受益者負担金の一括納付報償金制度

項   目 概              要
@対 象 者  受益者負担金の賦課対象者でBの要件をみたす方
A報償金の額  10,000円
B交付の要件  受益者負担金を納付書に記載された最初の納付期限までに一括して納付する受益者
C申請手続き  受益者申告書の提出期限までに一括納付申出書を提出 
D交付の方法  受益者負担金を減額徴収することにより交付したものとみなす
E制度の概要   公共ます1基あたり20万円の受益者負担金は、原則として4年に分割し、更に年2回の合計8期の分納となりますが、受益者の申し出により一括して納付することができます。
 この報償金は、受益者負担金を一括して納付する旨の申出書を、あらかじめ町に提出された方が、納付書に記載された最初の納付期限までに受益者負担金を一括して納付した場合に交付されます。
1.受益者申告書(公共下水道事業受益者申告書)の提出期限
  毎年、その年の該当者あてに町から提出期限を記載した文書を発送させていただきます。
2.一括納付申出書(公共下水道事業受益者負担金一括納付申出書)の提出期限
  毎年、その年の該当者あてに町から提出期限を記載した文書を発送させていただきます。
3.受益者負担金の納付期限
   第1期  毎年  7月31日
   第2期  毎年  1月31日