特定外来生物
クビアカツヤカミキリの駆除に協力をお願いします。


  クビアカツヤカミキリは、平成30年1月15日付けで特定外来生物に指定されました。
  特定外来生物に指定されると、飼養、保管、運搬等が法律により原則禁止され、違反
 した場合には罰則が科せられます。

    ・シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について(環境省:外部リンク)
  
  群馬県内でもクビアカツヤカミキリの発生が確認され、東毛地域で発生の拡大が
 疑われています。
  クビアカツヤカミキリは、サクラやモモなどに産卵し、幼虫が樹木の内部を摂食しま
 す。加害が進むと、被害木の枯死や落枝、倒木などの被害が発生するおそれがあり
 ます。自宅や近所等で発生が疑われる場合は住民環境課までご連絡ください。また、
 成虫を発見した場合は、可能な範囲で写真等で撮影をしてください。

  
クビアカツヤカミキリによる被害の拡散防止のため、クビアカツヤカミキリを
 見つけた場合は逃がさずに捕殺するようお願いします。


1.クビアカツヤカミキリとは

 クビアカツヤカミキリ基本情報

名称(和名) クビアカツヤカミキリ
原産国 中国、台湾、朝鮮半島、ベトナム
体長 体長22〜38mm。体全体は光沢のある黒色。触角は体長と同じ長さもしく
は若干長い。体は、オスの方がメスよりやや小さい。
特徴 体全体は光沢のある黒色。前胸(首部)が明赤色
生態 幼虫は樹木内で2〜3年かけて成長し、さなぎになる。6月中旬〜8月上
旬頃に成虫となって樹木の外に出る。メスの成虫は、幹や主枝の樹皮の
割れ目に産卵し、8〜9日後にふ化する。成虫の寿命は2週間以上であ
る。
被害樹木 サクラ、ウメ、モモ、カキ、ポプラなど
主な被害 幼虫は生木の内部を摂食し、食入・加害することで樹木を衰弱させる。
被害を受けた木樹木は、樹勢を弱めたり、枯死するおそれがある。


             
     クビアカツヤカミキリ 幼虫          クビアカツヤカミキリ 成虫
  (写真:明和町都市建設課提供)   (写真:館林市市民環境部地球環境課提供)


2.クビアカツヤカミキリの確認方法

(1)フラス
  ・幼虫が樹木の内部に侵入すると、木くずや排泄物からなる「フラス」を排出します。
  ・「フラス」は、基本的に棒状(かりんとう状)で、樹木の下などに大量に落ちていま
   す。ただし、根元などから排出される場合、棒状にならない場合もあります。
 
       
 

(2)侵入孔
  ・被害木には「フラス」が出ている侵入孔があります。
  ・1本の樹木に複数の侵入孔がある場合もあります。
  ・侵入孔は樹木の幹にあることが多いですが、太い枝にもある場合があります。


(写真:群馬県HP)

3.防除方法

クビアカツヤカミキリの主な防除方法は以下のとおりです。
 
 (1)成虫の捕殺
     成虫を発見した場合は、他の地域への分散を防ぐため、踏みつぶすなど捕殺
    してください。


 (2)ネットによる被害拡大の防止
     被害木に対して、羽化期から成虫の産卵時期(6〜8月)に、防鳥ネットとして利
   用
される容易に切れない目開き4mm以下のネットを樹幹に巻きつけることで、羽
   化した成虫の分散や新たな産卵を防止することができます。
    【ネット巻きの注意点】
     ・地面から2メートル程度の高さから、地面に向かってネットの裾を周りに広げ
      るように巻いてください。
     ・幹にぴったりと巻きつけると、幼虫や成虫がネットを食い破るため、幹に密着
      させないように巻いてください。
     ・ネットを何重にも巻くと、内側が見えづらく成虫を発見できない恐れがあるた

      め、ネットは1周から1周半程度にしてください。
     ・ネットを放置すると、隙間から羽化した成虫が逃げてしまうため、1週間に2回
      程度見回って、成虫を捕殺することが望ましいです。


(写真:群馬県HP)

 (3)侵入孔への薬剤の注入

   ・フラスを排出している侵入孔にノズルで薬剤を噴霧することで、内部にいる幼虫
    の駆除ができます。
   ・現在サクラに使用可能な薬剤は以下のとおりです。使用する際には、該当製品
    の使用方法を確認してください。
     【クビアカツヤカミキリ登録薬剤】(平成30年5月24日現在)
       ・ベニカカミキリムシエアゾール(住友化学園芸(株) 登録番号23779号)
       ・ロビンフット(住友化学(株) 登録番号23780号)
       ・アクセルフロアブル(日本農薬(株) 登録番号第22461号)
       ・園芸用キンチョールE(大日本除蟲菊(株) 登録番号15975号)
       ・バイオリサ・カミキリ(出光興産(株) 登録番号19071号)
       ・マツグリーン液剤2(日本曹達(株) 登録番号20838)

 (4)被害木の伐採
   ・複数の侵入孔や脱出口が確認される樹木については、完全な駆除が困難とな
    ることから、枯死する恐れがあります。
   ・枯死した樹木は、倒木や折れた枝が人に当たるなどの被害を及ぼす可能性が
    あることから、被害木の伐採が有効です。

       

 関連情報
   ・クビアカツヤカミキリに注意してください(群馬県:外部リンク)
   ・クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)について


お問い合わせ先:
   明和町役場住民環境課環境保全係
   〒370-0795 群馬県邑楽郡明和町新里250番地1
   電話:0276−84−3111 内線:144、145
   mail:
kankyo@town.gunma-meiwa.lg.jp