ある年の夏 里に悪い病気がはやりました。
 人々の病気をきづかう行ばんさまは心をいためお堂に入り七日間 飲まず食わずの修行をしました。
 その後 里の人に団子をつくるよう おねがいしたところ たくさんの人が お堂にだんごを持ってやってきました。
 そのだんご ひとつひとつに お経の文字を書き込み 病人にあたえました。 すると不思議なことに これを食べた病人はみるみる元気になりました。



昔話の目次へ        次のページへ      前のページへ