平成27年第1回明和町議会臨時会


議事日程(第1号)
                         平成27年5月11日(月)午前10時開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                             
日程第 2 会期の決定                                  
日程第 3 議長の選挙について                              
日程第 4 議案第32号 専決処分の承認を求めることについて(明和町税条例等の一部改正につ
             いて)                             
日程第 5 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(明和町国民健康保険税条例の一
             部改正について)                        
日程第 6 議案第34号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度明和町一般会計補
             正予算(第1号))                       
                                           
本日の会議に付した事件
日程第 1 会議録署名議員の指名                             
日程第 2 会期の決定                                  
日程第 3 議長の選挙について                              
日程第 4 副議長の選挙について                             
日程第 5 議会運営委員の選任について                          
日程第 6 議案第32号 専決処分の承認を求めることについて(明和町税条例等の一部改正につ
             いて)                             
日程第 7 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(明和町国民健康保険税条例の一
             部改正について)        
日程第 8 議案第34号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度明和町一般会計補
             正予算(第1号))                       
                                           
出席議員(9名)
   1番   栗  原  孝  夫  君    3番   奥  澤  貞  雄  君
   6番   野  本  健  治  君    7番   田  口  晴  美  君
   8番   今  成     隆  君    9番   川  島  吉  男  君
  10番   堀  口  正  敏  君   11番   岡  安  敏  雄  君
  12番   関  根  愼  市  君

欠席議員(なし)
                                           
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
        町     長      冨  塚  基  輔  君
        教  育  長      金  子     博  君
        総 務 課 長      篠  木  眞 一 郎  君
        企 画 財政課長      小  林  雄  司  君
        税 務 課 長      福  島  義  雄  君
                                           
職務のため出席した者の職氏名
        議 会 事務局長      奈  良  英  雄
        書     記      堀  口  香  里

          開 会  (午前10時00分)
    副議長挨拶
副議長(栗原孝夫君) 皆さん、おはようございます。
 今臨時会は、地方自治法第106条第1項の規定により、副議長の私が議長の職務を務めさせていただきます。
 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。本日は、平成27年第1回明和町議会臨時会が招集されましたところ、議員各位におかれましては公私ともご多忙のところご参集を賜りまして、厚くお礼申し上げます。
 去る4月26日の明和町長選挙におきまして、見事当選を果たされました冨塚町長、まことにおめでとうございました。これから4年間、持ち前の情熱とリーダーシップを発揮され、町民の負託に応えるためご精進されますようご期待申し上げます。
 さて、今臨時会は、空席となっている議長の選挙を行うものです。議員各位におかれましては、円滑に議事が進められ、適切な選挙が執行できますようお願い申し上げる次第であります。また、町当局各位には、議会運営に格別なるご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会の挨拶といたします。
                                            
    町長挨拶
副議長(栗原孝夫君) ここで冨塚町長より挨拶したい旨の申し出がありましたので、これを許します。
 町長、冨塚基輔君。
          [町長(冨塚基輔君)登壇]
町長(冨塚基輔君) それでは、一言ご挨拶を申し上げます。
 去る4月26日付をもちまして町長に就任いたしました冨塚基輔でございます。議長のお許しをいただきましたので、一言町長就任のご挨拶を申し上げます。
 本日は、平成27年第1回明和町議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましてはご出席を賜りまして厚く御礼を申し上げます。
 私は、先の町長選挙におきまして、多くの町民から力強いご支援と温かい励ましをいただき、図らずも初当選の栄に浴し、町政運営を担うことになりました。今この議場の執行部側に立ち、その責任の重大さを痛感いたしますとともに、町民の皆様のご期待にお応えしなければならないという強い使命感で身の引き締まる思いでございます。
 これからの町政については、前町長の事業を継承しながら、明和町の持つ特性を生かし、さらなる町の活性化を図り、教育、医療、介護、福祉と町民生活の資質向上のため、全身全霊、全力で町政の推進を図ってまいる所存でございます。
 なお、6月定例会におきまして、改めて私の所信を細部にわたり申し上げたいと考えておりますので、どうか議員の皆様におかれましては、今後とも特段のご支援、ご協力を賜りますよう、切にお願い申し上げまして町長就任の挨拶とさせていただきます。
 本日は、議会の貴重な時間をいただきまして、まことにありがとうございます。(拍手)
                                           
