平成25年第1回明和町議会定例会会議録

            平成25年第1回明和町議会定例会

議事日程(第1号)
                           平成25年3月7日(木)午前9時開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                             
日程第 2 会期の決定                                  
日程第 3 委員会調査結果報告                              
日程第 4 議案第 1号 固定資産評価審査委員会委員の選任について            
日程第 5 議案第 2号 公平委員会委員の選任について                  
日程第 6 議案第 3号 教育委員会委員の任命について                  
日程第 7 議案第 4号 教育委員会委員の任命について                  
日程第 8 議案第 5号 教育委員会委員の任命について                  
日程第 9 議案第 6号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度明和町一般会計補
             正予算(第5号))                        
日程第10 議案第 7号 明和町行政財産使用料条例の制定について             
日程第11 議案第 8号 明和町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について      
日程第12 議案第 9号 明和町水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準に関す
             る条例の制定について                      
日程第13 議案第10号 明和町企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化
             に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定に
             ついて                             
日程第14 議案第11号 明和町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定について     
日程第15 議案第12号 明和町町道に設ける道路標識の寸法に関する条例の制定について   
日程第16 議案第13号 明和町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条
             例の制定について                        
日程第17 議案第14号 明和町準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条
             例の制定について                        
日程第18 議案第15号 明和町町営住宅等整備基準条例の制定について           
日程第19 議案第16号 明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について       
日程第20 議案第17号 明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について     
日程第21 議案第18号 明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について
日程第22 議案第19号 明和町税条例の一部改正について                 
日程第23 議案第20号 明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例及び明和町福
             祉医療費の支給に関する条例の一部改正について          
日程第24 議案第21号 明和町小口資金融資促進条例の一部改正について          
日程第25 議案第22号 町道路線の認定について                     
日程第26 議案第23号 平成24年度明和町一般会計補正予算(第6号)          
日程第27 議案第24号 平成24年度明和町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   
日程第28 議案第25号 平成24年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)    
日程第29 議案第26号 平成24年度明和町介護保険特別会計補正予算(第4号)      
日程第30 議案第27号 平成24年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第2号)     
日程第31 議案第28号 平成25年度明和町一般会計予算                 
日程第32 議案第29号 平成25年度明和町後期高齢者医療特別会計予算          
日程第33 議案第30号 平成25年度明和町国民健康保険特別会計予算           
日程第34 議案第31号 平成25年度明和町介護保険特別会計予算             
日程第35 議案第32号 平成25年度明和町下水道事業特別会計予算            
日程第36 議案第33号 平成25年度明和町水道事業会計予算               

本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり

出席議員(12名)
   1番   栗  原  孝  夫  君    2番   斎  藤  一  夫  君
   3番   奥  澤  貞  雄  君    4番   冨  塚  基  輔  君
   5番   薗  田     繁  君    6番   野  本  健  治  君
   7番   田  口  晴  美  君    8番   今  成     隆  君
   9番   川  島  吉  男  君   10番   堀  口  正  敏  君
  11番   岡  安  敏  雄  君   12番   関  根  愼  市  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
        町     長      恩  田     久  君
        副  町  長      矢  島  修  一  君
        教  育  長      鑓  田  範  雄  君
        総  務 課 長      橋  本  貴  好  君
        企 画 財政課長      吉  永  清  重  君
        税  務 課 長      小  林  雄  司  君
        住 民 福祉課長      谷  津  弘  江  君
        健康づくり課長      落  合  康  秀  君
        環 境 水道課長      高  橋  伸  吉  君
        経 済 建設課長      篠  木  眞 一 郎  君
        都 市 計画課長      大  谷  克  良  君
        会 計 管 理 者      原  口     享  君
        学 校 教育課長      始  澤     稔  君
        生 涯 学習課長      奈  良  英  雄  君

職務のため出席した者の職氏名
        議 会 事務局長      田  口  久  夫
        書     記      堀  口  香  里

          開 会  (午前 9時00分)
    開会の宣告
議長(関根愼市君) 皆さん、おはようございます。開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
 本日ここに、平成25年第1回明和町議会定例会が招集されましたところ、議員各位におかれましては、公私ともにご多忙のところご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 さて、今定例会は、7つのKをキーワードとした重点施策と大型プロジェクトを含んだ平成25年度一般会計当初予算を始め各種特別会計予算、人事案件や条例の制定、また一部改正、各種会計の補正予算など多くの議案が予定をされております。会期が長期間にわたりますので、議員を始め執行部の皆様方におかれましては、議事運営に特段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶といたします。
 ただいままでの出席議員は12名全員でございます。よって、定足数に達しておりますので、明和町告示第5号をもって招集されました平成25年第1回明和町議会定例会は成立をいたしました。

    開議の宣告
議長(関根愼市君) ただいまより平成25年第1回明和町議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。

    諸般の報告
議長(関根愼市君) 日程に入る前に、諸般の報告を申し上げます。
 まず、今定例会における提出議案の報告でございますが、お手元に配付してありますとおり、町長より議案33件の送付がありました。
 次に、地方自治法第121条の規定に基づく町長及び教育委員長から通知のありました議事説明員は、一覧表にしてお手元に配付してあるとおりでございます。
 次に、監査委員から例月出納検査の結果報告及び契約事務監査報告並びに教育委員長から明和町教育委員会事務事業点検評価報告書の提出がありましたので、それぞれ写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願いたいと思います。
 以上で諸般の報告を終わります。

    会議録署名議員の指名
議長(関根愼市君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定に基づきまして、
     8番  今 成   隆 君
     9番  川 島 吉 男 君
を指名いたします。

    会期の決定
議長(関根愼市君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りをいたします。今定例会の会期は、本日から3月15日までの9日間にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、会期は本日から15日までの9日間に決定をいたしました。

    委員会調査結果報告
議長(関根愼市君) 日程第3、各常任委員会における所管事務調査結果の報告を委員長に求めます。
 最初に、総務・産業常任委員長の報告を求めます。
 1番、栗原孝夫君。
          [1番(栗原孝夫君)登壇]
1番(栗原孝夫君) 1番、栗原孝夫です。総務・産業常任委員会調査結果報告いたします。
 それでは、総務・産業常任委員会の所管に係る事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 本委員会は、昨年11月27日午前9時から委員5名及び議長並びに所管課長、会計管理者、事務局長の出席を求め、事務調査を議題として委員会を開催いたしました。
 調査項目につきましては、各所管課等における平成24年度事業の進捗状況並びに平成25年度の事業概要、特に事業概要については前年度との違いをポイントに、担当課長、会計管理者に説明を求めました。また、議会事務局長から平成24年度の事業実施状況及び平成25年度予算の概算要求額及び期別の事業概要の説明を受け、了承しました。なお、所管各課等の平成24年度事業の進捗状況並びに平成25年度の事業概要については、事務調査時に配付いたしました資料のとおりでございます。各課ともにおおむね良好な進捗状況であります。
 それでは、各課別に24年度の主な事業から、その調査結果の概要を特徴的なものについて報告させていただきます。
 都市計画課関係では、川俣駅周辺地域整備に関連した事業を主として、鉄道敷地内の用地測量や東口駅前広場に接続する道路の詳細設計、また用地取得交渉を進めながら、自由通路や橋上駅舎の実施設計を進める予定となっています。住宅関連事業では、特に耐震改修補助等に対し、実績がありませんでした。公園管理や公園整備事業では、所定の維持管理を進めながら、第三工業団地内公園予定地の芝張りによるのり面整備や廃河川敷整備での浸食防止埋め立てを、また大輪公園には館林商工高校生徒の製作した休憩施設の設置が行われています。
 総務課関係では、特に人事関係で被災地の東松島市に対し2名の職員派遣が行われていることや、広報広聴事業ではメール配信登録者が昨年より97件増、交通安全対策では各期の交通安全運動に加え、死亡事故多発の知事声明発令に伴う事業が行われております。消防関係では、火災により損害額が4,200万円余りと増加し、また救急出動は減っているものの、ドクターヘリを要請する事例が続いている状況や、地域防災計画の見直しに伴う防災会議も行われました。
 企画財政課関係では、各種事業が多岐にわたり展開されているところです。隔年実施となっている地区別懇談会では、14行政区で実施、645名が参加、なお「町長と語ろう」は未開催でした。情報化推進事業ではパソコン30台の更新が、ボランティア推進事業では現在、登録者が個人73人、団体5団体となっています。マイタウン支援センターが中心となり、情報の発信が行われているところです。
 次に、財政状況ですが、特に地方債現債額が、見込みですが48億円強となっていますが、調査時に配付いたしました資料をご参照いただきたいと思います。
 税務課関係では、町税全体の収入について各税目とも堅実に当初予算を全体で9,400万円上回る税収の確保が予定されております。また、滞納額の圧縮についても町税と国保税合わせて1億円を超える滞納額や時効年度を過ぎている滞納があることは気になるところですが、納め忘れなどの防止のための電話催告や滞納処分など積極的な徴収努力がうかがわれました。
 経済建設課関係では、農業振興、商工振興、観光事業、道路整備など非常に幅広い分野で事業展開されているところですが、特に農業振興では高齢化や耕作放棄地などの農業の諸課題を解決すべく、人・農地プランの策定業務着手、また第6次産業化の取り組みとして官民一体で開発を行った「梨の雫めいわ」の試験販売、また特産物を各種媒体を活用しての広報活動など。
 次に、農業の基盤整備事業としては、畦畔撤去を行い、集積増加を図った簡易圃場整備、商工振興では町発展の起爆剤となる進出企業の新工場建設の起工、観光事業では従来の梨ワインの販売に加え、梨ゼリーの商品化・販売と、また道路整備では新しい整備方針の中で道路改良が取り組まれている状況です。なお、これ以外にも数多くの事業が行われておりますので、調査時に配付いたしました資料をご参照いただきたいと思います。
 出納関係では、事務分掌規定に基づき支払、歳入管理などを行われていました。なお、平成24年10月末現在、財政調整基金、減債基金、公共施設建設基金など11の基金合計額37億3,759万円で、2億2,717万円の増加となっています。また、定期預金、普通預金など歳計現金等預金の合計額は6億6,081万円という状況となっています。
 続いて、平成25年度の主な事業概要について、前年度との違いをポイントに申し上げます。
 まず、都市計画課関係では、引き続き川俣駅周辺地域整備事業を中心に事業が展開されるところですが、用地買収の契約、調印等を進めながら、平成27年度完成を目指しています。また、現行の都市計画マスタープランが中間年次を迎え、かつ新総合計画との調整、見直しを行うための準備作業に入ります。その関連の質疑の中で、委員から各事業の町に対する経済効果等を検討する場はあるのかといった意見交換もありました。次に、廃河川敷整備事業は、現行では浸食防止の最低限の投資にて整備を進めることとしています。
 総務課関係では、従来からの事業をさらに充実することに加え、新規に参議院議員選挙や明和町長選挙が予定されていることや、予算要求として考えているJ―ALERTシステムの情報をあるサーバーを通してメール配信登録者に情報を流すことを検討しています。
 企画財政課関係では、ほぼ従来と同様な事業となっていますが、特に地域間交流事業は物産交流を産業祭の中で検討し、また現行の総合計画が平成26年度で終了となるため、第6次総合計画の策定着手が予定されているところです。特に質疑の中で委員から事業展開の中でその後に何が残ったのか効果を検証する必要性について意見や提案がありました。
 税務課関係では、景気の影響から引き続き町税収入見込みが、前年度の決算見込みを考慮しながらも全体で約3,400万円程度の減少での見込みとなっています。また、新規には、平成27年度固定資産税評価替えの関連業務、鑑定評価業務などが予定されているところです。なお、徴収対策については、県下でも上位の収納率となっていますが、引き続き徴収対策の強化に努めていただきたく感じるところです。
 経済建設課関係では、前年に引き続いての事業を充実する予定となっていますが、新たに町営住宅須加団地、上江黒団地の耐震診断を行います。なお、質疑の中で委員から、道路整備に係わる住民の要望を反映した予算確保の流れや、農道に対する担当課としての予算枠の要求姿勢に関した質疑が交わされました。
 出納関係では、事務分掌に基づく現金、物品並びに有価証券の出納及び保管、現金及び財産の記録管理などが行われます。
 以上、雑駁な概要報告となりますが、以上のとおりです。
 なお、12月6日には、国道122号線バイパス工事に係わる西小や消防団詰所の買収用地の現状や第三工業団地公園用地内のり面の芝張り工事、町道60号線工事の進捗状況の現地調査を行い、その現状を改めて認識しました。また、この現地調査に合わせ、進出企業の新工場建設の工事概要の説明もいただきました。
 以上、これをもちまして総務・産業常任委員会における所管事務調査の報告とさせていただきます。
議長(関根愼市君) 次に、文教・厚生常任委員長の報告を求めます。
 10番、堀口正敏君。
          [10番(堀口正敏君)登壇]
10番(堀口正敏君) 10番、堀口でございます。文教・厚生常任委員会の所管に係る事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 本委員会は、昨年11月29日午前9時から委員全員及び議長並びに所管課長、事務局長の出席を求め、事務調査を議題として委員会を開催いたしました。
 調査項目につきましては、所管課における平成24年度事業の進捗状況並びに平成25年度の事業概要について、担当課長に説明を求めました。また、議会事務局長から平成24年度の事業実施状況並びに平成25年度予算の概算要求額、期別の事業概要の説明を受け、了承いたしました。所管各課の平成24年度事業の進捗状況並びに平成25年度の事業概要については、調査の時に配付しました資料のとおりでございます。各課ともおおむね良好な進捗状況であります。
 それでは、各課の報告をさせていただきますが、初めに24年度主な事業についてご報告申し上げます。
 まず、生涯学習課関係では、社会教育、文化振興、スポーツ振興などのさらなる推進のために、各種学級・講座の開催、文化・スポーツ団体の育成、青少年対策、そして中央公民館、社会体育館、ふるさと産業文化館、海洋センターの運営のほか、これら施設でのイベントが各委員会の中で検討され、開催されています。各種事業が展開される中で、競泳の内田美希選手のオリンピック出場は町民の励みとなり、さらなる生涯学習の振興に大きな期待を寄せるところでございます。施設整備では、ふるさと産業文化館の舞台音響施設の改修工事や利根川総合運動場用の芝刈り機の購入等が行われています。
 次に、住民福祉課関係です。まず、人口と世帯ですが、前年同期に比べ人口は微減、世帯は微増でした。証明書の交付枚数は1日平均32件の交付状況となっています。このほか児童虐待防止啓蒙用のラッピングバスの運行、出産祝金支給事業、敬老事業等など各種の福祉事業が行われております。例年に準じた進捗状況を確認することができました。詳細につきましては、調査時配付の資料をご参照ください。なお、質疑の中で、委員から保育園送迎バスの児童虐待防止啓蒙用ラッピングが効果的ではといったような意見がありました。
 健康づくり課関係では、保健衛生事業では、母子保健、成人保健、介護予防、感染症予防、結核予防と各種の健診、また予防事業が多方面にわたり実施されています。特に介護予防事業の中で、1次予防としての各種教室に680人余の参加が健康に対する関心の高さを示すもので、さらなる拡充に期待をしています。また、感染症予防では、不活性化ワクチンが年度途中に導入されました。
 次に、医療費ですが、福祉医療費では医療費が増加傾向、後期高齢者医療では医療給付費の件数が前年同期では微増に対し、給付費では1,245万円の増額となっています。一方、国民健康保険では、支給件数が875件増加していますが、給付費は356万円の減額、介護保険特別会計では認定者数が微増に対し、保険給付費で284万円の減といった状況でした。なお、国民年金の自主納付率は63%で、前年度よりも3.5ポイント悪くなり、引き続き気になるところであります。
 環境水道課関係では、環境衛生、公害対策、廃棄物処理対策と環境保全に関した数多くの事業が行われています。数量等結果については、調査時の配付資料をご参照ください。また、ごみ処理施設の広域化ですが、計画に基づき生活環境影響調査や最終処分場へのアクセス道路の用地測量が行われています。なお、施設の用地取得については、交渉を重ねている状況です。
 次に、下水道事業では、田島、矢島地区にて管渠築造工事が年度内完成を目指し進められ、上水道事業では石綿管の布設替工事や量水機交換のための準備が進められている状況となっています。
 学校教育課関係では、教育委員会定例会の開催、また新たに教育の大切さを考える日として11月1日を「教育の日」と定め、事業を展開されました。教育振興では、少人数授業の実施や小中学校においてALTによる英語活動、また不登校生徒は6名で、対応につきましては保護者との連絡を密にしながら、いろいろな角度から対応されています。こども園は現在16学級、335人の園児数で、形態に沿った保育時間にて運営され、また就学前の子どもと親を対象に子育て支援事業など保育、教育の充実が図られています。給食センターでは、地元産の食材の活用を全体の15%として、1日約1,300食を超える安全で安心なバランスのとれた給食が提供されているところです。給食費の納め遅れが若干見受けられますが、関係者の徴収努力に期待するところです。
 次に、平成25年度の主な事業について、特に前年との違いについて申し上げます。
 生涯学習課関係では、従来からの事業に加え、新たに「町の文化財と歴史」の第4次改訂版を町制20周年に向けて発行の検討や、子育て支援「キッズルーム」の内容充実、また町制15周年記念事業としてNHK公開番組の招聘、図書館視聴覚機器の更新、町民体育祭の3年に1度の見直しが計画されています。また、質疑の中で委員から、放課後子ども教室の運営一元化や3種類のカレンダーを作成しているので、人権啓発カレンダー作成は不要で、お金をかけない啓発を検討するなどの要望意見がありました。
 住民福祉課関係では、初めに第三者請求の住民票交付にかかわる登録型本人通知制度の実施を予定するとともに、隔年実施となっている社会福祉大会の開催、出産祝金支給事業の新要綱での実施が新たな取り組みとなります。これ以外に、例年同様な事業が予定されているところです。
 健康づくり課関係では、従来の事業についてさらなる充実を図りながら推進をしています。加えて重複受診者への受診抑制勧奨を行い、医療費縮減を目指します。また、計画に基づき介護サービスの基盤整備として認知症対応型共同生活介護の整備を推進します。これに関連して委員から、今後の介護保険料の値上がりを心配する声が聞かれました。
 環境水道課関係では、快適な生活環境を保持するために、今までの各種事業がさらに推進されています。なお、ごみ処理施設広域化では、25年度において用地買収を予定し、平成29年度の供用開始を目指します。
 次に、下水道事業では、管渠築造工事を補助事業として約1.5キロメートル、単独事業として約1.2キロメートルを予定、水道事業では引き続き石綿管から塩ビ管などへの布設替えの工事として延長約1.3キロメートルが予定されています。また、3市5町の水道事業の広域化については、引き続き基本計画や事業計画を策定する業務が行われ、協議会設置のための準備が進められています。なお、これに関連し、委員から現有施設の課題や企業団設置までの進捗、また県水の今後の取り扱いを心配した意見交換が行われました。
 学校教育課関係では、教育総務費では子ども議会の充実や「教育の日」前後1カ月を教育月間とすること、子ども・子育て支援関連3法の施行準備ということで計画策定に向けたニーズの調査を行います。施設整備では、西小の道路拡幅工事に伴う校庭の改修工事が予定されております。こども園の入園申し込み状況は、現在336名と昨年より6名増の状況です。また、新たに英語保育支援助手の配置が予定されています。
 次に、給食センターでは、蒸気回転釜3基の修繕が要望されているところです。なお、引き続き予定されている各種事業について、配付資料をご確認ください。
 以上です。なお、12月6日には、所管の下水道の工事状況確認、もったいない館の運営状況、川俣地内歩道橋の工事計画概要、公共施設の用途変更の現状の4カ所の現地調査を行いました。また、この現地調査に合わせ、進出企業の新工場建設の工事概要の説明をいただきました。
 以上、文教・厚生常任委員会における所管事務調査の報告とさせていただきます。

