八ッ塚村とエノクロ





 江黒村がむかし 八ッ塚村と呼ばれていたころのお話しです。
 源頼家という武将に 八幡太郎義家という息子がいました。
 この子は幼い頃から 弓を射るのがとてもじょうずなうえに 馬などの生きものを かわいがる 気持ちのやさしい子どもでした。
 幼い頃より「エノクロ(江黒)」という馬を弟のようにかわいがっていました。
 エノクロはその名のとおりまっ黒で 毛なみは つやつやと光っていて とても立派な馬でした。
 義家は馬屋に入っては
「エノクロや いっぱいえさをたべろ」
「のどはかわいてないか」と 語りかけては なにかと自分で世話をするのでした。



昔話の目次へ            次のページへ