    開会の宣告
副議長(栗原孝夫君) 議事を進めます。
 ただいままでの出席議員は9名全員です。よって、定足数に達しておりますので、明和町告示第32号をもって招集されました平成27年第1回明和町議会臨時会は成立いたしました。
                                           
    開議の宣告
副議長(栗原孝夫君) これより平成27年第1回明和町議会臨時会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
                                            
    諸般の報告
副議長(栗原孝夫君) 日程に入る前に、諸般の報告を事務局長より報告させます。
          [事務局長(奈良英雄君)登壇]
事務局長(奈良英雄君) ご報告申し上げます。
 議員の異動について、去る平成27年3月19日、薗田繁議員から冨塚基輔議長へ、一身上の都合により、同年3月27日をもって議員の辞職願が提出され、同日受理し許可いたしました。また、平成27年4月8日、斎藤一夫議員から冨塚基輔議長へ、一身上の都合により、同年4月10日をもって議員の辞職願が提出され、同日受理し許可いたしました。平成27年4月9日、冨塚基輔議長から栗原孝夫副議長へ、一身上の都合により、同年4月13日をもって議員の辞職願が提出され、同日受理し許可いたしましたので、報告いたします。
 したがいまして、現在議長が空席となっており、今臨時会の会議に付すべき事件は議長の選挙となります。
 また、町長から議案3件の送付がありました。
 次に、地方自治法第121条の規定に基づき、町長及び教育長から通知のありました議事説明員は、一覧表にしてお手元に配付してあるとおりでございます。
 以上で諸般の報告を終わります。
                                            
    会議録署名議員の指名
副議長(栗原孝夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第124条の規定に基づきまして、
    10番  堀 口 正 敏 君
    11番  岡 安 敏 雄 君
を指名いたします。
                                           
    会期の決定
副議長(栗原孝夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 今臨時会の会期については、本日議会運営委員会を開催しておりますので、議会運営委員長より報告を願います。
 8番、議会運営委員長、今成隆君。
          [8番(今成 隆君)登壇]
議会運営委員長(今成 隆君) 8番、今成でございます。今臨時会の会期及び日程についてご報告を申し上げます。
 本件につきましては、本日臨時会開会前に議会運営委員会を開催し協議した結果、会期については本日1日となります。
 日程でありますが、最初に議長の選挙を行い、その後に議案第32号から議案第34号までの各議案について、提案者からの説明後、審議、採決を行います。
 以上で報告を終わります。
副議長(栗原孝夫君) お諮りいたします。
 今臨時会の会期及び日程について、ただいまの議会運営委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
副議長(栗原孝夫君) 異議なしと認めます。
 よって、今臨時会の会期は、議会運営委員長報告のとおり、本日1日と決定いたしました。
                                           
副議長(栗原孝夫君) ここで町当局の皆様に申し上げます。
 次からの日程は、議会構成の人事案件でありますので、ひとまず退席をお願いいたします。
          [町長以下説明員退席]
                                           