    議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) これより日程に従いまして、議案審議に入るわけでありますが、発言については、質疑の回数は同一議員につき、同一議題については3回以内といたします。
 これより審議に入ります。
 日程第4、議案第1号「固定資産評価審査委員会委員の選任について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第1号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてご説明申し上げます。
 本案は、明和町固定資産評価審査委員会委員の市村正男さんが平成25年3月31日をもって任期満了となるため、後任に小野知宥さんを選任したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 小野さんは、平成14年9月に東武鉄道株式会社を定年退職の後、平成21年から南大島区の副区長として、また平成22年から2年間区長として地域並びに町の自治振興に大いに寄与されました。また、人格、識見ともにすぐれ、経験も豊かであり、中立的な立場での適正な視点、また温厚で指導力にたけており、固定資産評価審査委員会委員として適任であると考えております。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第1号「固定資産評価審査委員会委員の選任について」を採決いたします。本案は原案のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第1号は原案のとおり、これに同意することに決定をいたしました。

    議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第5、議案第2号「公平委員会委員の選任について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第2号 公平委員会委員の選任についてご説明申し上げます。
 本案は、明和町公平委員会委員の飯島茂雄さんが平成25年4月30日をもって任期満了になるため、再び飯島茂雄さんを選任したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 飯島さんは、平成21年5月1日に本町の公平委員会委員に選任されてから今日まで1期4年にわたり職務に精励され、固定資産の評価に関しても卓越した識見を持ち、温厚で指導力もあり、委員として適任と考えております。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第2号「公平委員会委員の選任について」を採決いたします。本案は原案のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第2号は原案のとおり、これに同意することに決定をいたしました。

    議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第6、議案第3号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第3号 教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。
 本案は、竹内弘明教育委員が、来る平成25年3月31日をもって任期満了となるため、再び竹内弘明さんを教育委員に任命したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 竹内さんは、昭和38年、正田醤油に入社し、昭和56年には同社取締役生産部長に就任、昭和60年には同社傘下の正田食品株式会社の社長を兼務しながら、平成2年には常務取締役に就任され、平成17年まで会社経営の中枢としてご活躍をされました。平成17年4月1日から教育委員に任命されてからの8年間、教育委員として町の教育行政に豊富な経験に裏打ちされた新たな考えを随所に生かす功績を残されました。平成19年10月1日から教育委員長に推挙され、町教育委員会発展のためにさらにご尽力をいただきました。教育委員対象の研修会にも積極的に参加され、教育行政の知識を深めております。
 当人は、温厚篤実にして、指導力もあり、豊富な経験を生かせる人材であり、創造性豊かな経験を踏まえ、適任と考えております。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第3号「教育委員会委員の任命について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第3号は原案のとおり、これに同意することに決定をいたしました。

    議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第7、議案第4号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第4号 教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。
 本案は、鈴木恵教育委員が、来る平成25年3月31日をもって任期満了となるため、再び鈴木恵さんを教育委員に任命したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 鈴木さんは、昭和63年に聖徳学園短期大学を卒業の後、株式会社日立製作所営業本部に入社、5年間勤めた後、結婚のため退社しておられます。その後、明和西小学校のPTA会長や放課後子ども教室の安全管理員及びコーディネーターも歴任され、子どもたちの成長に貢献されております。平成20年4月1日施行の地方教育行政の組織及び運営に関する法律で、教育委員への保護者の選任の義務があり、保護者代表として平成21年4月1日、教育委員に任命されてから4年間、子どもを教育している保護者の意向を教育行政に反映させるという目的を達成するためにご尽力をいただいております。
 当人は、温厚篤実にして、指導力もあり、教育に対して常に前向きに取り組める誠実な方でございます。どうか全会一致の賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第4号「教育委員会委員の任命について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第4号は原案のとおり、これに同意することに決定をいたしました。

    議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第8、議案第5号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第5号 教育委員会委員の任命についてをご説明申し上げます。
 本案は、島田ミサ江教育委員が、来る平成25年3月31日をもって任期満了となるため、後任に野村正人さんを教育委員に任命したいので、議会の同意を賜りたくご提案申し上げる次第でございます。
 野村さんは、昭和50年に獨協大学を卒業後、昭和52年に館林市立多々良中学校に教諭として赴任以来、36年間にわたって義務教育小学校の教諭、教頭、校長及び教育委員会の指導主事などとして教育一筋に奮闘努力し、その実績は卓越であります。この間、明和東小校長、明和西小校長を含め小中学校で16年間、明和町教育委員会に12年と通算28年間とその大半を明和町の教育に注いでいただき、本年3月、板倉町立西小学校を最後として退職されております。
 常に教育の本質を見据え、使命感と情熱を持って多くの学校課題の解決に努め、学校教育の充実、振興に貢献し、地域や保護者からも深く信頼される模範的な教育者でございます。当人は温厚篤実にして、指導力もあり、教育に対して常に前向きに取り組める誠実な方でございます。どうか全会一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第5号「教育委員会委員の任命について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第5号は原案のとおり、これに同意することに決定をいたしました。

    議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第9、議案第6号「専決処分の承認を求めることについて(平成24年度明和町一般会計補正予算(第5号))」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第6号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度明和町一般会計補正予算(第5号))についてご説明申し上げます。
 本案は、平成24年度明和町一般会計補正予算(第5号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成25年2月1日付をもって専決処分いたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告申し上げるとともに、ご承認をお願いするものでございます。
 補正予算の内容及び内訳を申し上げますと、明和中学校で水道水の漏水事故が発生したため、給水管の改修工事を早急に実施する必要があり、生徒の学校生活、授業等への支障を最小限とするため、春休み期間を工期とすることから所要の経費を専決処分いたしましたので、ご報告申し上げるとともに、ご承認をお願いしようとするものでございます。
 内訳でございますが、8ページ、歳出明細書のとおり、10款3項1目学校管理費として808万7,000円を追加しようとするものでございます。なお、財源は7ページの歳入明細書のとおり、18款1項1目の前年度繰越金を充当した次第でございます。
 次に、4ページ、繰越明許費でございます。中学校学校管理運営費は漏水による緊急対応の改修工事で、学年末休業日から学年始休業日の期間を要することから、年度内完了が不可能となるため、繰越明許するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第6号「専決処分の承認を求めることについて(平成24年度明和町一般会計補正予算(第5号))」を採決いたします。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第6号は原案のとおり承認することに決定をいたしました。

