その様子を見た村の人達は
「エノクロは義家様の身替わりに なったのに違いありません。 みんなが ここで 気を落としては 死んだエノクロがかわいそう どうかエノクロのためにも 頑張ってください」と 励ますのでした。
 義家は
「エノクロ お前と いつまでも共にいたかった これからの戦いを 見守ってくれ」と 村の人達の手助けを受けて 宝寿寺に馬頭観音をつくりていねいに葬りました。
 兵士達も「義家様をお守りください」「我々に力をください」と お祈りしました。
 そのかいがあって 義家たちは勢力争いに勝ち 長い戦いは終わりました。

 一方 地元では 義家の愛馬エノクロ(江黒)にちなんで地名を八ッ塚村から 「江黒村」にあらためた ということです。


昔話の目次へ           前のページへ

イラストマップへ