    議長の選挙について
副議長(栗原孝夫君) 日程第3、議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第118条の規定により、投票と指名推選の2つの方法がありますが、いずれの方法がよろしいかお諮りいたします。
          [「投票」と言う人あり]
副議長(栗原孝夫君) ただいま投票との声がありましたので、選挙は投票によって行います。
 議場の出入り口を閉めます。
          [議場閉鎖]
副議長(栗原孝夫君) ただいまの出席議員は9名です。
 次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に12番、関根愼市君、3番、奥澤貞雄君を指名いたします。
 投票用紙を配ります。
          [投票用紙配付]
副議長(栗原孝夫君) 念のために申し上げます。
 投票は単記無記名です。
 投票用紙の配付漏れはございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
副議長(栗原孝夫君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検いたします。
          [投票箱点検]
副議長(栗原孝夫君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 議席3番議員から順番に投票願います。
          [投  票]
副議長(栗原孝夫君) 投票漏れはございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
副議長(栗原孝夫君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 12番、関根愼市君及び3番、奥澤貞雄君に開票の立ち会いをお願いいたします。
          [開  票]
副議長(栗原孝夫君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数 9票
 有効投票 9票
 無効投票 0票
 有効投票のうち 栗原孝夫君 5票
         野本健治君 4票
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は3票です。
 よって、私、栗原孝夫が議長に当選いたしました。
 議場の出入り口を開きます。
          [議場開鎖]
副議長(栗原孝夫君) 私、栗原孝夫が議長に当選となりました。会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。
 よって、議長当選の承諾と就任の挨拶をいたします。
                                           
    議長就任の挨拶
副議長(栗原孝夫君) 一言議長就任のご挨拶を申し上げます。
 ただいまの選挙におきまして、多数の皆様より新議長としてご選出いただき、心より感謝申し上げる次第でございます。これから議長として、先輩議長方々のようにできるとは思ってはおりませんけれども、私なりに議会運営、議会活動において町民の負託に応えられますように、一生懸命邁進してまいります。皆様方のご協力を心よりお願い申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
 以上で議長の選挙を終了いたします。
          [副議長、議長と交代]
議長(栗原孝夫君) ここで暫時休憩いたします。
 再開の時刻を10時半にします。
          休 憩  (午前10時17分)
                                           
          再 開  (午前10時30分)
議長(栗原孝夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                           
    日程の追加
議長(栗原孝夫君) 副議長が欠員となりましたので、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 異議なしと認めます。
 よって、副議長の選挙を日程に追加し、以下日程を順次繰り下げ、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。
                                           
    副議長の選挙について
議長(栗原孝夫君) 日程第4、副議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、地方自治法第118条の規定により、投票と指名推選の2つの方法がありますが、いずれの方法がよろしいかお諮りいたします。
          [「投票」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) ただいま投票との声がありましたので、選挙は投票によって行います。
 議場の出入り口を閉めます。
          [議場閉鎖]
議長(栗原孝夫君) ただいまの出席議員は9名です。
 次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に6番、野本健治君、7番、田口晴美君を指名いたします。
 投票用紙を配ります。
          [投票用紙配付]
議長(栗原孝夫君) 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名です。
 投票用紙の配付漏れはございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検いたします。
          [投票箱点検]
議長(栗原孝夫君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 議席3番議員から順番に投票願います。
          [投  票]
議長(栗原孝夫君) 投票漏れはございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 6番、野本健治君及び7番、田口晴美君の開票の立ち会いをお願いいたします。
          [開  票]
議長(栗原孝夫君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数 9票
 有効投票 8票
 無効投票 1票
 有効投票のうち 川島吉男君 6票
         野本健治君 1票
         田口晴美君 1票
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は2票です。
 よって、川島吉男君が副議長に当選されました。
 議場の出入り口を開きます。
          [議場開鎖]
議長(栗原孝夫君) ただいま副議長に当選されました川島吉男君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。
                                           
    副議長就任の挨拶
議長(栗原孝夫君) 川島吉男君に副議長就任の挨拶をお願いいたします。
          [9番(川島吉男君)登壇]
9番(川島吉男君) ただいまの副議長の選挙におきまして当選しました川島吉男でございます。
 今後、微力ではありますが、議長を補佐し、議会の円満と円滑な運営に全力で取り組むつもりでおります。皆様のご支援とご指導並びにご協力をよろしくお願いいたします。(拍手)
議長(栗原孝夫君) 以上で副議長の選挙を終了いたします。
 ここで暫時休憩いたします。
 再開の時刻は、追って連絡いたします。
          休 憩  (午前10時38分)
                                           