    議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第10、議案第7号「明和町行政財産使用料条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第7号 明和町行政財産使用料条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地方自治法に基づき行政財産の使用について徴収する使用料に関し、必要な事項を定めるものでございます。行政財産は、その用途または目的を妨げない限度において、その使用を許可することができることにより、使用許可した場合は、条例に基づき使用料を徴収することができます。本町では、これまで行政財産の使用料に関する条例が制定されていない中で使用料を徴収してまいりましたが、根拠を明確にして徴収できるようにするため、条例を制定するものでございます。現在、使用料を徴収しているものは、役場など公共施設に設置された自動販売機及び公衆電話でございます。これらの使用料については、売上額及び使用度数に応じた額を徴収することができます。
 それでは、条例(案)の内容について申し上げます。
 第1条では条例の趣旨を、第2条では使用料の徴収を、第3条では使用料の年額の基準を、第4条では使用料の額を、第5条では使用料の納付方法を、第6条では使用料の減免を、第7条では委任をそれぞれ明記し、全7条の条文から構成しようとするものでございます。
 なお、附則においては、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。また、経過措置としまして、この条例施行の際、現に使用許可を受けている者については、なお従前の例によるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第7号「明和町行政財産使用料条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第7号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第11、議案第8号「明和町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について」を議題といたします。
 書記から朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第8号 明和町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定についてご説明申し上げます。
 本案は、新型インフルエンザ等対策特別措置法が平成24年5月11日に制定され、法の施行に伴い、新型インフルエンザ等緊急事態宣言がなされた場合、町は直ちに対策本部を設置しなければならないことから、対策本部に関し必要な事項を定めた条例の制定を行うものでございます。
 条例の内容を申し上げますと、第1条では条例の制定の趣旨を、第2条では対策本部の組織を、第3条では会議の招集を、第4条では部の設置を、第5条では細部について規則等で定める事項を定めた次第でございます。
 なお、附則において、この条例の施行期日を新型インフルエンザ等対策特別措置法の施行の日または本条例の公布の日いずれか遅い日から施行するものと定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対して質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第8号「明和町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第8号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第12、議案第9号「明和町水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第9号 明和町水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定についてご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法の施行に伴い、水道法の改正による布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準について本条例を制定し、これを定めるものでございます。
 十分ご審議を賜りましてご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。
          [11番(岡安敏雄君)登壇]
11番(岡安敏雄君) 11番、岡安でございます。2つばかり質問というか、内容について確認をしたいのですけれども、まず第2条で、監督業務を行うべき水道の布設工事はということで、(1)、(2)とあります。町としてこれに該当するような事業があるのかどうかということと、第3条で資格者の件が書いてあります。大学土木工学科、あるいは衛生工学、水道工学に関する学科目を修めて卒業した後、2年以上水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者を充てるということになっています。これらの技術者が町の職員の中にいるのか、あるいは今後どういう形でこういう資格者を養成しようとしているのかお伺いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 環境水道課長、高橋伸吉君。
          [環境水道課長(高橋伸吉君)登壇]
環境水道課長(高橋伸吉君) ただいまの質問に担当課のほうから説明申し上げたいと思います。
 まず、条例の第2条の関係で、そのような施設があるのかというようなことでございますが、今後、そういう施設の事業が場合によると起きるというようなこともございます。その場合に、第3条とも関連するのですが、そういう資格を持った者が職員の中にいるのかというようなことになると思うのですけれども、第3条のほうの関係につきましては、これは委託も可能であるというようなことでございますので、そういう事案が生じた場合には、そういうところへ委託するというようなことで布設工事監督者を充てるというようなことになると思いますが。
11番(岡安敏雄君) 現在は職員の中にはそういう人たちはいない。
環境水道課長(高橋伸吉君) はい、そうでございます。
議長(関根愼市君) よろしいですか。
11番(岡安敏雄君) はい。
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第9号「明和町水道事業の布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第9号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第13、議案第10号「明和町企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第10号 明和町企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、群馬県企業立地促進法基本計画の見直しにより、町内の矢島、大輪工業専用地域、明和工業団地、明和第二工業団地及び明和第三工業団地が新たに重点促進区域として同意される見込みとなりましたので、企業立地促進法に基づく工場立地法の特例を活用し、緑地面積率及び環境施設面積率の緩和を図るものでございます。具体的には、工場立地法において敷地面積9,000平方メートル以上または建築面積3,000平方メートル以上の工場立地などに関して、緑地面積20%以上、緑地を含めた環境施設面積率25%以上が義務づけられており、製造業等が引き続き厳しい操業環境に置かれていることを踏まえ、町内企業の負担軽減を図るため、重点促進区域に限り緑地面積率10%以上、環境施設面積率を15%以上にそれぞれ緩和し、企業誘致のインセンティブを確保するとともに、同時に既存企業の設備投資を促進させるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第10号「明和町企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第10号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開の時刻を10時20分といたします。
          休 憩  (午前10時07分)

          再 開  (午前10時20分)
議長(関根愼市君) 休憩前に引き続きまして会議を開きます。

    議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第14、議案第11号「明和町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第11号 明和町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法による道路法の一部改正に伴い、町道の構造の技術的基準を定める必要があるため、本条例を制定しようとするものでございます。また、本条例により新たに定める基準は、国が推奨する参酌基準を参照とした基準といたしました。
 条例の内容については、第1条から第2条までは条例の趣旨及び用語の説明を、第3条では道路区分の説明を、第4条以降では車道や歩道等における設計基準や技術的基準を定めた次第でございます。
 なお、附則において、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第11号「明和町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第11号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第15、議案第12号「明和町町道に設ける道路標識の寸法に関する条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第12号 明和町町道に設ける道路標識の寸法に関する条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法による道路法の一部改正に伴い、町道に設ける道路標識の寸法に関する基準を定める必要があるため、本条例を制定しようとするものでございます。また、本条例により新たに定める基準は、国が推奨する参酌基準を参照した基準といたしました。
 条例の内容については、第1条及び第2条では条例の趣旨及び道路標識の種類及び番号を、第3条及び第4条では案内標識の寸法を、第5条では警戒標識の寸法を、第6条では補助標識の寸法を定めた次第でございます。
 なお、附則において、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第12号「明和町町道に設ける道路標識の寸法に関する条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第12号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第16、議案第13号「明和町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第13号 明和町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を定めるための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法による高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部改正に伴い、歩道などのバリアフリー化に関する構造基準を定める必要があるため、国の基準を参酌し、本条例を制定しようとするものでございます。
 条例の内容につきましては、第1条及び第2条では条例の趣旨及び用語の定義を、第3条から第11条では歩道等の構造を、第12条から第17条では立体横断歩道の構造を、第18条及び第19条では乗合自動車停留所の構造を、第20条から第30条では自動車駐車場の構造を、第31条から第35条ではその他必要な施設の設置に関する基準をそれぞれ定めてございます。
 なお、附則において、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第13号「明和町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第13号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第17、議案第14号「明和町準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第14号 明和町準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法の公布に伴い、河川法第100条第1項が改正され、明和町が管理する準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める必要があるため、国の政令、河川管理施設等構造令を参酌して、準用河川の現況と将来の整備を考慮した基準を定める本条例を制定するものでございます。
 条例の内容につきましては、第1条及び第2条では総則としての条例の趣旨及び定義を、第3条から第16条では堤防の構造、材質、高さ、幅、勾配についてを、第17条から第20条では床止めの構造等についてを、第21条から第28条では堰の構造、高さ等についてを、第29条から第36条では水門及び樋門の構造、高さ等についてを、第37条から第40条では揚水機場及び排水機場の構造等についてを、第41条から第46条では橋の構造、橋台、桁下高、護岸等についてを、第47条から第51条では伏せ越しの構造、深さ等についてを、第52条から第54条では雑則として適用除外及び特例の項目についてをそれぞれ定めてございます。
 なお、附則において、施行日を平成25年4月1日とするとともに、経過措置を定めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第14号「明和町準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第14号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第18、議案第15号「明和町町営住宅等整備基準条例の制定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第15号 明和町町営住宅等整備基準条例の制定についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権改革一括法の公布に伴い、明和町が設置する町営住宅等の形状、設置条件に関し、公営住宅法の目的である健康で文化的な生活を営むに足りる住宅を整備するために必要な敷地の安全性や住宅の基準を定め、本条例を制定するものでございます。また、本条例により新たに定める基準は、国が推奨する参酌基準を十分に参照し、町外住宅等の現況と将来の整備を考慮した基準といたしました。
 条例の内容につきましては、第1条及び第2条では条例の趣旨及び用語の定義を、第3条から第7条では町営住宅等の整備方針を、第8条以降では住棟、共同施設などの設置基準についてそれぞれ定めてございます。
 なお、附則において、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。
          [2番(斎藤一夫君)登壇]
2番(斎藤一夫君) 2番、斎藤でございます。
 今、議題となっております明和町町営住宅等整備基本条例の中におきまして、第10条の3項、この中に居室内における化学物質の発散による衛生上の支障の防止を図るための措置を講ずるとあるのですが、これが具体的にどのようなものを示しているのか、ちょっと勉強不足でわかりませんので、お教えいただければと思います。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、篠木眞一郎君。
          [経済建設課長(篠木眞一郎君)登壇]
経済建設課長(篠木眞一郎君) それでは、斎藤議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。
 住宅の基準等におきます第9条、住宅の基準等におきます町営住宅の床、外壁開口部等における遮音性の確保を適切に図るための措置ということでございますが、最近、一般に言われておりますホルムアルデヒド等の化学剤に対する措置等もここに含まれるのかなというようなことで理解しております。
 以上です。
2番(斎藤一夫君) 強制換気というか、室内の自然発生するホルムアルデヒド等をということで解釈してよろしいですか。
経済建設課長(篠木眞一郎君) そういうふうに私ども解釈しておりますので。
          [「10条……」「答弁内容は合っているので、大丈夫です」と言う人
            あり]
経済建設課長(篠木眞一郎君) 第10条で、済みません。申しわけありません。
議長(関根愼市君) 11番、岡安敏雄君。
          [11番(岡安敏雄君)登壇]
11番(岡安敏雄君) 条文に関してではないのですけれども、第8条のところでいろんな住環境を確保するという中で、通風やなんかということも書いてある。この3年間ですか、町営住宅2棟を建てましたけれども、住んでいる方の意見を伺いますと、南から北へ抜ける通風をするための環境が整っていないと。いわゆる出入り口をあける以外に通風がないのだと。本来であれば北側に何らかの形で窓をつけるとかなんかして、南から入る風を北へ向かせるというようなことが配慮されるべきものが、現状の住宅では出入り口を開放するしかないというような中でプライバシーが保護されないというような問題もあるということで指摘をされておりますので、今後何らかの対策を立てるのは難しいと思うのですけれども、新たな住宅建設やなんかをする際には参考にしていただきたい。
 それから、各階にあります北側の通路、雨やなんかが吹き込んで、その通路に水がたまってしまって十分排水できるような状況になっていない、こうした点を改善してほしいという声などを聞いておりますので、今後ご配慮をお願いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 11番、岡安敏雄君、要望でよろしいですか。
11番(岡安敏雄君) はい。
議長(関根愼市君) ほかに質疑のある方。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第15号「明和町町営住宅等整備基準条例の制定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第15号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第19、議案第16号「明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第16号 明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成25年3月31日をもって終了するため、私の方針及び町の財政状況をかんがみ、引き続き私の任期である平成25年7月22日まで従来どおりの減額措置をお願いするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案いたします。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第16号「明和町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第16号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第20、議案第17号「明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第17号 明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成25年3月31日をもって終了するため、近隣自治体及び町長給与との均衡並びに町の財政状況をかんがみ、引き続きこの特例を平成26年3月31日に改めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第17号「明和町副町長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第17号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第21、議案第18号「明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第18号 明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、本条例の特例期間が平成25年3月31日をもって終了するため、副町長同様、近隣自治体及び町長給与との均衡並びに町の財政状況をかんがみ、引き続きこの特例を平成26年3月31日に改めるものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第18号「明和町教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第18号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程22、議案第19号「明和町税条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第19号 明和町税条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、地方税法の一部を改正する法律が去る平成24年3月31日に公布されたことに伴い、明和町税条例の一部を改正する条例を提出するものでございます。
 改正の内容は、いずれも地方税法が一部改正されたことに伴う規定の整備を行います。第36条の2第1項の町民税の申告においては、公的年金のみの受給者が寡婦(寡夫)控除を受ける場合に、申告書の提出を簡素化し、不要とする規定の整備でございます。
 また、附則第10条の2では、国が一律に定めていた地方税の特例措置を地方自治体が自主的に判断し、条例で決定できる地域決定型の地方税特例措置、通称「わがまち特例」が導入されたことによる規定の整備でございます。具体的には、平成27年3月31日までに公害防止用の下水道除外施設を設置した場合、固定資産税の課税標準額に乗ずる特例軽減割合を4分の3とするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第19号「明和町税条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第19号は原案のとおり可決することに決定をいたしました。

