食用油を油処理剤と混ぜて流すのはやめましょう

 最近、「食用油を処理後そのまま流せる」、「環境にやさしい」、「洗剤になる」、「処理後にできた液を排水パイプの洗浄に使える」等の表示がされている食用油処理剤が販売されております。
 しかし、独立行政法人国民生活センターの商品テストにより、これら食用油処理剤で処理しても油の量は減少せず、また、食用油に食用油処理剤を使用しても,食用油を直接排水口に流すことと同様の影響があると考えております。
 この結果、消費者を誤認させる恐れのある広告表示をしたとして、公正取引委員会は、食用油処理剤の販売業者5社に対して平成16年4月21日付けにて警告を行いました。
 よって、食用油の処理については、

「流すタイプの油処理剤」を生活排水として流さないでください。

食用油は、なるべく使い切りるようにしましょう。また、廃棄する場合は、流さないで新聞紙にしみ込ませるなど、ゴミとして捨ててください。 (下水道へ流した場合、道路内の下水道管の詰まりの原因となり、汚水が付近の宅地内へ逆流する恐れもあります)

 なお、このことは独立行政法人国民生活センターホームページ等に詳しく記載されていますのでご覧ください。

独立行政法人国民生活センターホームページはこちらから
    

 国民生活センターの報道発表資料
  「報道発表資料検索」欄に「食用油処理剤」と入力し、検索してみてください

 

● 公正取引委員会のホームページはこちらから

 公正取引委員会の報道発表資料の平成16年4月21日付で掲載されています(PDF版)