※長老・・・いろいろな事をなんでも知っている老人

 ある長老が
「こんなにいつまでも、はやり病がおさまらないのは、若者がすくい上げた阿弥陀様のたたりじゃないか」と言いだしました。
 そこで、村の人達は相談して、川のほとりにおきっぱなしにしてあった阿弥陀様を洗って、ていねいにまつりました。
 すると、不思議なことにはやり病はピタッとなくなり、斗合田の人々はみんなで喜び合いました。
 それからというもの、はやり病は全く起こらなくなったそうです。


昔話の目次へ           前のページへ

イラストマップへ