    議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程23、議案第20号「明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例及び明和町福祉医療費の支給に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第20号 明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例及び明和町福祉医療費の支給に関する条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律が公布され、平成25年4月1日から施行されることに伴い、関係する条例の改正及び平成26年4月1日から施行される条例もあわせて改正を行うものでございます。
 この法律により、「障害者自立支援法」の名称が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改めるため、町の条例についても関係する部分の改正を行うものでございます。
 具体的には、第1条では明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例中の「障害者自立支援法」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に名称変更するものでございます。
 第2条では、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律中の項番号が変更されたことに伴う条項の改正を行うものでございます。
 第3条では、明和町福祉医療費の支給に関する条例中の「障害者自立支援法」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に名称を変更するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご承認くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第20号「明和町地域活動支援センターの設置及び管理に関する条例及び明和町福祉医療費の支給に関する条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第20号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程24、議案第21号「明和町小口資金融資促進条例の一部改正について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第21号 明和町小口資金融資促進条例の一部改正についてをご説明申し上げます。
 本案は、小口資金に係る返済負担の軽減策として実施している融資期間の延長の特例措置について、中小企業が抱える資金繰りの不安に応えるため、群馬県の制度に準じ、平成25年度も引き続き継続させるものでございます。
 具体的には、附則第5項で平成24年度以前に融資を受けた資金を対象として、貸付期間に3年を加えた期間を限度として貸付期間を延長できるようにするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご承認くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第21号「明和町小口資金融資促進条例の一部改正について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第21号は原案のとおり可決いたしました。

