールを買い受けしていただくことになりました。新工場は、パッケージ部門に係る世界ナンバーワンの基幹施設となる見込みで、町にとっても雇用、財政面のみならず、交流人口の増加により地域活性化に大きく寄与するものと期待されております。
 第5のKは、健康のKでございます。私たちが生活する上で本当に必要なものである健康をプレゼントするという方針から、生活習慣病予防健診や各種がん検診などの健診事業や子宮頸がんワクチン、ヒブワクチンなど各種予防接種事業の充実を図るとともに、健康的な日常生活を末長く送るために、歯周病疾患予防教室や血管いきいき講座など健康指導事業を積極的に実施していきます。
 第6のKは、子どもへの投資のKでございます。「子育てするなら群馬県」というキャッチフレーズがございます。群馬県の中でも明和町、子育てするならやっぱり明和町を目指し、事業を展開してまいります。子どもを授かることを望む方の不妊治療費の助成事業、また妊娠中の方にはメルママメールの配信や妊婦健診助成事業、子育て支援では出産祝金、チャイルドシート購入費補助、幼児学級や子育て支援センターの開設、待機児童ゼロのこども園運営事業、放課後子ども教室や学童保育所事業、子どものインフルエンザ予防接種助成事業など、年齢各層に合わせた事業を実施いたします。
 最後に、第7のKは、絆、協働のまちづくりのKでございます。町は、東日本大震災被災地へ職員を派遣し、被災地の復興に向け、できる限りの協力を行います。国内交流事業では、友好交流提携を結んでおります三重県明和町へのスポーツ少年団派遣事業の実施、町内においてはボランティアによる協働のまちづくりを推進するマイタウン支援センターの継続、また区長会が県の補助金を受けて実施する地域活動総参加促進事業など、絆を深める事業を積極的に展開いたします。
 以上、平成24年度は明和町のキャッチフレーズ、「キラリと輝く7K」を掲げて邁進するところでございます。
 その他新規事業では、農業委員会委員選挙、利根加用水土地改良区総代選挙、農業体質強化基盤整備事業等を実施し、既存事業においても町道の整備、用排水路の整備、都市基盤の整備や生活環境の整備、健康の増進、福祉の向上、教育文化の向上、産業の振興、行政基盤の強化など積極的に取り組む平成24年度総額44億1,400万円の性質別構成割合は、人件費19.8%、扶助費9.9%、公債費7.5%、普通建設事業費17.6%となりました。
 次に、歳入予算でございますが、過去の実績や今後の見通しを十分把握し、見込める歳入を計上いたしました。最初に、町の主要財源である町税は、前年度比1.3%減の16億8,128万円を見込み、歳入全体の38.1%となりました。地方交付税においては、普通交付税3億7,000万円、特別交付税4,000万円を見込み、合わせて4億1,000万円は歳入の9.3%となっております。また、歳入の7.7%を占める繰入金は3億4,005万9,000円を見込み、財政調整基金より3億2,823万6,000円を計上いたしました。うち1億円は、今後の川俣駅周辺整備や都市計画道路の建設資金として、公共施設建設基金への積みかえを含んでおります。町債につきましても、交付税の財源不足を補うために発行する臨時財政対策債5億6,670万円、これは平成23年度実績見込額に対して1億4,914万6,000円、35.7%の増となりました。これは、財源不足額に対する地方交付税と臨時財政対策債の発行比率が、平成24年度より過去5年の財政力指数の平均値を使用するに変更されたことに伴う増加でございます。その他川俣駅周辺地域整備事業に関する土木債9,320万円を合わせて6億5,990万円を計上し、歳入の15.0%を占めております。
 厳しい経済環境の中、自主財源を全体の53.6%確保いたしましたが、財源不足が生じたため財政調整基金の取り崩しを行いながら、対前年度比2,300万円、0.5%減の予算編成を行ったところでございます。
 以上が一般会計でございます。
 次に、後期高齢者医療特別会計は予算総額9,500万円、前年度に比べ11.8%の増となっております。歳出の97.2%は、後期高齢者医療広域連合への納付金となっております。歳入につきましては、法令の定めるところにより、後期高齢者からの保険料66.8%、一般会計からの繰入金33.1%となっております。
 次に、国民健康保険特別会計は予算総額12億4,600万円、前年度に比べ3.4%の増加となっております。この予算は、過去の実績、医療費の動向などを考慮し、算定をいたしました。
 歳出の64.0%を占める保険給付費は、前年度に比べ2.8%の増加、13.2%を占める後期高齢者支援金等は9.6%の増加となっております。
 歳入は、やはり法令の定めるところにより、国保税、国庫支出金、交付金及び県支出金等をそれぞれの負担割合により算出いたしました。
 次に、介護保険特別会計は予算総額8億2,000万円、前年度に比べ1.7%の増加となっております。前年度に比べ、保険給付費が伸びたことによる増加でございます。歳出の93.6%を占める保険給付費は、過去の実績、介護の動向などを考慮し、算定をいたしました。
 歳入においては、後期高齢者医療特会、国保特会と同様に法令の定めるところにより、保険料、国庫支出金、支払基金、県支出金等を、それぞれの負担割合により算出いたしました。
 次に、下水道事業特別会計は予算総額4億9,300万円、前年度に比べ0.6%の減少となっております。歳出の52.7%を占める下水道建設費は、田島、南大島、矢島、大佐貫地区の下水道管渠整備事業でございます。
 歳入においては、下水道整備に関する国庫支出金、町債、一般会計からの繰入金及び下水道事業受益者負担金、使用料等を見込んでおります。
 次に、水道事業会計は、まず収益的収支は、収入2億3,000万円、支出2億3,000万円でございます。また、資本的収支は、収入5,200万円、支出1億3,400万円を予定いたしました。支出総額は3億6,400万円となり、前年度に比べ6.5%の増となりました。主な事業といたしまして、石綿セメント管更新事業、下水道工事に伴う配水管の布設がえ工事を行います。
 歳入において不足する財源は、損益勘定留保資金、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんするところでございます。
 これら5つの特別会計等予算の総額は30億1,800万円、前年度比2.9%の増となります。一般会計と特別会計を合わせますと、町の総予算額74億3,200万円、前年度に比較して0.8%の増となる予算となります。また、各会計とも事項別明細書を始めとする附属資料も添付してございますので、十分ご検討いただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) 以上で、町政執行方針並びに議案第26号から議案第31号までの提案理由の説明を終わります。
 なお、議案第26号から議案第31号までの以上6件に対する全体審議は、会期日程表にありますように3月9日及び12日の2日間行います。
 また、質疑、討論、採決については、議案別に後日の本会議で行います。

休会について

議長(関根愼市君) お諮りいたします。
 3月9日、12日の2日間は平成24年度予算の全体審議とし、10日、11日の2日間及び13日から15日までの3日間は議案調査のため休会、そして16日に本会議を再開したいと思います。これにご異議ございませんか。

                          [「なし」と言う人あり]

議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、そのように決定いたしました。

散会の宣告

議長(関根愼市君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 平成24年度予算全体審議は3月9日、12日は、いずれも午前9時より開会いたしますので、ご参集をお願いいたします。
 本日はこれをもって散会といたします。
 大変ご苦労さまでした。

                          散 会  (午後 2時18分)