          再 開  (午前11時10分)
議長(栗原孝夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                           
    日程の追加
議長(栗原孝夫君) お諮りいたします。
 議会運営委員に欠員が生じております。この際、議会運営委員の選任を日程に追加し、選任を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員の選任を日程に追加し、以下日程を順次繰り下げ、直ちに選出することに決定いたしました。
                                           
    議会運営委員の選任について
議長(栗原孝夫君) 日程第5、議会運営委員の選任を行います。
 お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第4項の規定により、田口晴美君を議会運営委員に指名したいと思います。これにご異議ございませんか。
          [「異議なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました田口晴美君を議会運営委員に選任することに決定いたしました。
 ここで暫時自席休憩願います。
 なお、先ほどひとまず退席を願った町当局、町長以下説明員の方の入場を求めます。
          休 憩  (午前11時12分)
                                           
          再 開  (午前11時13分)
議長(栗原孝夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより議案審議に入るわけでありますが、発言について、質疑の回数は、同一議員につき、同一議題について3回以内といたします。
                                           
    議案第32号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(栗原孝夫君) これより審議に入ります。
 日程第6、議案第32号「専決処分の承認を求めることについて(明和町税条例等の一部改正について)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をさせます。
          [書記朗読]
議長(栗原孝夫君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、冨塚基輔君。
          [町長(冨塚基輔君)登壇]
町長(冨塚基輔君) それでは、議案第32号 専決処分の承認を求めることについてをご説明申し上げます。
 本案は、明和町税条例等の一部改正でございます。地方税法の一部を改正する法律が本年3月31日に公布され、4月1日から施行となりました。これに合わせて、明和町税条例等の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成27年3月31日付をもって専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により、これをご報告申し上げるとともに承認をお願いするものでございます。
 改正の内容につきましては、地方税法の一部が改正されたことに伴う規定の整備及び条項ずれ等の修正でございます。
 第1条、明和町税条例の一部改正からご説明を申し上げます。
 第31条から第139条の3及び附則第10条の2においては号ずれ等の修正を、附則第7条の3の2及び附則第11条から附則第15条までにおいては適用対象年度の延長を、附則第9条においてはふるさと納税の申告特例の創設に伴う規定の整備をするものでございます。
 附則第16条においては、軽自動車税の特例措置として、28年度分の軽自動車税に限り、一定の環境性能を有する四輪車等については、その燃費性能等に応じておおむね75%から25%の軽減税率を定めるものでございます。
 続いて、第2条、明和町税条例等の一部を改正する条例(平成26年明和町条例第10号)の一部改正についてをご説明申し上げます。
 改正条例第1条中、附則第16条、経年車重課の改正規定は、今回の環境性能を有する軽四輪等の軽自動車税の軽減特例措置に伴う改正でございます。
 改正条例附則第1条、第3条、第5条の改正は、原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車に係る軽自動車税の税率引き上げ時期を1年間延長し、平成28年度からの適用開始とするものでございます。
 附則においては、施行期日を定めるとともに、町民税、固定資産税、軽自動車税に関する経過措置を定めるものでございます。
 十分にご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(栗原孝夫君) これより本案に対しまして質疑を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 討論を終結いたします。
 これより議案第32号「専決処分の承認を求めることについて(明和町税条例等の一部改正について)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(栗原孝夫君) 起立全員であります。
 よって、議案第32号は原案のとおり承認することに決定いたしました。
                                           
