浄化槽廃止補助金交付制度

項   目 概              要
@補助対象者  既設の浄化槽を廃止して公共下水道に接続した方
A補助金の額  30,000円
B補助の要件  1.供用開始の告示の日にすでに浄化槽が設置され、かつ、当該浄化槽を使用している方
 2.計画確認申請書が提出され、浄化槽廃止工事を行うことが確認できること
 3.町税及び下水道受益者負担金の滞納がない方 
C申請手続き  浄化槽廃止補助金交付申請書を提出
D交付の方法  排水設備等の工事の完了検査の合格後に交付します。(指定された口座に振り込みます)
E制度の概要  本補助金は、供用開始の告示の日にすでに設置済みの浄化槽を使用している家庭が、この浄化槽を廃止して公共下水道に接続した場合に交付される補助金です。
 本制度は、下水道に接続するために浄化槽を廃止する方に、当該廃止に要する経費の補助を行い下水道の普及推進を図ることを目的としています。
1.供用開始の告示
 町で行う下水道の工事が終了して、下水道が利用できる区域になった旨の告示

2.計画確認申請書(公共下水道排水設備等新設(変更)計画確認申請書)
 町の下水道条例等の規定により、排水設備工事着手の10日前までに提出して頂く申請書です。

3.排水設備工事
 各家庭のトイレや台所等から公共ますまでの間を汚水管で接続する工事のことです。
 この工事は供用開始の告示後に各個人が直接指定工事店に依頼する工事で、費用は個人負担となります。

4.浄化槽廃止補助金交付申請書
 申請書に下記の書類を添付して町長に提出してください。
  1)公共下水道排水設備等確認通知書の写し
  2)その他町長が必要と認める書類
   町から特別の指示がない限り提出の必要はありません。