阿弥陀様のたたり

※板碑・・・仏の文字が書いてある板のような石

  むかし斗合田に住んでいたある若者が、家の裏を流れる谷田川で魚とりをしていました。
 網を引き上げると何やらずっしりと重く
「お〜 重てぇ こりゃ〜 魚がいっぱい入っているぞ〜」
と、思わずにっこりしました。
ところが、網の中をのぞいて見ると中は魚ではなく、阿弥陀様の
板碑が入っていました。



昔話の目次へ            次のページへ