福祉医療費

 福祉医療費とは、国民健康保険や社会保険等で診療を受けた際に、自己負担しなければならない費用(一部負担金)を公費で負担するものです。

 子どもの医療費の助成 

 乳幼児及び中学校を卒業するまでの児童・生徒の医療費(保険診療における自己負担分)が無料になります。
出生届、転入届の手続きのとき、窓口にて申請をしてください。
※ 申請には、健康保険証(お子さんの名前の入ったもの)と印鑑が必要です。 

平成29年4月に対象者を拡大し、高校生世代(18歳に到達する年度末までのかた)の入院費も助成対象になりました。
ただし、通院や婚姻歴があるかたの医療費は対象外です。

 重度心身障害者・高齢重度障害者医療費の助成 

 重度の障害を有するかたが病気などで診療を受けたときの医療費(保険診療における自己負担分)が無料になります。対象となるかたは、次のとおりです。
・障害年金1級のかた
・特別児童扶養手当1級のかた
・身体障害者手帳1級と2級のかたと3級で18歳未満の児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの者を含む。)

・療育手帳(みどりの手帳)AのかたとB1のかた
※ 申請には、健康保険証、年金証書や身体障害者手帳など対象となることを証明できるもの、印鑑が必要です。
(上記の障害を有する後期高齢者医療の被保険者を高齢重度障害者といい、それ以外のかたを重度心身障害者といいます。)

 母子(父子)家庭等の医療費の助成                                    

 配偶者と死別したり、離婚したり、いろいろな理由で配偶者の扶養を受けることができない状態にある母子(父子)家庭等の母(父)と子が医療機関で診療を受けたときの医療費(保険診療における自己負担分)が無料になります。(子どもが18歳に達する日以後の最初の3月31日まで。) 
※ 申請には、健康保険証、印鑑、本籍が町外のかたは戸籍謄本が必要です。(転入者は、所得証明書と戸籍謄本もご用意ください。)

 助成方法について 

・県内の医療機関で受診するときは、健康保険証と福祉医療費受給資格者証(ピンクのカード)を提示するだけで、保険診療の自己負担分を支払うことなく無料で受診できます。
・県外の医療機関で受診するときは、保険診療(その他)の自己負担分を一旦お支払いください。
後日、領収書、印鑑、健康保険証、受給資格者証(ピンクのカード)、通帳など振込先の分かるものを持って給付申請をしてください。
(申請は、受診後5年以内のものでないと、給付できません。)

高校生世代の入院費を申請する場合は、領収書、印かん、通帳、戸籍謄本(明和に本籍がない場合に限る)が必要です。

 ご不明な点は、健康づくり課保険年金係 рO276(84)3111 内線173 までお問い合わせください。       

保険年金係へ戻る