認定農業者制度


 町では、今後も農業で頑張っていこうとする意欲のあるかたを「認定農業者」として認定します。
 明和町認定農業者協議会では、作目や地域の枠組みを超え、経営の改善に向けた相互研さんや交流を深めるため、情報交換や先進地調査等の事業を行っています。
認定を受けた方を関係機関が農地利用、資金、税制など様々な方面から応援します。


認定農業者制度とは
農業でがんばっていこうとするあなたがたてた計画を市町村が認定し、その計画の実現に向けた取組を、関係機関・団体が連携して支援していこうという仕組みです。
認定の基準は
市町村は、地域における望ましい農業経営の姿を「基本構想」で示しています。
市町村による経営改善計画の認定は、この基本構想に照らしあわして適切か、達成できる計画であるか、農用地の効率的・総合的利用に配慮したものであるか、という「3つの基準」で判断されます。
認定の対象者は
男女は問いませんし、個人だけでなく法人も認定対象になります。
現時点で、新規就農を目指す非農家や、兼業農家であっても認定対象です。
農地を持たない施設園芸なども対象となります。
家族経営協定等の取決めにより、実質的に共同経営を行っている家族であれば、家族全員が認定の対象となります。
認定農業者となるには?
ステップ1
農業経営改善計画認定申請書(以下申請書)に、現状及び5年後の目標等必要事項を記入し、明和町役場産業振興課に提出して下さい。申請書の作成に関しては、町、農業委員会等の関係機関が支援致します。
申請書は明和町役場産業振興課窓口にて配布しています。また、申請書等は下記よりダウンロードできます。

  農業経営改善計画認定申請書(excel形式)
  申請書記入例(excel形式)
  明和町農業経営改善計画認定要領(word形式)
ステップ2
提出された申請書に対し、明和町役場産業振興課、明和町農業委員会、東部農業事務所、館林地区農業指導センター、邑楽館林農業協同組合が審査を行い、町長が認定します。認定されると認定書が交付され、認定農業者として各種支援を受けることができます。
ステップ3
認定期間は5年間となります。申請書に記入した目標に向かって、経営改善に取り組んでいただきたいと思います。5年後も認定農業者として活動を行う場合は、再度申請を行っていただくことになります。


  


※詳しくは産業振興課農政係(0276−84−3111)へお問い合わせください。

産業振興課トップページへ戻る