現在の位置

マイタウン支援センター

〜ボランティア活動をしたいかたと支援を希望するかたをつなぎます〜

マイタウン支援センターの主な活動内容

1.ボランティア活動を希望する団体・個人の募集

2.ボランティア支援を希望する団体・個人の募集

3.NPOやボランティアに関する相談等

4.NPOやボランティアに関する書籍の貸出

5.市民活動に必要な資機材の貸出(会議室等)

ボランティアをしたいかた

ボランティアに興味のあるかた、はじめたいけどきっかけがないかたいませんか?
当センターに登録していただくと次のような支援をいたします!

1.ボランティア参加ができる事業などが掲載されたマイタウン支援センターだよりを郵送でご案内いたします。

2. ご希望するボランティアに合致する求人が入りましたら、その際ご連絡いたします。

3.ボランティア保険に加入させていただきます。

※1,2ともに参加を強制するものではございません。

〇登録できるかた

町内で活動する団体・個人

〇申込方法

申込用紙にご記入のうえ、マイタウン支援センター(役場広報編集室内)または企画財政課まで提出してください。お電話でも結構です。

ボランティアをお願いしたいかた

「こんなボランティアさんがいたらいいな」「手伝ってくれる人はいないだろうか」と思うことはありませんか?当センターではそのようなボランティア求人も募集しています!

〇 求人申込みできるかた

町内在住者または町内の団体

〇 申込方法

申込用紙にご記入のうえ、マイタウン支援センター(役場広報編集室内)または企画財政課まで提出してください。お電話でも結構です。

イベント情報

東小読み聞かせボランティア

令和元年5月21日(火曜日)明和東小学校4年生を対象に、マイタウン登録の五月女元子さんによる読み聞かせボランティアを行いました。毎年意欲的に読み聞かせに参加し先生や児童の心を揺れ動かしています。

東小の児童に読み聞かせている様子     東小児童に読み聞かせている様子2

ボランティアの様子

庭木の剪定講座

令和元年5月14日(火曜日)群馬県緑化センターの講師を招いて、庭木に関する講義が行われました。参加者10名は講師の熊倉正先生の豊富な知識に興味深く耳を傾けていました。2時間という時間を過ぎても話は尽きず、次回に持ち越しということで終了させていただきました。

庭木の剪定講座に耳を傾ける     講座の様子

講座の様子

児童の見守りボランティア

平成31年4月26日(金曜日)東小学校図書室で児童の見守りを行いました。読み聞かせに始まり、ボランティアさんが準備してくれた、豆つかみでタイムの競争、ビーズでアクセサリー作りと真剣に取り組む姿が印象的でした。

児童と先生     読み聞かせに耳を傾ける児童

ボランティアの様子

「子育て支援講演会」の託児所ボランティア

3月6日(水曜日)ふれあいセンタースズカケで『アドラー心理学・子育て支援講演会』が行われ、講演会中、参加者のお子さんをお預かりしました。泣いている子が多く、ボランティアさんも汗だくであやしたり、「ずっと抱っこなんで熱いし、おっぱいしか飲まない赤ちゃんはのど乾いてるよね」と心配したりでした。

抱っこしてあやす様子     子どもたちと遊んでいる様子

ボランティアの様子

「公民館まつり」ボランティア

3月1日(金曜日)・2日(土曜日)・3日(日曜日)公民館まつりのため、準備や片付けも含め三日間にわたりお手伝いをしました。マフィンを作って子どもたちに販売したり、大きなパネルのセッティングをしたり、今回初めてボランティアに参加してくれた方も「何かお手伝いをしてみたかったの」と喜んでいました。

マフィン販売の様子     パネルを事前準備する様子

ボランティアの様子

「小児救急講習会」の託児所ボランティア

2月25日(月曜日)ふれあいセンターポプラで明和消防署救急隊員による『小児救急講習会』が行われ、講習会中お子さんをお預かりしました。ベテランボランティアさんは「我慢比べでしたけど、勝ちました」と、泣きやんだお子さんと楽しく過ごしていました。