    議案第22号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程25、議案第22号「町道路線の認定について」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第22号 町道路線の認定についてをご説明申し上げます。
 本案は、道路法第8条第2項の規定に基づきまして、町道路線の認定をしようとするものでございます。認定の理由は、町道2―494線について、新里地内の市街化区域内における民間開発に伴い、道路が町に寄附されたことから、道路利用者の利便性の向上を図るために、新たに道路認定をお願いするものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご承認くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第22号「町道路線の認定について」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第22号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第23号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第26、議案第23号「平成24年度明和町一般会計補正予算(第6号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第23号 平成24年度明和町一般会計補正予算(第6号)についてご説明申し上げます。
 本案は、一般会計において歳入歳出それぞれ1億6,186万5,000円を減額し、予算の総額を43億9,723万1,000円とするものでございます。
 補正の主な内容について、事項別明細書の歳出から申し上げます。
 17ページ、1款1項1目議会費12万4,000円の追加は、市町村職員共済組合負担金の増額による職員人件費で、基礎年金拠出金に係る公的負担金率変更に伴うものでございます。以下、職員人件費で市町村職員共済組合負担金の追加は同様な理由でございます。
 2款1項1目一般管理費245万8,000円の減額は、18ページ、人事事務経費及び職員研修経費を、次の2目文書広報費89万6,000円の減額は広報広聴事業を、19ページ、5目財産管理費60万円の減額は庁舎施設改修工事費を、6目企画費230万6,000円の減額は協働のまちづくり事業、元気な華の里づくり支援事業助成金を、8目交通対策費90万円の減額は広域公共バス運行事業を、9目自治振興費25万7,000円は叙勲祝賀会開催事業費をそれぞれ実質見込みにより減額いたしました。
 次に、11目財政調整基金費2億9,017万円の追加は、予算額精査による補正により基金への積み立てを行うものでございます。
 21ページ、2款4項1目選挙管理委員会費11万2,000円の追加は、衆議院解散に伴う委員会開催回数の増による報酬等の増でございます。2目選挙啓発費6万7,000円、3目農業委員会委員選挙費164万4,000円、22ページ、5目衆議院議員選挙費85万5,000円は、それぞれ事業が確定したことによる減額でございます。
 23ページ、3款1項1目社会福祉総務費のうち国民健康保険特別会計繰出金115万円の減額は、出産育児一時金の見込み件数が減少したことによるものでございます。3目老人福祉費1,144万6,000円の減額は、敬老年金、緊急通報装置借上料を、また介護給付費に係る介護保険特別会計繰出金及び広域連合への負担金に係る後期高齢者医療特別会計繰出金についてもそれぞれ減額するものでございます。
 24ページ、4目障害者福祉費646万9,000円の追加は、一般経費として平成23年度国・県負担金交付額が歳入超過となり返還金の追加を、5目医療福祉費3万7,000円は福祉医療費に係る審査委託料の追加でございます。
 25ページ、3款2項1目児童福祉総務費30万3,000円及び4目児童福祉施設費1万8,000円の追加は、平成23年度国・県負担金交付額が歳入超過となり、返還金を追加するものでございます。また、3款3項1目災害救助費528万円の減額は、東日本大震災災害見舞金の実績見込みによるものでございます。
 26ページ、4款1項2目予防費1,219万8,000円の減額は、母子保健事業では妊娠届出が予定を下回ったことによるものでございます。成人保健事業では、各種がん検診受診者が予定を下回ったこと、感染予防事業ではヒブ、小児用肺炎球菌、三種混合ワクチン等の接種者がいずれも予定を下回ったことによるものでございます。
 27ページ、4款2項1目じん芥処理費410万円の減額は、主に粗大ごみ処理処分委託料及びもったいない館用備品購入費の減によるものでございます。
 28ページ、6款1項3目農業振興費1,372万6,000円の減額は、園芸農業振興補助金等各種補助金、奨励金の実績見込みによるものでございます。5目農地費10万円の減額は、町単独土地改良事業測量設計清掃等委託料の実績見込みによるものでございます。
 29ページ、7款1項2目商工振興費45万5,000円の減額は制度融資事業及び企業立地促進事業の実績見込みにより、3目消費者行政費14万円は県作成のチラシを活用したことによる減額を、4目観光費182万円の減額は臨時職員賃金等の減によるものでございます。
 30ページ、8款2項2目道路維持費281万1,000円の減額は除草業務等委託及び橋梁長寿命化計画策定業務委託発注時の差金が発生したことによるものでございます。また、道路ストック総点検業務委託料120万円の追加は、緊急経済対策を盛り込んだ国の大型補正予算で全市町村において社会インフラの総点検を実施するため、平成24年度への前倒し事業として地域の元気臨時交付金の算定対象、充当対象となるため、実質的な町負担が軽減され、有利な条件で事業を実施することによる追加でございます。3目道路新設改良費6,895万円の減額は、町道60号線の事業区間の見直しにより、測量調査設計委託料、道路改良工事費、用地買収費の減を、また電柱移転補償として物件補償費を追加するものでございます。
 8款4項1目都市計画総務費3億9,210万3,000円の減額は木造住宅耐震改修補助事業補助金を、また川俣駅周辺地域整備事業関係では自由通路及び橋上駅舎設計に伴う協定締結時の差金を、32ページ、用地取得費及び移転等補償費は地権者交渉継続中のため用地取得及び補償契約に至らず、それぞれ減額いたしました。2目公園費390万1,000円の減額は、公園等維持管理の業務委託発注時の差金、除草作業の節減によるグリーンバンク用地管理委託料及び谷田川廃河川敷整備工事に使用できる建設発生土の土量に合わせて施工量を調整したことによるものでございます。3目公共下水道費3,441万5,000円の減額は、下水道事業特別会計の予算補正に伴い、繰出金の減によるものでございます。
 33ページ、8款5項1目住宅管理費39万3,000円の減額は町営住宅管理事業の実質見込みにより、9款1項2目非常備消防費368万3,000円及び3目消防施設費4万4,000円の減額は、館林地区消防組合負担金の減によるものでございます。
 34ページ、10款1項2目事務局費554万3,000円の減額は奨学資金貸付金を、3目学校教育指導費70万円の減額は臨時補助教員の賃金を、2項1目学校管理費9,272万3,000円及び3項1目学校管理費5,092万2,000円の追加は東・西小学校及び中学校の35カ所全てのトイレ改修工事の設計監理委託料及び工事費でございます。これは緊急経済対策を盛り込んだ国の大型補正予算により、平成24年度への前倒し事業として地域の元気臨時交付金の算定対象、充当対象となるため、実質的な町負担が軽減され、有利な条件で事業を実施するものでございます。
 4項1目こども園費794万6,000円の減額は、臨時職員の賃金及び広域入所委託料等でございます。
 36ページ、5項1目社会教育総務費41万5,000円の減額は、緊急雇用臨時職員及び放課後子ども教室運営委員の賃金を、37ページ、2目青少年育成対策費25万7,000円の減額は青少年育成推進員の報酬及び旅費を、3目公民館費292万1,000円の減額は職員人件費及び節電による光熱水費を、4目ふるさと産業文化館費1,253万5,000円は舞台音響改修工事発注時の差金が発生したことによる減額でございます。5目図書館費187万4,000円の減額は、図書館管理システム発注時の入札差金でございます。
 38ページ、6項1目体育総務費17万3,000円は町民体育祭事業の実績による減額を、2目体育施設費107万円の減額は芝刈り機発注時の差金、39ページ、3目海洋センター費66万1,000円の追加は職員人件費及び臨時職員賃金でございます。4目給食センター費57万3,000円は実績見込みによる燃料費の減額でございます。
 11款1項1目元金220万7,000円の追加及び2目利子273万9,000円の減額は、町債の借り入れにおいて当初見込んだ利率より低利で借り入れできたことにより、償還方式が元金と利子のバランスから元金の追加及び利子の減額となりました。
 続いて、歳入について申し上げます。10ページ、1款1項町民税1億1,400万円の追加は一部法人の増益による追加を、2項固定資産税3,600万円は償却資産の増加に伴う追加をそれぞれ計上いたしました。
 次に、3款1項利子割交付金から11ページ、8款1項地方特例交付金はそれぞれ決算見込み額等を算出し、補正するものでございます。
 11款1項3目農林水産業費負担金1,420万円の追加は東日本大震災に伴い東松島市への職員派遣による自治法派遣負担金の追加を、12ページ、12款1項2目教育使用料47万1,000円の減額は広域入所者の実績見込みによるものでございます。
 次に、13款1項国庫負担金から14款3項県支出金、委託金については、事業の確定または決算見込みによる算出した補助金、または委託金の補正でございます。
 15款1項2目利子及び配当金72万4,000円の追加は、預金利率の変化によるものでございます。
 15ページ、2項1目不動産売払収入2,134万5,000円の追加は、町内企業2社への町道2路線の払い下げによるものでございます。
 17款2項1目財政調整基金繰入金の減額は、補正により基金の取り崩しが必要なくなり、また2目奨学基金繰入金は貸付者が見込みより減少したことによるものでございます。
 18款1項繰越金は前年度繰越金の予算計上残額を、16ページ、19款5項4目雑入870万8,000円の追加は東北自動車道の下を通過する町道に設置されている排水ポンプ施設の管理が東日本高速道路から町に移管されることに伴い、補償金及び実績見込み額により増額するものでございます。
 20款1項1目土木債9,320万円の減額は、川俣駅周辺地域整備事業において地権者交渉が継続中であるため、用地取得及び補償契約に至らず、国からの社会資本整備総合交付金の交付対象事業費が減額されたことによるものでございます。
 以上が歳入でございます。
 次に、6ページ、繰越明許費でございます。上から道路維持管理事業は、道路ストック総点検業務と称して緊急経済対策を盛り込んだ国の大型補正予算により、全市町村において社会インフラの総点検を実施することになり、国の交付金が平成25年度全額繰り越しとなったものによるものでございます。
 道路新設改良整備事業は、町道60号線及び町道3―384号線の道路改良工事で、占用者との協議や設計修正業務、関係機関との調整に時間を要したため、繰り越しするものでございます。
 川俣駅周辺地域整備事業は、自由通路及び橋上駅舎の整備について鉄道事業者との協議に時間を要するとともに、西口周辺整備事業の用地補償については企業地内の建物撤去に時間を要し、年度内での移転が困難となり、前払金を除いた残金を繰り越しするものでございます。
 東小、西小、中学校管理運営費は、緊急経済対策を盛り込んだ国の大型補正予算により、平成24年度への前倒し事業として補正予算措置をしたもので、予算成立から年度末までの執行期間がないための全額を繰り越しするものでございます。
 これらの6つの事業については、それぞれ不測の日数が必要となり、年度内完了が不可能となったため、繰越明許をするものでございます。
 続いて、7ページ、地方債でございます。川俣駅周辺地域整備事業は、当初予算で9,320万円を限度に起債を予定しておりましたが、この事業を進める上で用地取得や移転に伴う地権者交渉が継続中のため、社会資本整備総合交付金の交付対象事業費が減額となったため、起債の限度額を減額補正するものでございます。
 十分審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。
          [2番(斎藤一夫君)登壇]
2番(斎藤一夫君) 2番、斎藤でございます。何点かお伺いしたいと思います。
 まず、25ページ、民生費、災害救助費の中におきまして、住宅災害見舞金ということで、これは東日本大震災による住宅見舞金ということで説明がありましたが、528万円減額ということで想定されていたより見舞金の申請が少なかったかと思いますが、これは申請をするに当たりまして修理完了後、その領収書等をつける等の状況があったことによるものかなと思いますが、何件ぐらい申請が出たのか、またその周知徹底がしっかりされていたのか、そこら辺の見解をお伺いしたいと思います。
 続きまして、26ページ、衛生費、1項保健衛生費の中の2目予防費、こちらにおきまして感染予防事業ということで個別予防接種業務委託料が890万円減額となっていますが、この具体的な受ける方が、対象となる方が少なかったことによるものだと思いますが、その少なくなった原因等の究明がされているのか、その点についてお伺いしたいと思います。
 その関係で、多分13ページに戻りまして歳入のほうになりますが、県の支出金におきまして子宮頸がん等予防ワクチン接種緊急促進事業補助金のほうが276万円ほど減額となっておりますが、こちらもこの予防接種業務委託料の中のところと関連するのかなと思いますが、こちらも対象者がどのぐらいいて、希望されなかった方がいることによる実質的な減額と思われますが、そこら辺の説明をお願いしたいと思います。
 続きまして、歳出に戻りまして、32ページ、2目の公園費の中におきまして2点ほどあるのですが、まずグリーンバンク用地管理委託料、こちらが60万2,000円減額ということで、先ほどの町長の説明によりますと、除草作業等が減ったことによるものかと思われますが、これは年に何回ぐらいを想定して、また今後グリーンバンクを設置するまでの間かかってくる委託料かと思われますが、そこら辺の見込み等についてお伺いしたいと思います。
 それから、その下の公園等整備工事費188万6,000円と減額となっておりますが、以前にも公園整備の関係では大輪公園地内、県有地の取得により、そこに花だか何かを植えたのを一度質問させていただきましたが、ちょっと質疑したときには咲いてなかったのですが、その後咲いていたのは私も目にはしているのですが、これ花等を植えるだけでそれ以上の整備を今後も行わないのか、その点についてお伺いしたいと思います。
 以上です。
議長(関根愼市君) 住民福祉課長、谷津弘江君。
          [住民福祉課長(谷津弘江君)登壇]
住民福祉課長(谷津弘江君) 25ページ、3款3項1目災害救助費の住宅災害見舞金528万円の減についてご説明させていただきます。
 当初300件を予定していましたが、24年度4月1日から1月31日までで26件の申請しかございませんでした。それなので、2月、3月分10件分を見越しまして264件分を減することといたしたものがこの528万円の減でございます。周知につきましては、広報、ホームページ等で周知をいたしております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまの斎藤議員さんのご質問にお答えいたします。
 まず、26ページ、感染予防事業、個別予防接種業務委託料890万円の減、これについては減った原因はというご質問だったと思います。これにつきましては、出生数が減少いたしまして、対象者が見込みよりも減りました。それと、日本脳炎のワクチン接種による死亡事例が全国的にございまして、そのために接種控えがあったのかなというふうにも考えております。
 それともう一つですけれども、不活化ポリオのワクチンの個別接種が昨年の9月から開始されましたが、3月まで見込んでおったわけでございますけれども、医師会のほうの都合により1月からはそれは行われなかったと。それと、不活化ポリオのワクチンの流通がスムーズに進んでいないために、各医療機関での個別接種もスムーズに予定どおり進んでいないと、そのようなことが重なって対象者が減ったものと思われます。
 それと、関連いたしまして13ページ、県支出金の中で14款2項3目、子宮頸がん等予防ワクチン接種緊急促進事業補助金276万円の減、これにつきましては予防注射とかたくさんの種類があるわけでございますけれども、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの実績が下回ったため、また中学生を対象とした子宮頸がんワクチンの接種も前年度の未済者の接種を見込んだわけでございますけれども、見込みほど接種がなかったために実施が減りました。そのため、この補助金はそれらの予防注射に要した費用の9割の2分の1の額が補助されるわけでございますけれども、実績が減ったために補助金、歳入のほうが減っております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 都市計画課長、大谷克良君。
          [都市計画課長(大谷克良君)登壇]
都市計画課長(大谷克良君) 続きまして、斎藤議員さんからのご質問に所管課よりお答えをいたします。
 32ページです。公園管理事業について、まずグリーンバンク用地管理委託料については、除草等維持管理、年間どの程度を考えているのかという質問についてお答えをします。予定では1年間に2回程度の除草作業ということで考えてございます。
 続きまして、公園整備事業につきましてのご質問にお答えします。まず、公園等整備工事費の減額の理由につきましては、谷田川の廃河川敷整備工事につきまして工事に使用できる建設発生土の土量に合わせて施工量を調整させていただいたため、減額補正をさせていただきます。また、ご質問の大輪公園のワイルドフラワーの整備が今年度にありましたけれども、来年度はどのような整備予定かという質問については、来年度につきましては大輪公園は整備ということではなくて、維持管理のための予算で対応していきたいと考えてございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) ご答弁ありがとうございました。
 まず、1点目の災害見舞金のほうは、あと10件程度2月、3月で予定されているということで、これなかなか財政状況等もよくならない中で、修理を行って、領収書をもらって申請するのが厳しい状況等にあって、想定されたより少ないのかなというようなぐあいに感じるところであります。
 続きまして、26ページのほうの感染予防の関係で、出生数の減が原因だということであったわけですが、これゼロ歳児のみの予防接種だけではないというふうに受けとめるわけですが、そこら辺が出生数の減によるものだという答弁ですと、ちょっと違うのかなというふうに思われるところと、それと不活化ポリオワクチンにつきましては、これちょっと何月議会だったか忘れましたが、私のほうで導入前に医師会との連携をとりまして、流通経路が確実に確保できなくなるであろうということでお話ししておいたと思いますが、1月以降、物の確保ができないということで、確保ができない以上打てないのはしようがないとは思うのですが、そこら辺の対応が適切であったのかどうか、医師会のほうの努力はしていただいたというふうには私も耳にはしておりますが、全国的に一挙にふえたことによるもので、どうしても1月以降対応できずに、今後いつごろからまた再開ができるのか、その点も想定できましたらお教えいただきたいと思います。
 それから、歳入のほうの先ほどの子宮頸がん等予防ワクチンの関係で、こちら接種対象者がなかなか接種していない部分があるということで、実に見合う歳入ということになったかと思いますが、なるべくこの予防ワクチンを受けることによって病気を防ぐことができるわけですので、そこら辺の啓発活動をさらにしていく考えはあるのかお伺いしたいと思います。
 それから、さっき32ページの公園整備事業の関係におきまして、まずグリーンバンクのほうですが、こちらのほう、先ほど大輪公園の件でお答えいただきましたワイルドフラワー等にグリーンバンクが整備されるまでの間、切りかえること等によりまして、除草作業をなくすことが可能ではないのかなと思いますが、そこら辺そのような検討はされないのか、その点についてお伺いしたいと思います。
 それと、その下の公園整備事業におきまして、実績というか、とれた残土に合わせて南大島地内の河川敷の整備事業だと思いますが、こちらが想定していたよりもちょっと遅れているのかなということで感じるところですが、あとどのぐらいの期間で整備が進む予定でいるのか、そこら辺お伺いしたいと思うのです。
 それと、大輪公園につきましては、来年、維持管理ということでやられるということですが、そうすると新たな整備ではなく、また来年度もワイルドーフラワーをやるということでよろしいのか、その点についてお伺いしたいと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまの斎藤議員さんのご質問にお答えいたします。
 まず1点目、出生が減っても対象者が減るということはないのではないかというご質問がございました。
2番(斎藤一夫君) 出生者が減っても、それだけでは理由が立たないのではないか、ゼロ歳児だけでは……
健康づくり課長(落合康秀君) それについてお答えをいたします。
 予防接種の中の子宮頸がんワクチン……失礼しました。これは中学生が対象です。ヒブワクチンですとか小児用肺炎球菌ワクチン、これは対象者が2カ月児の子からが対象になりますので、予算を策定するのが前年の秋ごろですから、その時点で出生を見込んで、それから出産されて、2カ月以降のお子さんが対象になるわけですから、やはり対象を見込んだ時点よりも対象者が減りますと実質対象者が減りますので、実施が減るというようなことがございます。
 それと2点目、ワクチンの流通ということでございますけれども、これにつきましては先ほどもちょっと答弁がうまくなかったからかもしれませんが、流通がされていないために行われていないということではなくて、各医療機関での必要数量ほど流通されていないということでありまして、例えばある医療機関では今月50件予定しているからということでワクチンを希望するわけですけれども、その50件分が確保されないで、20件だとか30件だとかそれしかワクチン入ってきません。ですから、残りの分は後回しになってしまいますと、そういうような趣旨でございました。
 それと3点目、啓発を行って、もっと実施率が高まるようにというご質問だったと思います。これにつきましては、出生届時に、来たお母さんに説明をしたり、乳幼児健診の現場でも必ず予防接種の状況を母子手帳で把握をしております。また、日本脳炎2期の接種時期になりましたら、これについては個人通知などを行っております。そのようなことは行っておりますが、斎藤議員さんご指摘のように接種率が低いという状況もございます。そのため、町では今やっているからいいのだということではなくて、さらに接種率が高まるように普及啓発を図ってまいりたいと考えております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 都市計画課長、大谷克良君。
          [都市計画課長(大谷克良君)登壇]
都市計画課長(大谷克良君) 斎藤議員さんのご質問に所管課よりお答えします。
 まず、1点目のご質問です。グリーンバンクに大輪公園で行ったワイルドフラワーを実施して、除草の維持管理の軽減ができないかというご質問についてお答えします。まず、ワイルドフラワーにつきましては、いわゆる今、大輪公園で施工させてもらいましたけれども、公園というところで町民が来て楽しむと。また、沿道の町道の歩行者の方が花を見て癒やされるという効果があるという点が考えられますけれども、グリーンバンクにつきましては明和第三工業団地の北、谷田川と挟まれたところにございまして、周辺は住宅もなく、凸版印刷が出てくるということで、そういうところにワイルドフラワーをして、人々の、町民の目が触れることがほぼないようなところでワイルドフラワーをやるということにつきましては、今のところ検討はしてございません。
 また、除草に対して経費節減が図れるかということにつきましても、やはり除草に比べますと種子の購入、材料費については、除草の手間に比べまして大分高価になりますので、経済的にも劣るかなということで、今のところグリーンバンクにワイルドフラワーをするということは考えてございません。
 2点目の谷田川の廃河川敷整備につきまして、あと何年ぐらいで整備を終わらせるかという質問についてお答えをいたします。今年度、地元と説明会を開催して事業説明等をしてございます。年末に1回、予定では今月の末にもう一回、地元に対して説明を行いまして、今後の地元の意見を取り入れて、その内容で順次整備をしていくということで考えてございます。今の予定ですと、おおむね2年から3年で整備をする予定でございます。
 最後3点目、大輪公園につきまして、来年度も含めて以降、ワイルドフラワーを行うかということについては、行う予定はございません。
 以上です。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) まず、予防接種の関係ですが、不活化ポリオワクチン、こちらのほう、先ほど課長から答弁がありましたように必要数が確保不能だということはもう想定されていた範疇で、最初の1回目の答弁におきまして1月以降何か行われていないげなお話に私受けとめていたのですが、行われていないのではなく、1月以降必要数が確保できないので、例えば50件希望があっても、そのうち10件とか20件しかできないという状況なのか、その点をも一度お教えいただければなと思います。
 それから、公園整備事業のほうにおきまして大輪公園、これ来年以降、ワイルドフラワーも行わないということであれば、現状のままワイルドフラワーの部分を、今時期が来て枯れたその状態を刈り取って終わりのままで、そうするとグリーンバンクの用地のように雑草が生えてしまうのではないかという懸念があるわけですが、何ら維持管理を行わない、ただ除草作業だけ、草が生えたら刈り取るというような対応でやっていくのか、そこら辺をお教えいただければと思います。
 それから、南大島の河川敷のところ、これ倒木対策のほうは終わっているのか、この件だけお教えいただければと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまの斎藤議員さんのご質問にお答えいたします。
 1月以降というところで、先ほどの説明わかりにくかったと思います。失礼いたしました。1月から変更になりましたのは、9月から不活化ポリオの接種が開始したわけですけれども、1月からはそれが集団から個別接種に変わったために、その変更があったということでございます。
2番(斎藤一夫君) ということは、やっているのは個別で、医院や病院でやっていただいてるということでよろしいですか。
健康づくり課長(落合康秀君) そうです。そのとおりです。9月からは集団接種で始まったわけですけれども、それが医師会のほうの判断で個別接種に変更になりました。そのやり方の違いはございますけれども、引き続いて行われております。
議長(関根愼市君) 都市計画課長、大谷克良君。
          [都市計画課長(大谷克良君)登壇]
都市計画課長(大谷克良君) 斎藤議員さんのご質問、2点の質問についてお答えをいたします。
 1点目です。大輪公園、来年度、ワイルドフラワーを行わないけれども、維持管理はどうするかというお話ですけれども、除草等含めて日常的に維持管理を大輪公園についても、ワイルドフラワーの箇所についても同様に行ってまいります。
 2点目です。谷田川廃河川敷整備工事の倒木についてはもう処置済みか否かというご質問については、平成23年度の工事で23年度に地域の方から要望の出ました木の伐採、倒木のおそれがある木の伐採については処置済みです。先ほど第2回の答弁をさせてもらいましたとおり、これの地元説明会を年末と、また今月末に開催する予定で考えております。その中でこういう木も切ってくれないかという要望が出ましたら、またそれは検討させていただいて対応していきたいということで考えておりまして、以前、地域の皆様から出ました倒木について行ったかということについては、処置済みでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。
 11番、岡安敏雄君。
          [11番(岡安敏雄君)登壇]
11番(岡安敏雄君) 11番、岡安でございます。4点ばかりお伺いします。
 ページ数で15ページです。款15財産収入、項目2の財産売払収入というのがあるわけですけれども、町道2路線の売却ということでありますが、これにつきましては何件か以前に説明を受けたことがあるわけですけれども、私ども議会に説明があった段階では、これらの候補地について不動産鑑定士などを入れた上で、そして妥当だと思われるものについて議会などに説明をしながら、この売却を進めていくというふうに私はちょっと記憶しているのですが、この間、それらについての説明もありませんでした。どういった形で不動産鑑定士などを入れて、そしてどのぐらいの単価等で、どの路線を売却契約したのか教えていただきたいというふうに思います。
 それから、繰入金のところで、ちょっと私が勉強不足で勘違いしていたのかどうかわかりませんけれども、財政調整基金の繰入金を全額削減をしているわけなのですけれども、これとの関係で19ページでは財政調整基金へ約2億円を財政調整基金元金積立金として出すという支出をとりながら、こちらの繰入金のところでは3億2,800万円ほど全額減額している。この関係については、項目や使い方が違うのかどうかちょっとわからないのですが、この辺との関係について、済みません、教えていただきたいなというふうに思います。
 それから、31ページ、川俣駅周辺地域整備事業の関係です。都市計画総務費3億8,000万円、これ繰越明許事業になるということになるわけですけれども、この多額の予算が未執行、いわゆる契約等でいろいろ成立していないということですけれども、何かこれらの事業がうまく進まない原因や何かあるのかどうかご説明をお願いしたいというふうに思います。契約率、前回の22日の全員協議会では15%とか20%ぐらいしか契約がいっていないということですけれども、これではかなり計画が遅れるのではないかと思うのですけれども、その辺の障害となっている問題等についてお願いしたいなと思います。
 ちょっと予算額のところではないのですけれども、43ページに給料及び職員手当の状況ということで一覧表が出されております。この表についてではないのですが、今、国が公務員の7.8%の国家公務員の給与削減をし、そして各県や地方自治体も減額せよと、こういうことで交付金なんかも減らすという措置をとるように動いているわけですけれども、県としては知事を始め市町村長等は減額には賛同しないと、こういう態度を打ち出しておるわけですが、現在、国が7.8%の減額をしている状況の中で、町職員とのラスパイレスの数字、どのような実態になっているのかわかりましたらお教え願いたいと思います。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、篠木眞一郎君。
          [経済建設課長(篠木眞一郎君)登壇]
経済建設課長(篠木眞一郎君) それでは、岡安議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。
 15ページにあります15款2項1目不動産売払収入の収入金額2,134万5,000円の内訳でございますが、これにつきましては不動産鑑定士によりまして得た評価額、これをもとにして売り払いのほうをさせていただきました。場所的には、1カ所が日本キャンパック、これにつきましては鑑定士による評価額が平方メートル当たり1万4,000円、これに掛ける面積ということで1,203平方メートル、これに不動産鑑定評価業務委託料、これを加えさせていただきまして1,699万4,250円ということで売り払いのほうをさせていただきました。
 もう一カ所のほうが日本基礎技術さんのほうでございますが、これにつきましては評価額のほうが1平方メートル当たり4,730円、これに面積の887.68平方メートルを掛けさせていただきまして、それに不動産鑑定士評価額15万2,250円、これを足した金額であります435万976円、これをもって売り払いということで処理のほうをさせていただきました。
 以上です。
議長(関根愼市君) 企画財政課長、吉永清重君。
          [企画財政課長(吉永清重君)登壇]
企画財政課長(吉永清重君) 岡安議員さんのご質問に担当課よりご答弁いたします。
 15ページの繰入金でございますが、財政調整基金繰入金、補正予算前の3億2,823万6,000円、この金額を全て補正減ということでございますが、これにつきましては当初財源不足等を見込んで予算を立てたわけでございますが、繰り入れをせずに対応できるということで、今回、全額を減といたしました。
 次に、19ページの11目財政調整基金費でございますが、これにつきましては24年度におきまして事業の精査等によりまして資金に余裕ができました。町税の1億5,000万円の増、また繰越金の補正等も当初を上回ってございます。財源に余裕ができたということで、財政調整基金に元金積み立てとして2億円を、また減債基金の元金積み立てとして8,944万6,000円等を今回積み立てを行ったものでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 都市計画課長、大谷克良君。
          [都市計画課長(大谷克良君)登壇]
都市計画課長(大谷克良君) 岡安議員のご質問について、担当課からお答えをいたします。
 31ページの8款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費で減額補正額が大分あるが、川俣駅進捗はどのような状況かという、また進捗が思わしくない理由は何かというご質問についてお答えをいたします。
 まず、川俣駅の事業につきましては、平成27年度完成を目標に今、事業を進捗をしてございます。事業進捗が進まないという理由についてのご説明を申し上げますと、今、事業に必要な企業地のいわゆる用地買収を行っております。用地買収をするためのまず用地買収の買収単価、またそこに建物等がある場合は、いわゆる物件補償ということが必要になっております。また、地権者の方には代替地を希望したいという方もいらっしゃいまして、それぞれの地権者が生活要件、また家族構成、また要望についても多岐にわたってございます。その中を現在調整をしてございます都合上、用地取得につきましてもまだ進捗が大分低い状況でございます。ただ、今年度契約を締結しまして、企業地ということで取得した土地がございます。また、まだ今年度はわずかな一歩でございますけれども、引き続き来年度も鋭意事業を進捗するために事業進捗率を上げるよう事業を邁進してまいりたいと考えております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 総務課長、橋本貴好君。
          [総務課長(橋本貴好君)登壇]
総務課長(橋本貴好君) 岡安議員さんのご質問につきまして答弁させていただきます。
 国家公務員の7.8%給与費削減、これにつきましては総務省から各自治体宛てに、国と同様に地方公務員も協力していただきたいという旨の通知は来てございます。現状では議員さんご承知のとおり、全国町村会あるいは群馬県知事等におきましても一律地方にそれを押しつけるのはちょっと納得できないということで、現状ではまだ動いていないというところが大半でございます。この件につきましては、総務省からも今年の7月までにはその姿勢を示していただきたいということを言われておりますので、今後、県の町村会あるいは群馬県の動き等も参考にしながら対応をしていくということになると思います。
 それと、ご指摘のラスパイレス指数の件でございます。今、手元にきちっとした資料がございませんが、これを適用する前については明和町は94.何がしだと思います。仮にこの7.8%をやらなかった場合については、101.何がしだというふうにちょっと記憶してございます。正確な数字につきましては、お許しがいただければ後刻報告をさせていただきたいというふうに思います。
議長(関根愼市君) 岡安敏雄議員、よろしいですか。
11番(岡安敏雄君) はい。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。
 8番、今成隆君。
          [8番(今成 隆君)登壇]
8番(今成 隆君) 8番、今成でございます。斎藤議員、岡安議員と重複する点がありますけれども、執行部の方には答弁をいただきたいと思います。
 まず、25ページになります。住宅災害見舞金ということで、先ほど谷津課長のほうから説明をいただいたわけですけれども、当初、町のほうで、災害全部ではないと思いますけれども、被害状況を把握した件数等がある程度あると思います。その中で申請件数が今どの程度来ているのかというのがもし把握できるようであれば説明をいただきたいと思います。
 15ページになります。不動産売払収入、篠木課長のほうから平方メートル単価等を説明をいただいたわけですけれども、今後、事業者、そして個人の方が明和の町有地を買いたいと、資産を買いたいということ等が発生した場合に、町長としてはどのように考えていくのかお答えいただきたいと思います。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 今、今成議員さんから、そういう町民からの要望があったらどうするかというご質問ですけれども、それについては町の財産でございますので、本当にそれが町にとって要らないものかどうか、町民にとって必要なものか、その辺よく精査してから判断したいと思います。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 住民福祉課長、谷津弘江君。
          [住民福祉課長(谷津弘江君)登壇]
住民福祉課長(谷津弘江君) ただいまの今成議員さんのご質問に所管課よりお答えをさせていただきます。
 正しい数字は把握していないのですが、当初500件ほどの災害を確認いたしました。今、住民福祉課に申請が出ているのが200件ちょっとの申請でございます。それはもう支出済みというような件数でございます。正しい数字は後ほどご報告させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 8番、今成隆君。
8番(今成 隆君) ありがとうございました。町長のほうにもう一度お伺いしたい、要望的な部分もあるのですが、町資産を売却ということで、町で必要か必要でないかと、それが一番大事なことかなというふうに思いますけれども、地域の方のよく意見を聞いていただいて判断していっていただければと、そういうふうに思います。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。
 10番、堀口正敏君。
          [10番(堀口正敏君)登壇]
10番(堀口正敏君) 10番、堀口でございます。先ほどの岡安議員、それから今成議員と重複するところでございますけれども、1点だけお伺いしたいと思います。
 15ページの15款1目の不動産売払収入でございます。先ほど篠木課長のほうから答弁がありましたが、これのいわゆる不動産鑑定士にお願いして1平方メートル当たりを算出したということですが、町の評価額というのですか、日本キャンパック1平方メートルで、例えば宅地で評価すれば幾らなのか、それから日本基礎技術につきましては、これ雑種地かそんなふうに説明がありましたが、これにつきましては雑種地で幾ら、あるいはこの周辺の宅地で幾らかわかれば教えていただきたいと思います。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、篠木眞一郎君。
          [経済建設課長(篠木眞一郎君)登壇]
経済建設課長(篠木眞一郎君) それでは、堀口議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。
 一応、税の関係で課税標準額にしますとどのぐらいになるかということで計算のほうをさせていただきました。周辺の状況等を見ながら、課税標準額でどのぐらいになるかということでご理解いただければと思います。
 まず、日本キャンパックでございますが、同じ地籍について課税標準額で申しますと……済みません。全体の金額ということではじいたわけなのですが、まず課税標準額のほうでいきますと3億9,038万8,226円、これは日本キャンパックの全体の面積に対する課税標準額ということで出させていただきました。それに対して単価で計算していきますと、評価額で計算しますと1万3,200円というふうになりました。日本基礎技術のほうにつきましては、評価額でいいますと1平方メートル当たり4,551円、このような数字の中で、今回、鑑定額を採用させていただいたということでございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 10番、堀口正敏君。
10番(堀口正敏君) 今、課税標準額で算定させていただいたというようなことですが、多分評価額と課税標準というのは違うのではないかと思います。評価額について、やはりこちらは知りたいわけなのです。というのは、課税する場合は、いわゆる軽減されています、評価額というのは。ですから、実際の評価額を知りたいわけです。あとは、ここは仮に宅地であれば幾らだったかということで、多分資料は手元にないと思いますので、後でわかった時点で報告すればいいのかなと思っておりますが。
議長(関根愼市君) 経済建設課長、篠木眞一郎君。
          [経済建設課長(篠木眞一郎君)登壇]
経済建設課長(篠木眞一郎君) 堀口議員さんのご質問にお答えさせていただきます。
 先ほどは大変失礼しました。課税標準額ということで単価を申し上げたわけですが、評価額ということで一応町のほうとしても出してみました。日本キャンパックにつきましては、評価額で1万3,200円、日本基礎技術のところにつきましては評価額で1平方メートル当たり4,551円。先ほどはどうも失礼いたしました。
議長(関根愼市君) 10番、堀口正敏君。
10番(堀口正敏君) 多分日本基礎技術については雑種地かそのような価格で評価したのかなと思いますので、仮に宅地でこの周辺で幾らするのか、後でそれだけを聞かせいただければいいかなと思いますので、よろしくお願いします。
議長(関根愼市君) ほかにございますか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) それでは、暫時休憩をいたします。
 午後に答弁をいただいて、その後に採決をいたします。再開の時刻を13時といたします。
          休 憩  (午後 0時15分)