    議案第33号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(栗原孝夫君) 日程第7、議案第33号「専決処分の承認を求めることについて(明和町国民健康保険税条例の一部改正について)」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をさせます。
          [書記朗読]
議長(栗原孝夫君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、冨塚基輔君。
          [町長(冨塚基輔君)登壇]
町長(冨塚基輔君) それでは、議案第33号 専決処分の承認を求めることについてをご説明申し上げます。
 本案は、明和町国民健康保険税条例の一部改正でございます。地方税法施行令の一部を改正する政令が本年3月31日に公布され、4月1日から施行となりました。これに合わせて、明和町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成27年3月31日付をもって専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により、これをご報告申し上げるとともに承認をお願いするものでございます。
 改正の内容につきましては、地方税法施行令が改正されたことに伴う規定の整備及び条項ずれの修正でございます。
 第2条第2項から第4項及び第21条本文においては、基礎課税額の限度額を51万円から52万円に引き上げ、後期高齢者支援金等課税額の限度額を16万円から17万円に引き上げ、介護納付金課税額の限度額を14万円から16万円に引き上げるものでございます。
 第21条第2号においては、国民健康保険税の5割軽減世帯の判定所得に被保険者等1人につき加算する額を24万5,000円から26万円に引き上げ、同条第3号においては、国民健康保険税の2割軽減世帯の所得判定に被保険者等1人につき加算する額を45万円から47万円に引き上げるものでございます。
 附則第5項から第13項までの改正においては、条項ずれの修正でございます。
 なお、附則においては、施行期日等を定めるものでございます。
 十分にご審議をいただきまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(栗原孝夫君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 11番、岡安敏雄君。
          [11番(岡安敏雄君)登壇]
11番(岡安敏雄君) 11番、岡安でございます。
 ただいま提案されました国民健康保険税条例の一部改正のうち国民健康保険税の基礎課税額の引き上げ、後期高齢者支援金の課税額の引き上げ、介護納付金の課税額の引き上げにつきまして、どの程度の所得対象者が高所得者として対象になるのか、そしてまたその対象人員などは、およそどのくらいの人がいるのかお答え願いたいと思います。
議長(栗原孝夫君) 税務課長、福島義雄君。
          [税務課長(福島義雄君)登壇]
税務課長(福島義雄君) ただいまの岡安議員さんのご質問にお答えします。
 基礎課税額51万円から52万円に引き上げたことに伴いまして、課税世帯が47世帯から46世帯に1世帯減る予定でございます。それから、支援金分につきましては、17万円に1万円やはり引き上げさせてもらいたました関係で30世帯から26世帯に、それから介護納付金につきましては、14万円が16万円に引き上げた関係で、課税世帯が6世帯から4世帯に減少します。基礎課税が1世帯、支援金分が4世帯、介護分が2世帯の減でございます。課税限度額を引き上げた関係で、それに伴います増収分につきましてはそれぞれ、基礎課税分が1万円引き上げた関係で46世帯掛ける1万円、それから支援金分が26世帯掛ける1万円、それから介護納付金が4世帯掛ける2万円ということで、合わせて80万円の増収が見込まれる予定となっております。
 以上でございます。
議長(栗原孝夫君) ほかにございませんか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 討論を終結いたします。
 これより議案第33号「専決処分の承認を求めることについて(明和町国民健康保険税条例の一部改正について)」を採決いたします。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立多数]
議長(栗原孝夫君) 起立多数であります。
 よって、議案第33号は原案のとおり承認することに決定いたしました。
                                           