キッズスペースでの様子     砂場での様子

ボランティアの様子

「あなたの夢叶えます」ボランティア

1月26日(土曜日)ふれあいセンターポプラ・スズカケにおいて町制施行20周年記念事業『あなたの夢叶えます』事業のイベントが行われ、小学2年生男子児童の『おかしのいえをつくりたい』という夢を叶えるため、7人のボランティアさんに参加してもらいました。来場者はお菓子の家に入ったりお菓子のつかみ取りをしたりと、笑顔いっぱい。ボランティアさんも「子どもも大人も楽しめた、私も楽しかった」と話していました。

お菓子の家に入る子どもたちの様子     お菓子の家に子どもたちを誘導している様子

ボランティアの様子

ジャズコンサートの照明ボランティア

12月16日(日曜日)日本キャンパックホールにおいて、ジャズコンサートが開催され、照明係としてお手伝いをしました。ボランティアの細井さんは「もう5回目だから」と余裕の表情を見せながら、曲に合わせた照明の変化で、見ている観客の目も楽しませてくれました。

照明の操作盤を操作している様子     照明により明るく照らされた舞台

ボランティアの様子

託児所ボランティア

12月2日(日曜日)日本キャンパックホールにおいて、内村周子さんの『子育てに関する講演会』が開催され、1歳から小学2年生までの13名のお子さんをお預かりしました。お昼寝をしている子、その周りを駆け回る子、ママを探して泣いている子、おんぶに抱っこでベテランママさん本領発揮。「孫の世話で慣れてるから」「楽しい時間だった」と言いながらも、無事に終わりほっとしたボランティアさんでした。

赤ちゃんを抱っこしてあやす様子     子どもたちと遊んでいるボランティアさん

ボランティアの様子

東小学校読み聞かせボランティア

11月30日(金曜日)東小学校で全校生徒を対象に、五月女さんによる読み聞かせボランティアが行われました。オカリナ演奏で集中させ、映像を交えながらの読み聞かせ。児童はもちろん、先生方も聞き入っていました。ボランティアの五月女さんは「全校生徒に合った内容の本を選ぶのは難しいです。でも、みんなが待っていてくれるので頑張れます。私の若さの秘訣は、読み聞かせ」と微笑んでいました。

体育館でスクリーンを使い読み聞かせをしている様子     読み聞かせの本を紹介する様子

ボランティアの様子

東小学校『ありがとうの会』

11月21日(水曜日)東小学校で行われた『ありがとうの会』に、ボランティアの五月女 元子さんが招待されました。交通指導員や読み聞かせ等の学校支援ボランティア11人が招待され、児童から手作りのメダルと花束が贈られました。児童の代表は「読み聞かせのおかげで本が好きになりました」と話し、五月女さんは「みんなの笑顔が見られるから励みになって続けられる」と、お互いに感謝の気持ちを表していました。校長先生からは「学校事業もボランティアさんに支えられて成り立っています。いつも感謝の気持ちをもって過ごしてください」と話していました。

児童から花束を受け取る様子     感謝の言葉を述べる五月女さん

『ありがとうの会』の様子

マイタウン支援センター登録者の交流会

11月20日(火曜日)ふれあいセンターポプラにて、マイタウン支援センター登録者の交流会を行いました。COMODO OCARINAさんによるオカリナ演奏、マイタウン支援センター登録者でもある堀江 宏さんのハーモニカ演奏、輪投げゲーム等で交流をしていただきました。参加された方々は「これからも時間のある時は協力しますよ」と言っていただき、心強く感じました。

演奏を楽しむボランティアさん     輪投げを楽しむ様子

交流会の様子

ふるさとの広場清掃ボランティア

11月18日(日曜日)ふるさとの広場の落ち葉清掃を行いました。散歩途中の方から「きれいになったね、ご苦労様」と声をかけていただき、すがすがしい気分で終えることができました。また、ウォーキング中の男性が清掃に参加してくださいました。ご協力、ありがとうございました。

落ち葉清掃をしている様子     落ち葉清掃をしてきれいになった様子

ボランティアの様子

産業祭のボランティア

11月4日(日曜日)第17回明和町産業祭が役場駐車場において開催されました。10名のボランティアさんが抽選会場、東松島市の海産物販売、ごみの片づけのブースに分かれお手伝いをしました。初めて参加したボランティアさんは「忙しかったけど、来場者の笑顔に癒され、お手伝いができてよかったです」と話していました。

