群馬県明和町
 



アイドリング・ストップをしましょう

アイドリングストップとは?

 自動車が走っていないときにエンジンをかけっぱなしにすること(アイドリング)をやめることをいいます。


どうしてアイドリングストップが必要なのか?
 自動車の排気ガスには、健康を害し、酸性雨や光化学スモッグの原因となる物質が含まれており、排出される二酸化炭素は地球温暖化につながります。

アイドリングストップによってどれくらいの燃料の節約・二酸化炭素の削減ができるの?

1日10分間のアイドリングストップを行った時の効果(環境省より)
燃料消費量
(リットル)
二酸化炭素排出量
(グラム)
乗用車(ガソリン車) 0.14 90
小型トラック(2トン車) 0.08〜0.12 58〜87
中型トラック(4トン車) 0.13〜0.17 94〜120
大型トラック(10トン車) 0.22〜0.30 160〜220

 仮に毎日、1時間ずつアイドリングストップをした場合

○乗用車は年間約300リットル、燃料代にして約3〜5万
○大型車は年間約500〜700リットル、燃料代にして約5〜7万
  節約できます。

群馬県地球温暖化防止条例でアイドリングストップの周知が義務化されています。
 駐車スペースが500平方メートル以上の駐車場の設置者または管理者には、看板等の設置により利用者がアイドリングストップをするように周知する義務があります。

トップへ戻る


明和町
〒370−0795 群馬県邑楽郡明和町新里250番地1 電話:0276-84-3111 FAX:0276-84-3114
Copyright(c)2004 MEIWA TOWN Allrights reserved.