    議案第34号の上程、説明、質疑、討論、採決
議長(栗原孝夫君) 日程第8、議案第34号「専決処分の承認を求めることについて(平成27年度明和町一般会計補正予算(第1号))」を議題といたします。
 書記から議案の朗読をさせます。
          [書記朗読]
議長(栗原孝夫君) 提案者に提案理由の説明を求めます。
 町長、冨塚基輔君。
          [町長(冨塚基輔君)登壇]
町長(冨塚基輔君) それでは、議案第34号 専決処分の承認を求めることについてをご説明申し上げます。
 本案は、平成27年度明和町一般会計補正予算(第1号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、平成27年4月1日付をもって専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により、これを報告申し上げるとともにご承認をお願いするものでございます。
 補正の主な内容については、事項別明細書の歳出から申し上げます。最初に、7ページ、2款4項7目町長選挙費457万5,000円は、3月25日付で町長の退職の申し出があり、町長選挙が4月21日告示のため、緊急に選挙費の補正が必要となったため、職員人件費を始め消耗品費や選挙人名簿電算委託料等を追加するものでございます。
 以上、歳出を申し上げましたが、この補正に伴う歳入について申し上げます。
 6ページ、18款1項1目繰越金457万5,000円は、前年度繰越金の追加でございます。
 以上が歳入でございます。
 十分ご審議をいただきましてご決定くださいますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。
議長(栗原孝夫君) これより本案に対しまして質疑を行います。
 8番、今成隆君。
          [8番(今成 隆君)登壇]
8番(今成 隆君) 8番、今成でございます。2点ほどお伺いしたいと思います。
 歳出、7ページでありますが、役務費、12節、し尿等汲取料、それと14節の使用料及び賃借料ありますが、仮設トイレ借上料、発電機借上料についてご説明をいただきたいと思います。
 以上であります。
議長(栗原孝夫君) 総務課長、篠木眞一郎君。
          [総務課長(篠木眞一郎君)登壇]
総務課長(篠木眞一郎君) 今成議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。
 まず、12節のし尿等汲取料、それと14節の仮設トイレ借上料、同じものについての予算額ということで一緒に説明をさせていただきたいと思います。これにつきましては、第1投票所におきまして仮設トイレを借り入れ、またその汲み取りということで、第1投票所におけるし尿等の汲み取り、また仮設トイレの借上料ということでよろしくお願いしたいと思います。
 以上です。
          [何事か言う人あり]
総務課長(篠木眞一郎君) 失礼しました。14節の発電機の借上料、これについてのご説明をさせていただきたいと思います。
 各投票所に停電等があった場合の対応策として、7つの投票所全てに発電機のほうを設置させていただきました。容量といたしますと20アンペアを対象にということで設置のほうをさせていただきました。
 以上です。よろしくお願いします。
          [「了解です」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) ほかに何か質疑ありますか。
 11番、岡安敏雄君。
          [11番(岡安敏雄君)登壇]
11番(岡安敏雄君) 11番、岡安でございますが、私は予算のことと直接は関係ないかと思うのですけれども、ちょっとお聞かせ願いたいのは、投票所の投票率に、あるいは当日の投票率に、期日前投票というのが今回1,000票近くあったのかな。それが、各投票所ごとの投票率に発表の段階で反映されていないのです。全体の票をあけて、最後に期日前投票があって、トータルとしてこうなったと。したがって、各投票所ごとに期日前投票の投票分が発表の仕方として含まれていないというものについては、どういう状況で、またそれが何らかの形で期日前投票も各投票所ごとの投票率に数字として反映させるようなものはできないのかどうか説明をお願いいたします。
議長(栗原孝夫君) 総務課長、篠木眞一郎君。
          [総務課長(篠木眞一郎君)登壇]
総務課長(篠木眞一郎君) 岡安議員さんのご質問にわかる範囲になってしまうのですが、今現在投票所としましては、第1投票所から第7投票所まであるわけなのですが、それとはまた別に、期日前の投票所として、役場の中に投票所を期日前投票所として設置させていただいたわけです。これについては、今現在のシステムの中におきますと、第1投票所だけで投票率、第2投票所だけでの投票率と、各第1から第7までの投票所ごとの投票率と期日前の投票率というのは、分けて一応県のほうに報告するということになっておりますので、そのように分けてあります。ただ、最終的には期日前の投票状況も加えながら全体の投票率を出しているということでございます。ですから、今現在の持っている情報の中では、期日前の投票状況を含めた第1から第7までの投票率が幾つになるかというのは、今現在まだ数値のほうは押さえていない状況です。
 以上です。よろしくお願いします。
議長(栗原孝夫君) よろしいですか。
 11番、岡安敏雄君。
11番(岡安敏雄君) では、期日前投票にこの役場で、会場として投票所にしたわけですけれども、そこに来た人は、本来はどこの投票所に投票すべき住所があるのかということについては、把握しないということなのですか。
議長(栗原孝夫君) 総務課長、篠木眞一郎君。
          [総務課長(篠木眞一郎君)登壇]
総務課長(篠木眞一郎君) 今現在の投票率の県等への報告に関しては、期日前を各地区別に分けた投票率というのは把握はしていないというところで終わっています。
 以上です。
議長(栗原孝夫君) 11番、岡安敏雄君。
11番(岡安敏雄君) それは、改善することが難しいということなのですか。例えば投票用紙というか、選挙人の自宅に送られてきますよね、投票用紙の、有権者の。あれで、多分番号がいろいろ打ってあって、機械で読み取っているのだと思うのですけれども、その番号で、例えばどこ地区に住んでいると本来はこの投票所だというふうに見分けがつくのだと思うのですけれども、それによるものが期日前投票の場所では区分けができないということになっているのですか。今後は、そういうものが各投票所ごとの投票に反映させるというような改善はできるのかできないのか最後にお伺いします。
議長(栗原孝夫君) 総務課長、篠木眞一郎君。
          [総務課長(篠木眞一郎君)登壇]
総務課長(篠木眞一郎君) 岡安議員さんの期日前投票の投票率を各投票所ごとに分けて出せないかというようなご質問だと思うのですが、それについては、また県のほうとも協議というか相談をしながら、それが可能なのかどうか、またそれをすることが必要なのかどうかというようなことも含めて検討させていただければと思うのですけれども。
 以上です。
議長(栗原孝夫君) ほかに質疑ございますか。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 質疑を終結いたします。
 討論を行います。
          [「なし」と言う人あり]
議長(栗原孝夫君) 討論を終結いたします。
 これより議案第34号「専決処分の承認を求めることについて(平成27年度明和町一般会計補正予算(第1号))」を採決いたします。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
          [起立全員]
議長(栗原孝夫君) 起立全員であります。
 よって、議案第34号は原案のとおり承認することに決定いたしました。
 これをもちまして今臨時会の議事日程は全て終了いたしました。
                                           