抽選会場で景品を手渡す様子     東松島市の海産物を販売する様子

ボランティアの様子

群馬オペラアカデミー農楽塾ボランティア

9月15日(土曜日)日本キャンパックホールにおいて、群馬オペラアカデミー農楽塾『中嶋彰子ワインと踊りの物語』が開催され、駐車場交通整理を行いました。「慣れているボランティアさんなので、混雑もなく誘導してもらい助かりました」とスタッフの方から喜んでもらいました。

群馬オペラアカデミー農楽塾の入り口の様子     車を誘導する様子

ボランティアの様子

明和まつりボランティア

8月5日(日曜日)「第20回明和まつり」がふるさとの広場で行われ、ちびっこ広場での輪投げ、資源ごみの回収、そしてステージ下では出演者の招集や進行のお手伝いをしました。今年は町制施行20周年という節目の年でもあり、例年以上に大盛り上がりでした。

ちびっこ広場での様子     資源ごみ回収の様子

ボランティアの様子

夏休み子どもキャンプのボランティア

8月1日(水曜日)、2日(木曜日)の1泊2日で、国立赤木青少年交流の家にて夏休み子どもキャンプが行われました。ボランティアの女子高校生2人は、明るく元気に子どもたちの身の回りのサポートをし、とても人気者でした。熱中症などの心配もありましたが、全員元気に帰ってくることができました。

竹とんぼ作りの様子      竹とんぼ作りの様子

ボランティアの様子

夏休み絵画教室ボランティア

小学生を対象とした夏休み絵画教室が7月30日(月曜日)、8月3日(金曜日)、6日(月曜日)、7日(火曜日)に中央公民館で行われました。ポスターや自由課題の絵に真剣に取り組んでいる子どもたちを見て、油絵をやっているというボランティアさんは「私も、勉強になりました」と喜んだり、「孫のような子どもたちと接することができて楽しかった」と話している方もいました。

絵画指導の様子      アドバイスをする様子

ボランティアの様子

ふれあいセンタースズカケ・ポプラ学習の見守りボランティア

7月23日(月曜日)から8月20日(月曜日)の約一か月間、延べ20人のボランティアさんがふれあいセンタースズカケ・ポプラそれぞれの施設で子どもたちの学習の見守りボランティアを行いました。参加したボランティアさんは、「褒めながらやる気を引き出して上げるの」「大切なお子さんの見守りができ、貴重な体験ができました」などと話していました。

ふれあいセンタースズカケでの学習見守りの様子      ふれあいセンターポプラでの学習見守りの様子

ボランティアの様子

就フェスin明和町ボランティア

7月7日(土曜日)に、日本キャンパックホールにおいて就職説明会が行われました。ボランティアさんには、飲食店ブースでの無料配布のお手伝いをしていただきました。よねやさん、明和苑さんの活気ある掛け声の中、ボランティアの皆さんも元気に学生さんに声をかけていました。

笑顔で接待する様子     梨の雫、梨の雫で作ったジェラートを手渡す様子

ボランティアの様子

第12回ピーチバレーボール大会ボランティア

6月24日(日曜日)にピーチバレーボール大会が行われ、前日の準備と当日の大会運営補助を行いました。各日6名のボランティアさんが汗を流し、当日は得点記録係として検討しました。審判の指示に従いながら、間違えないように集中していました。

得点を確認しあう様子     審判とボールに集中している様子

ボランティアの様子

東小学校読み聞かせボランティア

5月22日(火曜日)に東小学校5年生の読み聞かせが行われました。学年にあった本を選ぶことから始まり、練習を重ねて当日に備えました。普段子どもたちがてにしないような本を選んでみましたが、どうだったかな?と心配するボランティアさんでした。

本の紹介をする様子     本の読み聞かせをする様子

ボランティアの様子

東小PTA総会時の子どもたち見守りボランティア

4月27日(金曜日)に東小PTA総会が行われ、約60名の子どもたちが視聴覚室と図書室で4名のボランティアと楽しいひとときを過ごしました。視聴覚室ではビデオ鑑賞をし、仲良く元気に遊ぶ子どもたちからパワーをもらったボランティアでした。

ボランティアの様子      ボランティアの様子

ボランティアの様子

マイタウン支援センターだより

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課 企画政策係

〒370-0795
群馬県邑楽郡明和町新里250番地1 役場庁舎2階
電話番号:0276-84-3111(代表) ファックス番号:0276-84-3114

更新日:2019年05月28日