利用権の設定をお待ちしています

利用権とは

 利用権とは、農業経営基盤強化促進法に基づく権利で、農業上の利用を目的とする農地の賃貸借権・使用貸借権等のことです。

利用権設定とは

 農地を借りて経営規模を拡大したい意欲ある農業者と、高齢や勤めなどの事情で耕作できない農地所有者との間で、農地貸借等の権利(利用権)を設定し、農地の有効利用と農業の振興を図ることを目的とする事業です。(対象となる農地は原則として市街化区域以外の農地です。)

 利用権は、町が農業委員会の決定を経て農用地利用集積計画を作成し、公告することにより効果が生じ、設定されます。(農地法上の許可は必要ありません。)

 また、このようにして設定された利用権は、期間満了により自動的に貸借関係が終了し、離作料等の問題も発生しないことから、農地が戻らないなどの不安もなく、安心して農地の貸し借りをすることができます。

利用権設定の方法

 「農用地利用集積計画書」に貸し手、借り手の双方が必要事項の記載・押印をして、役場、受手、貸手の3枚すべてを経済建設課に提出してください。「農用地利用集積計画書」は下記よりダウンロードするか、または産業振興課窓口で配布しています。

農用地利用集積計画書(pdf形式)
記入例(pdf形式)

問い合わせ先

 申出方法等、利用権に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。
 産業振興課 農政係  内線122


産業振興課トップページへ戻る