          再 開  (午後 1時00分)
議長(関根愼市君) 休憩前に引き続きまして会議を開きます。
 午前中質疑が寄せられた3名の課長からそれぞれ答弁をいただきます。
 最初に、住民福祉課長、谷津弘江君。
          [住民福祉課長(谷津弘江君)登壇]
住民福祉課長(谷津弘江君) 今成議員さんの午前中に対する質問に対し、お答えを申し上げたいと思います。
 25ページ、3款3項1目災害救助費、住宅災害見舞金の23年度からの合計件数ということですが、合計の件数は220件でございます。24年度4月1日から昨日までの件数が26件ということで、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 続きまして、総務課長、橋本貴好君。
          [総務課長(橋本貴好君)登壇]
総務課長(橋本貴好君) それでは、午前中の岡安議員さんのご質問にお答えをさせていただきます。
 ラスパイレス指数の状況についてということだったと思います。確認いたしましたところ、24年4月1日現在ということで、従来どおりで計算しますと95.0でございます。これを国の国家公務員の時限的な特例措置を勘案した場合については102.9でございます。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 続きまして、経済建設課長、篠木眞一郎君。
          [経済建設課長(篠木眞一郎君)登壇]
経済建設課長(篠木眞一郎君) それでは、午前中ご質問がありました堀口議員さんの財産収入におきます不動産売払収入の売払単価についてご説明させていただきたいと思います。その中の日本基礎技術でございますが、地目につきましては、今現在が日本基礎技術株式会社の資材置き場については雑種地ということになっております。今回利用させていただいたのが、評価額で言いますと平方メートル当たり4,551円、鑑定額でありますと4,730円、これを比較しまして鑑定額の4,730円を利用させていただきました。
 ただ、先ほど堀口議員さんのご質問にありました近傍宅地の参考評価額、これについてということでございますが、これは近傍の宅地にしますと1万4,400円になります。ただ、今回、日本基礎技術に払い下げをいたしました町道におきましては、日本基礎技術の資材置き場の中を通っていく町道でございます。そうしますと、日本基礎技術の評価額を今回参考にさせていただきまして、その金額が4,551円、鑑定額が4,730円ということで鑑定額のほうを利用させていただきました。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第23号「平成24年度明和町一般会計補正予算(第6号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第23号は原案のとおり可決いたしました。

