顕照坊と子ガッパ




ずーっとむかし 大輪村のあるお寺に顕照坊(けんしょうぼう)というお坊さんが住んでおったんだと。
 ある夏の日のこった。めっぽう暑かったんで坊さんはがまんしきれず利根川へ水あびにいったんだと。
 水の深さがちょうど腰ぐらいの所で体をごしごし洗っているとな 後ろからそ〜っと 河童が近づいて来たんだと。
 河童というやつは 人間のお尻の穴へ前足をつっこんで 悪さをしたり 川の深いところへひきずり込んだりしては 人々を困らせていたんだと。



昔話の目次へ            次のページへ