入死様


 むか〜しの話じゃ。
九州の肥後の国(今の熊本県)のえらいお坊さんが あちこちを修行しながら南大島の稲荷山へきなすったそうじゃ。
 そのお坊さんは 毎日 お経を読んだり 人からたのまれた 仕事を たあんとなさって 村人からたいそう信じられ たよられておったそうじゃ。



昔話の目次へ            次のページへ