    議案第24号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第27、議案第24号「平成24年度明和町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第24号 平成24年度明和町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてをご説明申し上げます。
 本案は、後期高齢者医療特別会計の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ133万3,000円を減額し、予算の総額を9,505万8,000円とするものでございます。補正の内容を7ページの歳出から申し上げます。
 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金133万3,000円の減額は、保険料のうち軽減分を補填する保険基盤安定負担金分の減及び広域連合への事務費負担金が決定したことにより減額するものでございます。
 歳出に見合う歳入は6ページ、3款1項において一般会計繰入金を133万3,000円減額し、対応するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第24号「平成24年度明和町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第24号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第28、議案第25号「平成24年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第25号 平成24年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明を申し上げます。
 本案は、国民健康保険特別会計の総額から歳入歳出それぞれ643万5,000円を減額し、予算の総額を13億2,604万1,000円とするものでございます。補正の内容を8ページの歳出から申し上げます。
 1款1項1目一般管理費では、負担金率の変更により市町村職員共済組合負担金14万5,000円の追加を、また高齢受給者証の再交付等の費用として一般経費17万円の追加を、2款2項1目一般被保険者高額療養費は高額医療費共同事業交付金が増額になったことによる財源振替を、9ページ、3項1目出産育児一時金は出産件数が見込みを下回ったことにより210万円の減額を、7款共同事業拠出金は今年度の動向から群馬県国民健康保険団体連合会の拠出金が決定され、過不足が見込まれることから追加減額を行うものでございます。1目高額医療費共同事業拠出金120万円追加を、2目保険財政共同安定化事業拠出金305万8,000円減額となります。
 10ページ、8款1項1目特定健康診査等事業費280万円減額は、特定健診の受診件数が見込みを下回ったことにより、及び特定保健指導を直営により実施したことによる減額を、11款1項3目一般被保険者償還金8,000円の追加は、前年度実績精算に伴う群馬県への返還金でございます。
 歳出に見合う歳入は6ページ、3款1項2目高額医療費共同事業負担金、6款1項1目高額医療費共同事業費負担金はそれぞれ実績に基づき30万円の追加を、7款共同事業交付金は1目高額医療費共同事業交付金376万7,000円の追加を、2目保険財政共同安定化事業交付金17万9,000円は今年度の動向から交付金の増加が見込まれるための追加を、7ページ、9款1項1目一般会計繰入金は出産育児一時金繰入金140万円の減額を、財政安定化支援事業繰入金10万5,000円、職員給与費等繰入金14万5,000円はそれぞれ国保加入者の高齢者の割合が算定されたこと及び共済組合費の率が変更になったことにより追加を、2項1目国民健康保険基金繰入金は歳入歳出の状況から国民健康保険基金からの繰入金が不要と見込まれる999万9,000円の減額を、11款4項5目雑入は高齢者受給者証の再発行に要する経費の補助金16万8,000円を追加するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。
          [2番(斎藤一夫君)登壇]
2番(斎藤一夫君) 2番、斎藤でございます。国民健康保険特別会計につきまして何点かお伺いしたいと思います。
 まず1点目といたしまして、9ページ、保険給付費出産育児諸費、1目の出産育児一時金ということで210万円の減額となっているわけですが、これ当初の人数と補正後の人数をお教えください。
 それから、10ページ、1目の特定健康診査等事業費ということで280万円減額ということで、先ほど町長からの趣旨説明の中におきまして受診者が想定よりも少なかったということで説明があったわけですが、その少なかった、受診を受けられる対象となる方が何名ほどいて、受けられた方がどの程度なのか、またその受けられなかった方はなぜ受けなかったのか、理由等わかりましたらお教えいただきたいと思います。
 それから、直接この補正予算には関係のない話となってしまいますが、先般、安倍総理とオバマ大統領によるTPP参加問題につきまして話し合いが行われた中で、報道等によって農業問題だけではなく、その裏に見え隠れする保険の問題、このあたりが最近マスコミで非常に話題となっております。ご存じのように、日本の場合には国民皆保険制度ということで、どなたでも保険医療を受けられるようなシステムとなっていますが、TPPに参加することにより、その皆保険制度が崩れるおそれがあるということで報道されたりしております。町長はTPPに対する参加に賛成の立場なのか、それとも反対の立場なのか、そこら辺お聞かせいただきたいと思います。
議長(関根愼市君) 斎藤議員に申し上げます。
 TPPの関係は、この補正予算の議案の中に入っておりませんので、その答弁を求めないことにします。
2番(斎藤一夫君) ということであれば、では本予算のほうで質疑させていただきますので。保険会計ですので、保険会計に基づく皆保険制度の質疑ですので、補正でうまくないようであれば、本予算のほうにおいて同じ質問をさせていただきます。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) それでは、斎藤議員さんのただいまのご質問にお答えさせていただきます。
 まず最初のご質問、2款3項1目出産育児一時金、これの減額の関係のご質問でございます。こちらにつきましては、当初予算では15件を見込んでおりましたが、今年度の実績見込みといたしまして10件でございますので、5件分、210万円を減額させていただく予定です。
 それと、次のご質問の8款1項1目特定健康診査等事業費、こちらのほうが280万円の減額となっております。これの対象は何人いて、何人受けたのか、また受けなかった理由はというご質問であったと思います。これにつきましては、特定健診ということで検査項目がたくさんございますので、一概に何人というのがなかなか出しにくいのですが、集団検診として見込んでおりましたものが1,450人、それと個別方式のほうで見込んでおりましたのが150人ということですから、合わせて1,600人見込みました。それに対して実績でございますけれども、申しわけございません。金額は実績として出ているのですけれども、実施した対象者が人数が、今、申しわけございません。資料持ち合わせておりませんので、調べてご回答させていただきたいと思います。
 それと、受けなかった理由はということでございますけれども、これにつきましては調査はしておりませんが、よく健診を受けなかった理由として言われているのが、自分は大丈夫だとか、あるいはもし制限にひっかかったら怖いですとか、そういったことがあるというふうに一般的には言われております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) 受診人数がわからないということで後でご答弁いただくわけですが、受診しなかった理由として自分は大丈夫だという過信によるもの、あるいはひっかかったら怖いという、それは確かにあるかなと思いますが、そのほかに曜日や時間等がどうしても都合つかないとかそのような理由の方というのはどの程度いらっしゃるのか、もしわかりましたらお教えいただければと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまのご質問にお答えいたします。
 曜日、時間など健診のいわゆる日時などが原因で受けられないという課題につきましては、特に調査してございません。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) ほかにございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第25号「平成24年度明和町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第25号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第26号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第29、議案第26号「平成24年度明和町介護保険特別会計補正予算(第4号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第26号 平成24年度明和町介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。
 本案は、介護保険特別会計の総額から歳入歳出それぞれ3,447万6,000円を減額し、予算の総額を8億2,633万9,000円とするものでございます。補正の内容を10ページの歳出から申し上げます。
 1款1項1目一般管理費では、職員の人事異動等による職員人件費379万2,000円の減額を、3項1目認定調査等費81万2,000円減額は主治医等意見書作成手数料、訪問調査委託料の実績に基づき補正をしようとするものでございます。
 11ページの2款保険給付費は、実績と見込みに基づき追加減額を行うものでございます。
 1項介護サービス等諸費では、1目居宅介護サービス給付費941万3,000円を減額、3目地域密着型介護サービス給付費597万9,000円を減額、5目施設介護サービス給付費1,302万1,000円を減額、7目居宅介護福祉用具購入費53万3,000円を減額、8目居宅介護住宅改修費は17万6,000円の増額とするものでございます。
 12ページ、2項介護予防サービス等諸費では、1目介護予防サービス給付費368万8,000円増額、3目地域密着型介護予防サービス給付費50万2,000円減額を、6目介護予防住宅改修費は60万円減額し、そして13ページ、3項1目審査支払手数料は介護給付費の請求件数が当初よりも多く見込まれるため10万4,000円の追加を、5項1目高額医療合算介護サービス費では未申請者への勧奨通知の発送などにより33万円の増額を、14ページ、4款1項1目介護予防事業費では個別健診と生活機能評価同時実施委託料の減による二次予防事業対象者把握業務委託料84万8,000円減額を、一次予防事業の介護予防事業委託料は外部委託方式から直営方式に変えたことによる60万円の減額でございます。
 2項1目一般管理費では、嘱託職員の1名減により267万4,000円の報酬等の減額を行うものでございます。
 続いて、6ページからの歳入について申し上げます。2款国庫支出金においては、歳出に見合う歳入として減額いたします。1項1目介護給付費負担金449万7,000円減額を、2項1目調整交付金96万4,000円減額、2目地域支援事業交付金(介護予防事業)36万1,000円減額、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)105万5,000円をそれぞれの法定の交付割合に基づき減額いたします。
 7ページ、3款1項支払基金交付金では、1目介護給付費交付金752万2,000円、2目地域支援事業支援交付金41万8,000円をそれぞれ減額し、4款県支出金では1項1目介護給付費負担金386万8,000円減額、3項1目地域支援事業交付金(介護予防事業)18万円、8ページ、2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)52万7,000円をそれぞれ法定の交付割合に基づき減額するものでございます。
 6款1項一般会計繰入金では、歳出補正、保険給付費及び地域支援事業費の減額補正に見合う歳入として法定の負担割合に基づき853万円を減額するものでございます。
 9ページ、6款2項1目介護保険基金繰入金655万4,000円の減額は、歳出の介護給付費等の減額により介護保険基金からの繰り入れが不要となり減額するものでございます。
 十分ご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 2番、斎藤一夫君。
          [2番(斎藤一夫君)登壇]
2番(斎藤一夫君) 2番、斎藤でございます。1点ばかり、勉強不足でわからないのか、私が勘違いしているのかわかりませんが、ちょっと疑問に思うところがありましたので、質問させていただきます。
 13ページ、保険給付費のその他諸費、1目の審査支払手数料、こちら実績に基づいて、先ほどの町長の説明によりますと人数がふえたことによる10万4,000円の増加ということでご説明いただいたのですが、それに対しまして10ページの歳出で総務費の中の介護認定審査会費の1目認定調査等費ということで、こちらのほうが認定に要する費用だと思うのですが、これが主治医等意見書作成手数料及び訪問調査委託料、合わせまして81万2,000円の減額となっているのですけれども、これは先ほどの審査支払手数料で介護保険を使われる方がふえたことによる増加だと思うのですが、それに対して認定を受ける方が減額ということで減っているということで、そこら辺がちょっと関連性がいま一つよくわからないので、ご説明いただきたいと思います。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまの斎藤議員さんのご質問にお答えいたします。
 まず1点目が、2款3項1目介護給付費請求書審査支払手数料10万4,000円の追加でございます。これにつきましては、介護給付費請求書審査支払手数料ということで633件、それの12カ月分ということで、当初69万9,000円を見込んでいたわけでございますが、過去10カ月の動向により不足が見込まれるため、今回、10万4,000円を追加しようとするものでございます。
 その次のご質問、1款3項1目認定調査等費で81万2,000円の減額、こちらの81万2,000円の内訳といたしまして主治医等意見書作成委託料44万2,000円の減、それと訪問調査委託料37万円の減、合わせて81万2,000円の減でございますが、こちらはまず主治医等意見書作成手数料でございますけれども、要介護認定を受ける場合、主治医意見書が必要となってまいりますので、それを作成する必要があります。意見書の作成費用は公費負担となりますので、町のほうから支出をしております。意見書の作成が見込みほど多くなかったと、そのための減となっております。その次、訪問調査委託料37万円の減、こちらは要介護認定を受ける場合は、先ほどの主治医意見書と、それと訪問調査票、それが必要となります。新規と変更申請は町で訪問調査を行うことになりますが、更新申請の場合は件数が多いために町のみでは賄い切れませんので、居宅介護支援事業所、そこと委託契約を行って、1件当たり3,500円で委託をしております。
 以上でございます。
議長(関根愼市君) 2番、斎藤一夫君。
2番(斎藤一夫君) ご答弁ありがとうございました。ちょっと質問の仕方が、私も内容がよくわからないということで質問して、今ご答弁いただいた内容としてはある程度私も理解しているところだったのですが、13ページのほうはレセプトの関係の支払手数料ということで、こちら人数がふえているにもかかわらず、その主治医の意見書作成料、こちらと、あとケアマネジャーが多分訪問されて、調査票をつくることになるかと思うのですが、こちら新規と変更の人数は減ったけれども、既存の方がふえたことによって13ページの審査支払手数料が上がったことなのかどうかというのが私知りたかったのですが、これが関連するのではないかなというふうに理解したのですけれども、片方がふえていて片方が減っているので、ちょっとそこら辺が理解できなかったので、その部分を、項目の内容は当然のことながらわかっている話ですので、そこら辺が関連性が理解できなかったというか、ちょっと勉強不足でわからなかったのでお教えいただければと思うのですが。
議長(関根愼市君) 健康づくり課長、落合康秀君。
          [健康づくり課長(落合康秀君)登壇]
健康づくり課長(落合康秀君) ただいまのご質問、1問目と2問目のそれぞれの支出の関連性ということでございました。これにつきましては、詳細を調査して報告をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
議長(関根愼市君) 斎藤議員に確認します。後でよろしいですか。
2番(斎藤一夫君) はい。
議長(関根愼市君) 趣旨は。
2番(斎藤一夫君) 趣旨は今言ったとおりのことなので、後で課長から答弁していただいて結構です。
議長(関根愼市君) わかりました。
 ほかにございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第26号「平成24年度明和町介護保険特別会計補正予算(第4号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第26号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(関根愼市君) 日程第30、議案第27号「平成24年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第27号 平成24年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 本案は、下水道事業特別会計の予算の総額から歳入歳出それぞれ8,861万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を4億380万2,000円とするものでございます。
 補正の主な内容を9ページの歳出から申し上げます。1款1項2目の下水道事業建設費において、入札制度改革の影響や入札差金の発生等により、管渠整備事業8,800万円を減額するものでございます。
 この補正に伴う歳入は、6ページにございます。1款1項1目の受益者負担金429万3,000円の増額は、随時加入受益者の増加によるものでございます。
 3款1項1目の下水道事業国庫補助金3,990万円を減額を、7ページの5款1項1目一般会計繰入金3,441万5,000円減額を、8ページの8款1項1目下水道事業債2,660万円の減額については歳出予算の下水道建設費の減額に伴うものでございます。
 十分ご審議をいただきましてご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 討論を終結いたします。
 これより議案第27号「平成24年度明和町下水道事業特別会計補正予算(第2号)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(関根愼市君) 起立全員であります。
 よって、議案第27号は原案のとおり可決をいたしました。