    町長挨拶
議長(栗原孝夫君) ここで、町長から挨拶したい旨の申し出がありましたので、これを許します。
 町長、冨塚基輔君。
          [町長(冨塚基輔君)登壇]
町長(冨塚基輔君) それでは、閉会に当たりまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。
 本日は、平成27年第1回明和町議会臨時会の開催において、議員各位、時節柄ご多用中にもかかわらず、ご出席をいただきまして厚く御礼を申し上げます。
 会期は本日1日限りでございましたが、ご提案申し上げました案件は全て原案どおり可決を賜り、重ねて御礼を申し上げます。
 本日から新しい議会構成のもと、栗原議長さんを中心とした議会が、鋭意研鑽の上、ますます充実し、明和町議会のさらなるご活発なご活動をご期待するものでございます。
 結びに、新緑の美しい季節となり、何かとご多用な時期ではございますが、どうか議員各位におかれましては、健康には十分ご留意をいただき、ますますご活躍をいただきますようお願い申し上げ、閉会の挨拶にさせていただきます。
 本日はまことにありがとうございました。
                                           
    議長挨拶
議長(栗原孝夫君) 閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
 本日招集されました平成27年度第1回臨時会は、町長提出議案3件並びに議長の選挙など人事案件をお願いしたわけでございますが、議員各位のご協力によりまして無事閉会の運びとなりました。まことに喜びにたえません。
 また、このたび議長選挙において、大方のご支援を得まして就任できましたことは、私自身にとりまして身に余る光栄と存じますとともに、その責務の重大さをひしひしと感じる次第でございます。今後、議長の職責を十分に果たすため、議員各位のご支援とご協力を切にお願い申し上げる次第であります。
 終わりに、議員各位並びに町当局、関係各位のご協力に対しまして、心より感謝を申し上げるとともに、ご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、閉会の挨拶といたします。
                                           
    閉会の宣告
議長(栗原孝夫君) 以上をもちまして、今臨時会に付議されました議案の審議は全部終了いたしました。
 よって、平成27年第1回明和町議会臨時会を閉会いたします。
 大変ご苦労さまでした。
          閉 会  (午前11時41分)