現在の位置

産前産後期間における国民年金保険料免除制度

次世代育成支援の観点から、国民健康保険第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。

産前産後期間の国民年金保険料免除制度について

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産、人工妊娠中絶されたかたを含みます。)

対象となるかた

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降のかた

 

 

免除申請に必要なもの

申請を行うには以下のものが必要です。

  • 本人確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)
  • 出産日及び親子関係を明らかにする書類(母子健康手帳等)

 ※母子健康手帳等は出産前後にかかわらずお持ちください

 

この記事に関するお問い合わせ先

住民保険課 保険年金係

〒370-0795
群馬県邑楽郡明和町新里250番地1 役場庁舎1階
電話番号:0276-84-3111(代表) ファックス番号:0276-84-3114

更新日:2021年04月20日