    議案第28号〜議案第33号の上程、説明
議長(関根愼市君) お諮りをいたします。
 日程第31、議案第28号「平成25年度明和町一般会計予算」から日程第36、議案第33号「平成25年度明和町水道事業会計予算」まで、以上の6件は関連性がありますので、この際一括議題にいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、日程第31、議案第28号から日程第36、議案第33号までの以上6件を一括議題とすることに決定をいたしました。
 これより議案第28号から議案第33号までの以上6件を一括議題といたします。
 書記から議案の朗読をいたさせます。
          [書記朗読]
議長(関根愼市君) 町長から町政執行方針のため、発言を求められておりますので、これを許します。あわせて、提出議案に対する提案理由の説明を求めます。
 町長、恩田久君。
          [町長(恩田 久君)登壇]
町長(恩田 久君) 議案第28号から議案第33号、平成25年度明和町一般会計、各特別会計予算についてをご説明申し上げます。
 ただいま一括上程されました議案第28号から議案第33号は、平成25年度の明和町一般会計、後期高齢者医療特別会計、国民健康保険特別会計、介護保険特別会計、下水道事業特別会計及び水道事業会計の6つの予算でございます。
 明和町の平成25年度予算の編成は、前提として、国の経済見通し及び予算編成方針、それに伴う各種の制度改正等、国の予算編成のための諸条件を指針として予算の作成を行いました。国より示された平成25年度の地方財政では、地方が自由に使える財源として、地方交付税と臨時財政対策債を合わせた実質的な地方交付税を総額23兆2,756億円といたしました。また、地方財政対策に示された地方税収入は、平成24年度に比べ1.1%増収が見込まれ、歳入合計では0.1%の増収が見込まれております。しかしながら、社会保障関係費の自然増や公債費が高い水準で推移することから、財源不足が生じるものと見込まれております。
 さて、明和町の新年度予算は、第5次総合計画を踏まえながら、なお一層の町民生活の向上と、誰もが住み続けたい快適で活力ある、災害に強い安全で安心なまちづくり推進のため、町政方針である「対話」「信頼」「行動」を基本方針として、「開かれた行政」「町民一人一人が主役のまちづくり」を目指し、また予算の重点化、効率化を図り、無駄の削減に徹底的に取り組み、予算の執行により最大の効果が出るよう予算編成を行いました。
 それでは、新年度の主な事業についてご説明申し上げます。
 平成25年度明和町一般会計の総額を47億1,100万円、対前年度比2億9,700万円、6.7%増とし、町の重点施策を親しみやすく、わかりやすくするために、ローマ字の「K」をキーワードとした「キラリと輝く7K」により取り組んでまいります。
 最初の第1のKは、環境整備でございます。現在、日本一の分別といわれる37分別収集を行っておりますが、この収集に合わせリサイクル啓発活動を展開していきます。また、住民の皆様が安全で安心して生活できるよう、こども園、小中学校、上下水道等必要な放射能測定を実施し、情報提供を行ってまいります。
 次に、第2のK、開発でございます。これまで梨ワイン、梨ゼリー、そして昨年は新たに梨ジュース等の販売を始めました。明和町の特産物に付加価値をつけ、町の特産品となるような商品開発を行ってきたところでございますが、新年度も引き続き新たな商品開発を行い、就農支援、観光資源として活用できるよう事業を推進してまいります。
 第3のKは、川俣駅周辺地域整備事業でございます。平成25年度においては、東武鉄道との施工協定締結に向け自由通路及び橋上駅舎整備工事委託料、負担金の予算計上とともに、用地買収のための予算を計上し、平成27年度の完成を目指してまいります。
 次に、第4のKは企業誘致でございます。明和第三工業団地に凸版印刷の進出が決定し、現在、平成26年度の稼働に向けて工場建設も始まっております。まずは第1段階でございますけれども、一層の町の安定財源及び雇用確保のため、新たな工業団地の造成と企業誘致について、県企業局と連携を図りながら進めてまいります。
 第5のKは、健康ございます。私たちが生活する上で最も重要なもの、それは健康と考えております。町民の皆様に健康をプレゼントするという方針のもとに、生活習慣病予防健診や各種がん検診などの健診事業、またこれまでも進めてまいりました予防接種事業でございますが、法令の改正を受け、不活化ポリオワクチンと四種混合ワクチンの接種事業を進めてまいります。健康的な日常生活を末長く送るために、歯周疾患予防教室や血管いきいき講座など町からの健康指導事業とあわせ町民の皆様が自主的に健康づくりに取り組めるよう、元気アップ活動に対する助成を新たに始めることといたします。
 第6のKは、子どもへの投資でございます。「子育てするなら群馬県」というキャッチフレーズのとおり、群馬の中でも明和町、子育てするならやっぱり明和町となるような予算編成をいたしました。妊娠を望む方への不妊治療費助成事業、妊婦に対する「こうのとりメール」の配信や妊婦健診助成事業を行います。その後の子育てにおいては、出産祝金、チャイルドシート購入費補助、育児学級や子育て支援センターの運営、待機児童ゼロのためのこども園運営事業、放課後子ども教室と指定管理者による学童保育所事業など、また子どものインフルエンザ予防接種助成事業など年齢各層に合わせた手厚い事業を実施してまいりましたが、25年度においては新たにこども園に英語保育の指導者を配置し、小中学校で展開している英語教育の開始時期を幼児期から始め、今後の国際社会に対応できるよう教育システムをつくってまいりたいと考えております。
 最後に、第7のK、絆、協働のまちづくりでございます。新たに「元気な声に応え隊」を立ち上げ、若手職員が各地区の元気アップ活動の会場に出向き、町民の皆様と意見交換を行う中で、今後のなお一層の活力あるまちづくりに向けた第一歩を踏み出します。また、過去2年間の実績を受け、マイタウン支援センター業務を継続し、ボランティア活動の発展、充実を目指します。町外においては、昨年度に引き続き宮城県東松島市へ職員を派遣し、東日本大震災からの一日も早い復興に向けての協力を行ってまいります。さらに、去る1月に災害相互応援の覚書を改めて結んだ三重県明和町との物産交流を実施してまいります。これらの事業を通じ、日本各地に向けて明和町を発信し、理解促進を図ってまいります。
 以上、平成25年度は明和町のキャッチフレーズ、「キラリと輝く7K」を掲げて邁進するところでございます。
 そのほか既存事業では、町道の整備、用排水路の整備、都市基盤の整備や生活環境の整備、健康の増進、福祉の向上、教育文化の向上、産業の振興、行政基盤の強化などに積極的に取り組む平成25年度における予算総額47億1,100万円の性質別構成割合は、人件費18.9%、扶助費10.1%、公債費8.3%、普通建設事業費21.6%となりました。
 次に、歳入予算でございます。過去の実績や今後の見通しを十分把握し、見込める歳入を計上いたしました。最初に、町の主要財源である町税は、前年度比0.3%増の16億8,623万円を見込み、歳入全体の35.8%となりました。地方交付税においては、普通交付税5億5,000万円、特別交付税4,000万円を見込み、合わせて5億9,000万円は歳入の12.5%となっております。また、歳入の5.9%を占める繰入金には2億7,668万7,000円を見込み、財政調整基金より1億3,379万4,000円、公共施設建設基金より9,500万円、川俣駅及び自由通路のバリアフリー化に対応するための財源として地域福祉基金より4,300万円を計上いたしました。町債につきましては、交付税の財源不足を補うために発行する臨時財政対策債4億9,000万円、川俣駅周辺地域整備事業に関する土木債1億8,290万円、合わせて6億7,290万円を計上いたしましたが、歳入の14.3%となっております。今年度は大型プロジェクトであります川俣駅の橋上駅舎と自由通路の施工協定に伴う予算となり、予算規模が大きくなっておりますが、各事業の実施に当たっては、国県補助を積極的に活用するとともに、目的基金を適切に充当することにより、町民サービスの向上を図りながら、積極的な事業実施を図った結果、厳しい経済環境の中ではございますが、自主財源を50%確保した予算となっております。
 以上、一般会計でございます。
 次に、後期高齢者医療特別会計は予算総額9,300万円、前年度に比べ2.1%の減となっております。歳出の98.3%は、後期高齢者医療広域連合への納付金となっております。歳入につきましては、法令の定めるところにより、後期高齢者からの保険料68.7%、一般会計からの繰入金31.2%となっております。
 次に、国民健康保険特別会計は予算総額12億6,800万円、前年度に比べ1.8%の増加となっております。この予算は、過去の実績、医療費の動向などを考慮し、算定をいたしました。歳出の63.6%を占める保険給付費は、前年度に比べ1.0%の増加、13.6%を占める後期高齢者支援金等は4.7%の増加となっております。歳入は、やはり法令の定めるところにより、国保税、国庫支出金、交付金及び県支出金などをそれぞれの負担割合により算出いたしました。
 次に、介護保険特別会計は予算総額8億4,300万円、前年度に比べ2.8%の増加となっております。保険給付費の伸びを見込んでの増加でございます。歳出の93.4%を占める保険給付費は、過去の実績、介護の動向などを考慮し、算定をいたしました。歳入においては、法令の定めるところにより、保険料、国庫支出金、支払基金、県支出金等を、それぞれの負担割合により算出いたしました。
 次に、下水道事業特別会計は予算総額4億6,840万円、前年度に比べ5.0%の減少となっております。田島、南大島、矢島、大佐貫地区の下水道管渠整備を行う下水道建設費の歳出割合は46.6%、公債費は39.3%となっております。歳入においては、下水道整備に関する国庫支出金、町債、一般会計からの繰入金及び下水道事業受益者負担金、使用料等を見込んでおります。
 次に、水道事業会計は、まず収益的収支は、収入、支出ともに2億3,000万円、また資本的収支は、収入4,200万円、支出1億4,400万円といたしました。支出総額は3億7,400万円となり、前年度に比べ2.7%の増となりました。主な事業といたしまして、石綿セメント管更新事業、下水道工事に伴う配水管の布設替え工事を行います。歳入において不足する財源は、損益勘定留保資金、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補填するところでございます。
 これら5つの特別会計等予算の総額は30億4,640万円、前年度比0.9%の増となります。一般会計と特別会計を合わせますと、町の総予算額77億5,740万円、前年度に比べて4.4%の増となる予算となりました。また、各会計とも事項別明細書を始めとする附属資料も添付してございますので、十分ご検討いただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(関根愼市君) 以上で、町政執行方針並びに議案第28号から議案第33号までの提案理由の説明を終わります。
 なお、議案第28号から議案第33号までの以上6件に対する全体審議は、会期日程表にありますように3月11日及び12日の2日間行います。
 また、質疑、討論、採決につきましては、議案別に後日の本会議の中で行います。

    休会について
議長(関根愼市君) お諮りをいたします。
 3月11日、12日の2日間は平成25年度予算の全体審議といたし、8日から10日までの3日間及び13日、14日の2日間は議案調査のため休会、そして15日に本会議を再開いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(関根愼市君) 異議なしと認めます。
 よって、そのように決定をいたしました。

    散会の宣告
議長(関根愼市君) 以上で本日の議事日程は全て終了いたしました。
 平成25年度予算全体審議の3月11日、12日は、いずれも午前9時から開会をいたしますので、ご参集をお願いいたします。
 本日はこれをもって散会をいたします。
 大変ご苦労さまでした。
          散 会  (午後 2時04分)