さて、カエルのなかまからは、大きなガマガエルが。
 おかに住むケモノのなかまからは、強そうなクマがでることに決まりました。
 いよいよかけっこが始まりました。
 ガマガエルは、ベッタンベッタンと汗をかきながらいっしょうけんめいとびはねました。
 クマは重いからだで、ノッシノッシと走りました。最初はクマが勝っていましたが、千津井河岸の近くでつまずいて坂からころげ落ち大ケガをしてしまいました。



昔話の目次へ        次のページへ      前のページへ