群馬県明和町
 

特定健診・特定保健指導

40歳から74歳までの全ての方が対象になります。
○今まで健診を受けてこなかった
被扶養者の方も退職された方も受診対象者です。
メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣病を予防します。
○健診結果による必要度に応じて、
本人に適した保健指導が行われます。
○国民健康保険や健康保険組合などの
医療保険者が実施主体となります。

新しい健診・保健指導について
 不健康な生活習慣を続けていると内臓脂肪が蓄積し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因となります。さらに、その状態を放置していると、脳卒中や心臓病(心筋梗塞など)、糖尿病合併症などの生活習慣病を引き起こす危険が増大します。
 そこで、新しい健診・保健指導では、メタボリックシンドロームとその予備軍を見つけ、生活習慣病を予防するプログラムが組まれます。



実施主体は医療保険者 →市区町村ではありません
これまで市区町村などで受診していた人についても、平成20年度以降は国保などの医療保険者が実施主体となります。

特定健診の対象となる人→40歳〜74歳の人すべて
 40歳以上74歳以下の国民健康保険や被用者保険(健康保険組合や共済組合などの医療保険)の被保険者と被扶養者の全員が対象となります。
 これまで健診を受けてこなかった被扶養者(家族)の人や、退職された人も受けることになります。


特定健診の受け方→医療保険者からお知らせ
 実施主体である国保や健保組合などの医療保険者から、受診機関や受診日などについてのお知らせや受診券・利用券などが送られますので、指定機関で受診してください。


健診・保健指導の内容→メタボリックシンドロームに着目、本人に適した保健指導を実施
 これまでの健診では、病気ごとの早期発見・治療が目的とされ、健診後の指導も病気ごとに行われていました。
 しかし、平成20年度からは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)およびその予備群の人を発見し、生活習慣病の必要度に応じた保健指導が行われます。これにより、受診者本人に適した指導を受けられるようになります。


健診データの管理・活用→医療保険者が保管・分析
 健診結果のデータ管理は、国保や健保組合などの医療保険者に義務づけられます。そのため、過去の健診データと比較・分析するなど、効果的な保健指導が可能になります。


新しい健診・保健指導の流れ
新しい保健指導のレベル別内







リンク
厚生労働省ホームページ
群馬県ホームページ
WAM−NET


明和町 健康づくり課
TEL:0276−84−3111(代表)
E-mail:kenkou@town.meiwa.gunma.jp

各課一覧へ | 明和町トップへ


明和町
〒370−0795 群馬県邑楽郡明和町新里250番地1 電話:0276-84-3111 FAX:0276-84-3114
Copyright(c)2004 MEIWA TOWN Allrights reserved.